壱組印

ザ・スズナリ(東京都)

2009/07/25 (土) ~ 2009/08/02 (日) 公演終了

上演時間:

平成21年に昭和21年が甦る

時は昭和21年──つまり終戦の翌年のことである。
戦争は終わったけれど、家もない職もない食い物もない、
日本には焼け野原しかなかった。
そんな悲惨な時代に青春を送らなければならなかった父たちは、
満州から内地へ引き上げてきた年のひと夏、東京へと出稼ぎ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/07/25 (土) ~ 2009/08/02 (日)
劇場 ザ・スズナリ
出演 中西良太、鈴木一功、宮島健、半海一晃、大塚健司、福森加織、かんのひとみ
脚本 原田宗典
演出 大谷亮介
料金(1枚あたり) 3,800円 ~ 4,000円
【発売日】2009/06/15
ベンチ自由席:3,800円 椅子指定席:4,000円
サイト

http://priere.jp/stage/0907/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 平成21年に昭和21年が甦る

時は昭和21年──つまり終戦の翌年のことである。
戦争は終わったけれど、家もない職もない食い物もない、
日本には焼け野原しかなかった。
そんな悲惨な時代に青春を送らなければならなかった父たちは、
満州から内地へ引き上げてきた年のひと夏、東京へと出稼ぎに出て、
目もくらむような体験をした。その青春が今、平成21年に甦る。
ピース──平和とは、煙のようなものかもしれない。……原田宗典

『演劇でしかできない表現』にこだわり、作品を作り続ける壱組印。今回は原田宗典が2年ぶりに新作を書き下ろします!作者自身の父親の実体験にもとづき、終戦直後のある家族のひと夏の姿をリアルに描く本作。平成21年の下北沢に、昭和21年がよみがえります。どうぞご期待ください!
その他注意事項
スタッフ 作:原田 宗典
演出・出演:大谷 亮介

音楽:野田 晴彦
照明:富松 博幸
音響:二木 くみ子
音響協力:安良岡 茂
衣裳:三茶小町+小野 康子
演出助手:山本 了
美術・舞台監督:野口 毅
歌唱指導:満田 恵子
ヘアメイク:近藤 澄代
宣伝写真:引地 信彦
友情デザイン:原 研哉

プロデューサー:有本 佳子
制作:津田 はつ恵
票券:橋本 あすか

協力:SOMEYA・本舗
   ラヴァンス
   オフィス・レクラム舎
   オフィスコットーネ
   マックス・プロモート
   広栄
   ルートワン
   ヒューマンスカイ
   大谷 薫平(ふぁーすとくらす)

企画・製作:壱組印
実行委員長:草野 徹
助成:芸術文化振興基金

[情報提供] 2009/06/02 19:22 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/08/03 04:56 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大