お肉体関係 公演情報 お肉体関係」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.4
1-20件 / 45件中
  • 満足度★★★★★

    ぴょんぴょん
    と逃げるねこちゃん捕まえたい・・・冗談ですが。

    ネタバレBOX

    桐ちゃん夫婦、味でした。ちくださんのレポートもカッコよかったです。みわちゃんもかわいかったです☆かんべさんは相変わらず素敵です。
  • 初めてだったけど
    楽しめました。
    若いキャストならではの良さがしっかり出ていて、いいセリフが多かった。それをさらっと言う感じがよかったかな。
    芝居のうまい役者が集まっている、脚本のクオリティがすごい高い、とまでは言いませんが、このカンパニーでの最高をみせてもらった気がします。
    ただ、あと2・3人キャストを減らしたらよかったかも。いろんな都合があってあの人数なのかもしれませんが、作品・衣装など全て含めてごちゃごちゃしているので、その方がすっきりしたかな。

  • 色々いろいろ・・・
    かわいくておもしろい!
    次回も期待!

  • 満足度★★★★★

    拝見しました☆
    また観に来ます♪ε(*・◇・*)з

  • そんだけっ
    伝えたい言葉って、
    意外に少ないモノなんだなーとか感じさせられたり。

    舞台美術もキレイでさすがでした。

  • 満足度★★★★

    若いパワー爆発で楽しい
    若いパワー爆発の舞台。
    ストーリーは一応あったようですが、目の前で起こっている事を楽しめばいい作品と感じました。
    作品に入り込めないというか、いろいろ深読みし過ぎると、おいてけぼりをくらうかな。
    オイラは、女優さん可愛いとか、神戸さんはやはり最強(笑)など、目の前で起こっている事を楽しめて面白かったです。

  • 満足度★★★

    ちょっと中途半端
    チラシ通りで、セットも登場人物も衣装も内容も、ポップでキッチュでキュートな印象。
    とにかく音が大きい、声が大きい。
    舞台上は大勢の人。
    がなり過ぎや滑舌の悪さで台詞が聞こえなくても気にしない、舞台のノリについていけるかどうかが、この芝居が楽しめるかどうかの境界線なのだと思う。

    ネタバレBOX

    一応のストーリーは、感染者がゾンビ化してしまう新種の性病が渋谷を中心に広まり、その騒動に巻き込まれる若いカップル達の思い、が中心にくるのだろうか。
    正直、観終わった後に何か残るものがあるわけではなく、ストーリー自体もそこまで意味があるとも思えませんでした。
    カップル達も「私のこころの中のうさぎちゃん」や「チンパジーの素晴らしさ」等の色々な事を言っていましたが、そのにあるかもしれない象徴的な何かを読み解くのではなくて、何言ってるか解らないもどかしさそのものを感じればいいのかな、と思いました。

    勢いとノリだけで意味深長な台詞を叫んでいるだけかと思えば、言いたい事があるらしくちょっぴりシンミリとした台詞を織り交ぜてくる。
    言いたい事がそこにあるのならばそのまま聞かせればいいのに、とつぜん照れたようにまた大騒ぎを繰り返す。
    そこに意味を求めてはいけないのかもしれないが、照れくさい事を勝手に言い放ち、笑いにごまかし無かった事にしてしまうと言うのは、とてつもない置いてきぼり感とあざとさを感じてしまいました。
    面白そうで大胆な事をやっているように見える割には、男の子は下着一枚になるのに女の子は薄着の子もいれば、きっちり着込んだままの子がいたり、大騒ぎの動きも見た目よりも統一されている印象を受けました。

    大騒ぎの舞台で、役者が色々な事を叫んだり表現したりしていましたが、結局は『そんだけーーー!!!』の台詞に集約されているのかなと思いました。
  • パワフル
    あいかわらずパワーを感じさせてくれるお芝居でしたが、ちょっとまとまってきてしまったのかな〜?と....感じました
    個人的には前回みたいな感じの方が好みですが....
    でも次はどんなものを観せてくれるのか目が離せないです

  • 満足度★★★

    初観てきた登録ですが
    お肉体関係みてきました

    内容は好きな場面と苦手な場面がすごくはっきりしました。


    感動した時もあれば目をそらしたくなった時もありました。

    けど
    初めて今回の劇で、1人気になる人を見つけたので、出演するのを追いかけてみたいと思えたので、個人的には良かったです。

    ネタバレBOX

    ―すごく私的なのでよろしくお願いします―


    *最初のダンスはすごく可愛らしくて、演出の方の良さがでたと思います。終わりにも最初の様なダンスがほしかったかな?

