ITOプロジェクト

静岡芸術劇場(静岡県)

2008/12/26 (金) ~ 2008/12/28 (日) 公演終了

上演時間:

昨年2月東京(スズナリ)での公演を最後に、封印かと危ぶまれた『平太郎化物日記』。

東京での公演後、再演を望む多くの声や、静岡芸術劇場の2年越しの熱いラブコールをいただき、今年の末に再演することが決定しました。

人形劇界のみならず演劇界にセンセーショナルを巻き起こした『平太郎化物日記...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/26 (金) ~ 2008/12/28 (日)
劇場 静岡芸術劇場
出演 森田裕美、飯室康一、植田八月、郡美博、五味美恵子、竹之下和美、永塚亜紀、西宮小夜子、阪東亜矢子、山田俊彦(五十音順)
脚本 天野天街
演出 天野天街
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 7,000円
【発売日】2008/12/01
一般大人:4,000円、同伴チケット(2枚):7,000円
大学生・専門学校生:2,000円、高校生以下:1,000円
(公演当日、受付にて学生証を提示してください)
サイト

http://www.spac.or.jp/08_winter/heitaro.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 昨年2月東京(スズナリ)での公演を最後に、封印かと危ぶまれた『平太郎化物日記』。

東京での公演後、再演を望む多くの声や、静岡芸術劇場の2年越しの熱いラブコールをいただき、今年の末に再演することが決定しました。

人形劇界のみならず演劇界にセンセーショナルを巻き起こした『平太郎化物日記』ではありましたが、ITOメンバーは各自劇団活動もしており、経済的にも体力的にも再演は難しいかと思われました。

しかし、みなさまの熱心な応援をいただき、
”糸あやつり人形芝居の面白さを広く知ってもらう、次世代に繋げる”というITOの本来の目標を実現できる機会に応えたいと、新メンバーも加え、一同張り切っております。

この機会に多くのみなさまにご覧いただければ幸いです。

「平太郎化物日記」
時は江戸中期の1749年7月、備後の国(広島県)の三次の稲生家に化物騒動がもちあがる。
ひと月の間、連夜襲い来る途方もない妖怪たち。ひとりで立ち向かったのは十六歳の平太郎であった。その顛末は「稲生物怪録」として世に知られ、巌谷小波、稲垣足穂、泉鏡花、水木しげる等、多くの作家がその話に刺激を受けて作品を残した。
 そしていま、天野天街とITOプロジェクトのタッグによって、幻の名作が新たな装いでよみがえる。
その他注意事項
スタッフ 作・演出・美術プラン:天野天街(あまのてんがい)
ナレーション:知久寿焼
キャスト:
飯室康一、植田八月、郡美博、五味美恵子、竹之下和美、永塚亜紀、
西宮小夜子、阪東亜矢子、森田裕美、山田俊彦(五十音順)

スタッフ
人形製作・美術:飯室康一、山田俊彦
人形衣装製作:ふたむらととこ、山田京子
作曲:珠水
音響:椎名KANS
照明:小木曽千倉
映像:濱島将博
舞台監督:郡美博
ITOプロジェクト制作:西宮小夜子、森田裕美
協力:少年王者舘、うにたもみいち
後援:物怪プロジェクト三次

[情報提供] 2008/11/27 11:28 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/01/01 01:06 by nekodemo

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大