好きで嫌いな珈琲と煙草 公演情報 好きで嫌いな珈琲と煙草」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.5
1-9件 / 9件中
  • 実演鑑賞

    満足度★★★★

    コロナ禍では劇団も飲食店も大変だ。とてもリアリティーのある話で、役者さんたちの熱演と相まって、グッときました。

  • 実演鑑賞

    満足度★★★★

    藤丸さん作の舞台、いつもは殺すの血が出るの残酷で悲惨な話で、藤丸さんの書く話は酷くてイヤと感想を言っていましたが、人を殺さなくてもいい話書けるじゃないですか。

  • 実演鑑賞

    満足度★★★★★

    七味さん目当てに見に行ったのだけど、出る役者出る役者がみんな魅力的で素晴らしかった。コロナ下の演劇界飲食店業界を舞台にリアリティある悩みや問題をストレートに描きながらそれでいて素敵なドラマに仕上げてくれた。
    生キーボードが素敵、照明が素敵と、小さな劇場ながら全力投球していることがわかることも、取り上げた問題の中、私たちは演劇をやり続けるんだというメッセージを感じ二重に涙してしまった。

    ラストシーンが秀逸。

    ネタバレBOX

    七味さんの登場シーンのマクベスは圧巻。あのシーンが見られただけで七味まゆ味フアンは満足。
  • 実演鑑賞

    満足度★★★★★

    コロナ禍で苦しむ飲食業界と演劇界を入れ込み上手く描かれた作品だった♪

  • 実演鑑賞

    満足度★★★★

    面白い!五人の俳優だけでこの物語を語り切るとは···。複数の役を兼任する訳でもなく(クライマックスの舞台だけ三人が別の役をこなした)、これは凄い。ある種単純でよくある話なのだが、その実オリジナルで特別な話に仕上がっている。全ては才能次第なのだなあと感じ入った。
    そこそこ人気のある小劇団に所属しているヒロイン。同棲している彼氏は自分のビストロ(大衆居酒屋)店を経営している。彼氏の店の常連客は偶然にも劇団の大ファン。稽古終わりに主催の劇作家と飲みに行くと店は芝居の話で大盛り上がり。こんなふうに二人の日々はずっと続いて行く筈だったのだが、コロナウイルスが全てを変えた。

    ヒロインのゆいさん(a.k.a.倉地裕衣さん)はもろアイドル顔。日テレのアイドル・アナウンサーだった永井美奈子を彷彿とさせる美しさ。
    彼氏役のハマツタカシ氏はジャンポケ太田と宮迫を混ぜたようなルックスで親近感を持ち易い。観客はその心情にスッと感情移入してしまうだろう。
    今作のMVPと言ってもいい、大活躍の七味まゆ味さん。リアルな舞台ファンの一般人から狂気の天才女優、ベロベロの酔っ払いOLと、ぼんやり観ているだけで彼女の世界に頭から呑み込まれていく怖ろしさ。強烈なインパクト。
    無声映画の伴奏のように作曲家佐々木聖也氏のエレクトーン生演奏が奏でられていく。これが天才的で、どんなつまらない舞台でも佐々木氏さえ袖にいれば作品として成立してしまう程の腕前。筋少の「青ヒゲの兄弟の店」に似たフレーズがあったのだが偶然か?

    悲しさと愛しさでぐちゃぐちゃになるラストの畳み掛けは必見。二人それぞれ別々に、独り嗚咽を洩らすシーンが焼き付く。

    ネタバレBOX

    エチュード(即興劇)によって、過去の一番楽しかった頃の気持ちを取り戻すシーンは痛切。いつのまにか皆忘れてしまっていたのだ。『心をいつでも輝かしてなくちゃならないってことを。』
    自分の心を輝かせる為にきっと二人は別れたのだろう。

    前説のドラゴンボール芸人一丁氏がまた良かった。ピッコロ(マジュニア)に扮して、エレクトーンとの掛け合いで観劇マナーの注意を説明する。佐々木氏のネタ振りに一々乗っかってみせアニメ物真似ネタで客席を大いに湧かせた。
  • 実演鑑賞

    満足度★★★★

    チラシに「何時までも続くエンタメを貴方に」とあるが、小劇場という空間にピッタリのエンタメ感が心地よかった。七味さんの存在がまさに七味のようにピリッと物語にアクセントをつけてくれたのが印象的。ピアノの生伴奏は素晴らしかった。

    ネタバレBOX

    暗転の後、それまで和気あいあいだった「私」と「彼」が急にいがみ合うようになったシーンと喫煙シーンの多さには違和感を覚えた。(暗転中に映し出された時計が時間の経過を象徴していたのだろうが)
  • 実演鑑賞

    良い舞台だったと思います。

  • 実演鑑賞

    満足度★★★★★

    小さなビストロで奮闘中の彼氏。
    小劇団女優として奮闘中の彼女。
    そんな頑張る二人の同棲生活に共存する“煙草”と“珈琲”
    お互い苦手なアイテムであっても何ら障害にならない微笑ましい日常生活から物語は始まります。

    実際に友人とか知り合いとかにいても全然おかしくないッていうくらい舞台上の人物達に近しさを感じるものだから、ごくごく自然に引き込まれ・・・やがて忍び寄るコロナ禍・・・徐々に変わりゆく彼等の状況、それぞれの思惑を考察しては心揺さぶられてしまうのでした。

    感情移入してしまう生舞台は、こちらへの連動力が強い。
    なので、辛い部分(特にコロナ関連)がモロに伝わり過ぎるとホント困ってしまうところだけれど・・・音楽と光なのかなぁ・・・電子ピアノの生演奏と照明が作品と一緒に呼吸しているが如く共演していて・・・プラス何気に笑いを取り入れた演出のさじ加減もあってか、痛みは痛みとして優しく彩ってくれており、しっかりと寄り添えました、ラストまで。
    もちろん大いに楽しんで。

    そして"縁"というものに想いを馳せて劇場を後にしたのでした。

    ネタバレBOX

    そして七味まゆ味さんである。
    役どころは、男性主人公の友人であり、女性主人公の所属する劇団の大ファン。
    舞台上人物達と観る側の心の距離間をグッと近づけてくれた有難き存在。


    たった3名だけで劇団という集合体がしっかり表現出来ていたのも見事でした。

  • 実演鑑賞

    満足度★★★★★

    演者の熱演にひきこまれて、劇場にいるみんなが共感できて、めっちゃ良かったです。生演奏と前説も得した気分。ありがとうございました。

このページのQRコードです。

拡大