    *役と人がすごくあっていてこの人達以外にはできないんじゃないかと思いました。

    *なかなか話に集中できませんでした。

    *音楽は知っている音楽があり、劇より音楽にあたまがいってしまった時も。

    *ルール&門松は最高でした。他にどんな演技ができるんだろうと気になりました。


    *ロデム兼、掃除婦がすごくよかったです!愛蔵やルールと門松の二人組の持ち上げで更に良くなったってのもあると思いますが、すごく魅力がありました。

    特に愛蔵とのすもうをとる場面では急に泣きそうになりました。最高です。そしてしこを踏む時、愛蔵より足があがっているのをみてやられました!


    *最後の仲直りをして2人で話をしているとこは見ていられませんでした。

    *そして一番言いたかった事みたいなのを叫んでいるのはいらなかったような。劇で伝えたいことをわからせてほしかったです。

    ―自然と辛口になってしまう自分です。失礼しました―
  • 満足度★★★★

    キャンディPOPな蛍光カラー×原色の世界
    ちらしを初めて見た時「お肉体関係」、、、
    なんちゅうイカしたタイトルをつけるのかしら??と、、
    気にはなるけれど保留して。数週間。
    ココでも、ツイッターでも前評判の良さと、
    見た人の評価の高さに急いでチケット購入して、
    ぬいぐるみハンター「お肉体関係」観ました。

    カワイイ、キュート、オモシロくて、元気でスゴくストレート。
    観に行って良かったぁー。ホントに良かった。

    すごくカワイイ女の子とたちと、
    ちょっとなさけないカワイイ細い男の子たちと、
    強そうな個性的な子たちがみんな踊って、跳ねて、すごく跳ねていた。
    はじける感じが気持ちイイ!!

    特にスキなのはキャンディPOPな蛍光カラーと原色の衣装!
    すごく似合っていて、スゴく効いてる。センスがイイ!!
    出てくる人物のキャラクターもかわいくてイイ!!

    個性的でカワイイ彼らをまた観たい!
    再演してほしい。同じキャストで。いつか、もう一回観たい。

    王子小劇場には今のところ裏切られていない。とても信頼。

    ネタバレBOX

    タイトルから想像されるHなかんじはほんのほんの少しだけ。

    セットのまあるいベッドもPOPでカワイイ。
    まあるいお立ち台、まあるいちいさなトランポリンカワイイ。
    今もこんなのあるのかな??

    上から垂れてるストッキングにカラーボールが入ったセットも
    ちょっぴりエロ?!でカワイイ。

    いまいち怖くない、、いやぜんぜん怖くないゾンビ、、???
    なぜだか、、すもう、、おもしろい。
    うさぎは、、いつか集まるのかな。同じ数だけ。。
    もどかしさがいい。

    それから気になったキャストさんは、
    門松役の神戸アキコさん、、、すごい!忘れられない!

    ロデム桐村理恵さんも気になったなぁ。

    ちょっとなさけないカワイイ細い男の子の猪股和磨くん。
    次の舞台チェックしました。

    ヨコシマ役のカワイイ細い男の子の野口順平くん(TEW)も
    かなり気になる。次の舞台チェックしました。

    もちろん脚本・演出の池亀三太氏もね。
    新しくて楽しい舞台、次も楽しみです。
  • 満足度★★★★

    かわいいっ
    特に女性陣がひとりひとりすごく魅力にあふれていた。
    終始ぴょんぴょんな雰囲気も飽きることなく見れた。
    しかし狭い王子に全員でダンスとかされると圧巻。

    ネタバレBOX

    音楽と衣装良かった。カラフルな空間が伝わってきた。舞台後ろのドロドロを表現したやつ?も面白。
  • 満足度★★★

    なにがなにやら。
    とにかくよくわかんなかったです(笑)
    劇団的に初見だからでしょうか…??

    ストーリーとか筋立てを重視する方は観ない方が…と思うけれど。
    なんとなく観れたり、とにかく笑いたい方々には、
    楽しめる、感じでしょうか。

    とはいえ、興味を持って、まるまる観れました。
    魅力的な役者さんが多くて、楽しかったです。

    ネタバレBOX

    丸いピンクの、大きなベッド?と、
    ハケ口の、トランポリンが、
    舞台セットとして新しくて素敵でした。
    トランポリンが、POPさを、象徴してるみたい。
  • 満足度★★★

    やはりタイトルに収斂していくんだろうか
    つかめないながらもそんな気がした

  • 満足度★★

    集大成と言えば言えるかも。
    渋谷ゾンビがどうしたこうしたとか、そこはストーリーを度外視してもノリで楽しめる公演。それでも私は「あの娘ぼくがロングコート~」や「埋没おんな」が好きかなあ。神戸さんと佐賀さんの強烈!無敵!コンビに笑う!

