寺洗 公演情報 寺洗」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.2
1-7件 / 7件中
  • 満足度★★★

    全くイメージがわかないまま
    観にいきましたが、なかなか面白く素直に受け入れられる内容でした。 その中でも、メガネをかけた女性の声がとても魅力的で聞きほれてしまいましたw

  • 満足度★★

    深みのないつぎはぎのおかしさ
    タイトルに惑わされて観たので意味合いからすると全くの期待はずれ。
    笑いはテレビでも見られるような類で、ガッカリ。
    個性的な出演者もいたがありふれた流れに損失に繋がりそう。
    ばかばかしい極端な笑いにまで至ればそれはそれなりに評価出来ると思うが・・・総体的に中途半端な感じは否めない。

  • 満足度★★★

    不条理コメディ
    不思議な舞台でした。ちょっと外れた感覚のショートコメディ。
    好き嫌いに分かれる舞台かも。。

    以下はネタばれBOXにて。。

    ネタバレBOX

    寺洗駅を舞台に繰り広げる不条理ショートコメディ。
    たぶん、ナンセンスコメディの部類に入るかも。だから笑える部分と、???の部分が交差しており、見方によってはつまんないし、見方によっては面白いのかもしれない。

    どかーーーん!!!という笑いをちょっとはずしたようなコメディはクスッ!程度の笑いだがブラックとかダーク色の濃い演劇。

    時間があっという間に過ぎたのも事実で終わり方も余韻を残すような終わり方。
    だから・・・えッ!(・・!)もう終わりなの?みたいな釈然としない終わり方で、なんとなくすっきりしない。
    好みか好みでないか?と問われたら好みではなかったんだよね、残念ながら・・。


  • 満足度★★★★★

    期待以上に楽しめました
    シリアスなお芝居かな、と思ってましたが、
    笑劇的に面白ろ可笑しく、最後まで楽しめました。
    外形にとらわれない演出の姿勢は十分に支持できます。
    一端に格好付けて、人間らしさが失われているお芝居が多い中、
    このお芝居の底流に「芯の強さ」を感じました。
    このお芝居のように、いろんな見方ができるのは
    観ていて楽しいです。心が軽くなる楽しさもあるし、
    斜に構えて観る楽しさもある。次回作にも期待したい。

  • リンスインシャンプー。
    あひるなんちゃらのちょっとでもタイミング間違うとつまらなくなってしまう(なので実は緊張感があったりする)面白さが好きな方は特にオススメです。
    多分関村さんを初めて観る人はびっくりすると思うんです。全く役者っぽくないですから(笑)しかしあの雰囲気はなかなかいませんので貴重な存在だと思います。
    台詞のしりとりみたいな切り換えや、こまっっかい言葉遊びが沢山あって面白かった。
    荒波はないので1時間40分は長く感じたかな、で★3,8  
    男性陣が静かに印象的。春のひだまりのような愉快さ。

  • 満足度★★★★

    ああ、寺洗ってそういうことなのね
    タイトルで示されているような、ちょとしたコトバ遊び的なものと、ズレが生じる会話の応酬。
    不思議にヘンな間と、そのつなぎ。

    単なるコメディとは言い切れないような、半歩だけ不条理感漂う、じんわりした笑い。

    もっと強い柱というか、なんかそんなモノがあったら、よかったような気もするが、それだとこの劇団の持ち味と変わってしまうのだろう。たぶん。

    ネタバレBOX

    最初は、一見、ショートストーリーの羅列なのかと思いきや、なんとなくつながっていくエピソード。
    それが、「おお」っとか思わず言ってしまうでもなく、鮮やかでもなく、それほど見事でもない様は、ある意味なんとも言えないリズムが漂う。
    ま、こちらが勝手にショートストーリーの羅列かと思っただけで、普通にエピソードがつながるのは、やっぱり普通だけど。

    特に大上段に構えるわけでもない、ちょっとした設定は、コメディというよりは、あらっ、不条理へ半歩うっかり踏み出しちゃいました的な印象。もちろん意識的にだけど。

    例えば、冒頭の銀行強盗たちのやり取りは、よくあるお間抜けな強盗というの枠をやや外れているし、銀行内でのエピソードもどう考えても半歩不条理。
    さらに何をやっているかわからない会社で、給料もなく働くOLにおいては不条理以外のなにものでもない。
    そんな設定がそこここに散りばめてあるにもかかわらず、普通の日常として描かれる。
    そして、徐々にウソをついた人たちのその本当の思いが表に出てくる、のだが、特に声高になるわけでもないところが、ここの持ち味なのだろう。
    表出して、どうなんだっていうところは、大切なところだと思うが、そこがちょっと弱いけど。

    うっかりすれば聞き逃してしまいそうなコトバの遊びや、噛み合わない会話など、瞬発力のある笑いではなく、気がついたときにだけ(あるいは人にだけ)じんわりと訪れる笑い。

    なんとなく共通項がたくさんありそうな、「あひるなんちゃら」からの客演の関村さんがうまくなじんでいた。
    つまり、「あひるなんちゃら」の雰囲気に和んでしまう私には、projectサマカトポロジーも○。

    そういえば、20歳という設定で「えー」っとなったのだが、さらに「16歳」だったというオチ(?)は、かなり不条理。

    あ、地名として出てくる「寺洗」は「tell a lie」ということらしい。
  • 満足度★★

    梅澤さんの低音が久しぶり
    微妙ですな。役者・作・演に期待大なだけにねぇ

このページのQRコードです。

拡大