花のもとにて春死なん 公演情報 花のもとにて春死なん」の観たい!クチコミ一覧

期待度の平均 5.0
1-11件 / 11件中
  • 観たいです。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    「日本国に姥捨山法」って決めるのは自分は絶対姥捨山法には関係ないと思っている輩ですよね。ああ、腹が立つ。
    それで、これはその姥捨山法とどう関わっていくお話なのでしょうか。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    「突如」という言葉が危険すぎる。
    若者たちの負担が大きいのは誰もが知るところだが、政治家たちは、姥捨山法なるものが施行される前にもっとやることがあるのではないか。
    施行までの経緯を注意深く観たい!

  • 期待度♪♪♪♪♪


     今作は3回も再演されてきたというが、拝見するのは初めてで、タイトルから最初に思い描いたのは西行の名歌であった。どんな歌か一応ネットで調べると下の2つを見付けた。
    ねかはくは花のしたにて春しなん そのきさらきのもちつきのころ (山家集)
    ねかはくは はなのもとにて春しなん そのきさらきの望月の比 (続古今和歌集)
     採録された歌集によって表記や読みが異なるのは古典には良くあること。写本等に於けるヴァリアントの差、誤記等の可能性も含めて考えられる理由は数多く、何が正しいかは自筆決定稿がこれだとされるまで定説すら生まれにくい。
     漢字表記した場合に花の下を「した」と読むか「もと」と読むか、も出典により違いがあるようだが、歌の基本的な意味や形は同じだ。ここでの「花」は桜を表していると言い得る。西行の生まれたのは平安末期であるし、彼が桜をこよなく愛したことは多くの歌に詠み込んでいることからも推測できる。また花が梅を指したのは奈良時代のことだ、というのも古典の常識である。歌の意味は簡単に解釈できよう。ただ、その際に注意すべきは死の時期である。釈迦の入滅がいつだったかに関しては諸説あるが、日本や中国では「二月十五日」を入滅の日と定め、涅槃会が催される。つまり釈迦が入滅したとされている陰暦の二月十五日の満月の頃に死にたいと西行は願ったのである。旧暦二月十五日は太陽暦ではちょうど、三月の中旬にあたる。
     さて、話を今作に近づけよう。今作の世界は西行よりむしろ深沢七郎に近い。彼の代表作「楢山節考」に近い世界なのだ。人間のような可成り大きな動物が他の動植物や更に下位に属す諸生物・ウィルスに迄影響を及ぼす活動をし人口を増やし続ける現在、極端に単純化してヒトの人口増加による諸影響(食物獲得・地球資源の収奪に伴う公害・人工的エネルギーによる温暖化等環境変化・重化学工業による環境汚染・電磁波によると言われる回遊・渡り経路の混乱等々枚挙に暇が無い総ての人工的原因)だけをその絶滅要因として人口増加率と他の総ての生き物との関係を考えるなら、冗談では決して済まない本質的な問題なのである。
     一方で極端な効率化が図られ、他方で老齢に因る非効率化が顕著な地域が増大している。後者には、エネルギーを大量消費する地域が多く、貧富の差、教育の差等のグローバルな社会的問題も看過できない重大問題ばかりである。更に地球温暖化の進行は、定説となる程に認められるに至った。温暖化のみならず、環境汚染は深刻なレベルに達し地球環境そのものが危殆に瀕していると見た方が良いレベルに達して居よう。パンデミックが人類全体の問題であるなら、地球に生きる他の総ての生き物とヒトという生き物の関係も、この我等が他の諸生物と共に暮らすたった一つの地域・地球の総てと相互依存関係にあると考えなければなるまい。その時、マイナス原因を作り出す原因が我等ヒトにあるなら、解決責任も食物連鎖最上位にあるヒトが負わねばならぬ問題である。
     今作のタイトルとチラ読みした説明から以上のようなことを考えた。拝見するのを楽しみにしている。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    1985年に初演された森井睦の代表作。現代的意味が大いにあるので今回上演するのでしょう。私は初めてですが、楽しみにしています。俳優陣も魅力的です。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    いつも楽しみにしているピープルシアターの装い新たな再演もの
    ある意味既に「姥捨山法」は施行されているけど、どんな諧謔と慧眼が示されるのだろうか

  • 期待度♪♪♪♪♪

    85年よりも89年よりも93年よりも今!今こそ観る意義がある劇のような気がします。

    踊り続ける老人達というのに何とも心ひかれるんですよねえ。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    森井睦さんという作家の作品は、はじめてです。どんな作家なのか、とても興味があります。
    そして、三回も再演されているという作品。惹き付けられる、魅力があるからできる気がします。
    その魅力、是非覗いてみたい。

    もうひとつは、老人ホームに入っている老人たち。たぶん問題をいろいろ抱えて、日々どんな気持ちで暮らしているのか、感情移入できれば...
    自分も、いつの日か、いやでも入るかもしれない...

  • 期待度♪♪♪♪♪

    日本国に姥捨山法施行って・・・めっちゃ気になります♪

  • 期待度♪♪♪♪♪

    日本国に姥捨山法が施行?…今のご時世、とても昔の話とは思えない設定。姥捨伝説のように何か普遍的な考えが示されるのか…ぜひ観てみたい。
    説明には「日本国」とあり、具体的な国の設定が一層興味を惹く。

  • 期待度♪♪♪♪♪

    これは観る。

この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 花のもとにて春死なん、そうやって死んだ人の血が桜を赤くしているとでも?《春狂い》

    約1ヶ月前

このページのQRコードです。

拡大