  • 満足度★★★

    見てて楽しい
    カラフルでポップな舞台は見てて楽しい。何にも残らないけど、これでいいのだ。

  • 満足度★★★

    いやぁ〜
    やられましたよ。
    “バナナ”“柿”“銀石”…有名所で出演されてた方々がわんさか。

    私、ビツクリシマシタ。

    ネタバレBOX

    正直、何したいのか、わっかんなかった ワラ

    冒頭
    カップルがモメモメしてたら、下手からワラワラ役者サンが出て来て、カップルをあおる・やじる

    かぁらぁの、ダンシングッッ

    もぅ訳わからん ワラ

    “ゾンビになる性病”が若者達の間で流行っていて

    とあるラブホを“ゾンビ緊急対策本部”にしちゃって

    手始めに現在ラブホに居る“ゾンビらしきカップル”を連行して予防しようとしたけど

    すでに遅くて

    そんで……



    って、なんやかんやで途中に色々ギャグを挟みぃのして

    終わりに近づいていくんだけど



    とにかく、おもろいす!!
    役者は皆サン楽しそうだし、遊び心はあるし、女の子は可愛いし

    魅せるとこはちゃんと魅せてんし



    しいて残念なのは



    ピンクの丸いベッドが

    回転しなかった事 (泣)
  • 満足度★★★★

    くっきりと面白く
    切り口に馴染んでしまえば
    男子・女子のそのことへの感覚が
    直球で伝わってくる。

    POPな見せ方や
    笑いのクオリティにも惹かれ
    中盤からは前のめりで観てしまいました

    ネタバレBOX

    大小3つの○台はいろいろと人でにぎわっているし
    人の動きも通常のお芝居とちょっと感じが違う。
    しかしながら
    ゾンビ化にしても
    ウサギにしても
    それほど難しい見立てをしているわけではない・・。

    何組かのカップルから
    やってくる世界は、
    よしんばデフォルメされていても
    いまどきのとても日常的な感覚なもの。
    トランポリンを使ったり
    フワフワした舞台にしてみたりといった
    感覚の部分が
    描かれていくものに上手くマッチしていて。

    なぜ質問と相撲が引き換えなのかは
    残念ながら観きれていませんでしたが、
    それはそれで、ある種の突き抜け感があって
    絶妙に可笑しかったです。

    チンパンジーだの相撲だのがちりばめられなかでも
    役者たちには、
    実は実直な気持たちを
    ぶれなくまっすぐに演じる力があって
    笑いのオブラートやダンスの動きに
    耳や目を奪われながらも
    観る側には
    思う気持ちに裏打ちされた
    男女の営みへのまっとうな模索の志が
    ある種のグルーブ感を伴って
    伝わってくるのです。

    集団の動き、ダンスの振り付け、衣裳など
    いずれも洗練があって
    観ていて楽しい。
    笑いの品質も、しっかりと抜け出ていて
    非凡さを感じる。

    観終わっても、
    したたかにコントロールされた
    作品のパワーのようなものが観る側に残って
    なにか、わくわくしておりました。




  • 満足度★★★

    私にはやっぱり・・・
    ポップな雰囲気とテンションはビンビン感じられた。なかなか面白い舞台だったとは思う。なるほどこれがぬいぐるみハンターの作風なんだろうな。いい感じの役者さんもいたと思う。でも,以前企画公演をみたときにも思ったが,自分にとって無理な役者さんもいて,ストーリーが貫徹していないだけに,全て楽しく観ることはできなかった。舞台製作は非常に良かったと思う。

  • 今回
    ポップで
    カラフル

    前作は
    どよーんとした舞台だったのに

    今回は
    広い

    今回
    叙情的なシーンも
    感じた

    そして かわいかった

  • 満足度★★★★

    不思議な話
    こういう内容の脚本を書ける人の頭の中っていったいどうなっているのだろう。
    意味がわからなかった。
    わからなかったけど、よくこんだけ作ったものだなー。
    おもしろかった。登場人物の中に、友人に似たキャラクターもいて余計に入り込めたのかも。
    きっとこの舞台のテンション、日によって違うのだろうけど、
    今日の昼の回はちょうどよかったと思う。心地よいバランスがとれていました。
    おつかれさまでした。

    ネタバレBOX

    あの夫婦がゾンビを持ち込んだというくだりは個人的にはちょっと。。。
    「ゾンビ」ってなんかの暗示だとずっと思ってみてたんだけど、
    あれはこの話の中の設定のひとつってだけでしかないのかしら。

    舞台装置かわいかった。
    衣装の色のバランスもとっても良かったです。

    今後に期待が持てそうなので★4で。

このページのQRコードです。

拡大