演劇

PEACHUM CLASSICSvol.2

怒りを込めてふりかえれ

ピーチャム・カンパニー

シアターPOO(東京都)

2010/03/19 (金) ~ 2010/03/22 (月) 公演終了

上演時間:

<vol.2『怒りを込めてふりかえれ』あらすじ>
燃えるような若さを持ちながら、停滞した社会の中で苛立ちばかりをつのらせる、労働階級の青年ジミー。生まれ育った家を捨ててジミーと一緒になった、上流階級出身のアリソン。町の片隅のアパートを舞台に、彼らの傷つけあう姿と脆い愛情を描き、戦後のイギリス...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/03/19 (金) ~ 2010/03/22 (月)
劇場 シアターPOO
出演 神保良介、とみやまあゆみ(ケルパーブーフ)、赤荻純瞬(劇26.25団)、八重柏泰士(ピーチャム・カンパニー)、堂下勝気(ピーチャム・カンパニー)
脚本 ジョン・オズボーン(原作)、清末浩平(脚色)
演出 川口典成
料金(1枚あたり) 2,300円 ~ 2,600円
【発売日】2010/02/15
・前売券(事前入金) 2300円
 (チケット送料込み、振込手数料は別途ご負担いただきます)
・当日券 2600円

※3月8日以後のご予約は、当日精算での扱いとなり、チケットは当日受付にてご用意いたします。この場合、料金は2600円となります。
※当日券は十分にご用意できないこともございます。あらかじめご了承ください。
※3公演セット券をお買い求めいただいたお客様は、3月12日までにご来場回をご連絡ください。チケットを有そうさせていただきます。
サイト

http://peachum.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 <vol.2『怒りを込めてふりかえれ』あらすじ>
燃えるような若さを持ちながら、停滞した社会の中で苛立ちばかりをつのらせる、労働階級の青年ジミー。生まれ育った家を捨ててジミーと一緒になった、上流階級出身のアリソン。町の片隅のアパートを舞台に、彼らの傷つけあう姿と脆い愛情を描き、戦後のイギリスで熱狂的なブームを巻きおこした名作。「怒れる若者たち」は半世紀を経た日本で、どのような転生を果たすのか。

<「溢れんばかりの現在を」>
演目選びの際、劇団の作家から『怒りを込めてふりかえれ』はどうだろうと提案された。はっきり言うと、つまらないだろうと思っていた。名作として名高い作品であるが、さすがに古臭いだろうと。で、読んだ。はっきり言う。面白かった。五十年以上も前に書かれた戯曲であるにも関わらず、いま現代に生きている作家からそっと手渡されたような、そんな衝撃だった。この戯曲の世界には、《今》がこれでもかと詰め込まれている。
とにかく喋りまくる芝居です。言葉を喋ることで、お互いの関係性を築き、そして一方で破壊する。そんな言語の原初的風景と日常のリアリズムとの幸福な融合を、どうぞ劇場まで観にいらして下さい。決して後悔はさせません。どうぞよろしくお願い致します。
その他注意事項
スタッフ 美術:大泉七奈子
照明:榊美香(㈲アイズ)
音響協力:岩橋真実
装置:坂本遼
宣伝美術:Office DDD
フライヤー表面スチール:吉田欽也
プロデューサー:森澤友一朗
協力:㈱アルファセレクション、ケルパーブーフ、劇26.25団
企画制作:ピーチャム・カンパニー

[情報提供] 2009/10/18 22:53 by mk

[最終更新] 2010/03/25 00:20 by 雲雀亭

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

torikoshi_anx

torikoshi_anx(0)

言葉を覚えてしまった人間の、美しさと悲しさを、目の前に...

雲雀亭

雲雀亭(0)

言葉の渦の中で酔いしれ目眩を起こす、会話劇の金字塔です...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大