演劇

新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2009/10/28 (水) ~ 2009/11/23 (月) 公演終了

上演時間:

新国立劇場ならではの大型企画の登場です。鵜山仁芸術監督による3シーズン目の中心となる演目のひとつです。鵜山は就任時に4つの指針を掲げていますが、そのひとつ「大きな物語」の再生、つまり古典の読みなおしにあたるのがこの『ヘンリー六世』の上演です。
本作は15世紀イギリス史上名高い百年戦争と薔薇戦...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/10/28 (水) ~ 2009/11/23 (月)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演 浦井健治、中嶋しゅう、勝部演之、渡辺徹、村井国夫、上杉祥三、中嶋朋子、久野綾希子、今井朋彦、岡本健一
脚本 ウィリアム・シェイクスピア
演出 鵜山仁
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 19,500円
【発売日】2009/07/26
S席:7,350 A席:5,250 B席:3,150 Z席:1,500 *料金は税込みです。
●お得な三部作特別割引通し券のご案内
発売日:7月26日(日) 10:00am~
席種:S席セット 料金:19,500円(正価22,050円)
お申込:新国立劇場ボックスオフィスのみ(窓口:劇場1階/電話:03-5352-9999)
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/season/updata/20000215_play.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 新国立劇場ならではの大型企画の登場です。鵜山仁芸術監督による3シーズン目の中心となる演目のひとつです。鵜山は就任時に4つの指針を掲げていますが、そのひとつ「大きな物語」の再生、つまり古典の読みなおしにあたるのがこの『ヘンリー六世』の上演です。
本作は15世紀イギリス史上名高い百年戦争と薔薇戦争の史実をもとに、シェイクスピアの作品中、唯一三部に渡る壮大な歴史劇。この作品の持つ普遍的な人類の愛憎、戦闘の様相と現代の我々の社会との接点を探りながら、さまざまな人間の生き様に焦点を当てる魅力的な試みとなります。公演形態も毎日日替わりで一、二、三部を上演する他、三部作の一挙上演も検討中です。
人気、実力を兼ね備えた強力なキャスト陣が集結し、今から各界の注目が集まる話題作です。

ヘンリー六世とマーガレットの結婚に反対する叔父の摂政グロスター公は、ウィンチェスター司教らと対立し、彼らの陰謀に巻き込まれる。妻エリナーが魔術を使ったかどで逮捕され、グロスター公自身は無実を主張するが、反勢力に押し切られたヘンリー六世に摂政の地位を追われ、王妃の愛人となったサフォーク公らの策謀によって暗殺されてしまう。このような貴族間の抗争の最中、ヨーク公は着実に勢力を拡大し、ケント州で蜂起したジャック・ケードの一揆を操り、王の権力を揺さぶる。ケードは一時ロンドンに迫るが、急速に勢力を失い、逃走中忍び込んだ庭園の持ち主に殺される。またサフォーク公は、グロスター公の死を悲しむヘンリー六世によって追放され、フランスへ渡る途中海賊に殺害される。軍を率いてアイルランドから戻ったヨーク公は、かねてより要求していた政敵サマセット公の追放を王が実行しなかったことに憤り、ヘンリー六世を公然と誹る。こうして薔薇戦争の火蓋が切って落とされ、緒戦はヨーク側、白薔薇の勝利に終わる。
その他注意事項
スタッフ 作:ウィリアム・シェイクスピア  
翻訳:小田島雄志
演出:鵜山 仁

芸術監督:鵜山 仁
主催:新国立劇場

第二部 主なキャスト(台本順)
浦井健治   王ヘンリー六世
中嶋しゅう   グロスター公
勝部演之   ウィンチェスター司教
渡辺 徹    リチャード・プランタジネット、のちにヨーク公
村井国夫   サフォーク伯
上杉祥三   ウォリック伯
中嶋朋子   マーガレット
久野綾希子  エリナー・コバム
今井朋彦   エドワード
岡本健一   リチャード
ほか

[情報提供] 2009/07/03 11:56 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/12/19 09:58 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大