帰還不能点【3/13・14@AI・HALL】 公演情報 帰還不能点【3/13・14@AI・HALL】」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.6
1-10件 / 10件中
  • 満足度★★★★★

    個人的に注目な俳優ぞろい、しかも紅一点に黒沢あすか(初お目見え)という思わせぶりな布陣に惹かれて観劇。無論今作のテーマも注目なのであるが、戦争を巡る議論の本丸とも言える「開戦に至る経緯」、古川氏なら骨太に書いてくれるだろうと、期待しつつも幻滅を覚悟で、よっしゃと足を運んだ。

    すこぶる評判が良いので、逆に怪訝に思う。というのも、史実とその問題点に触れながら人間ドラマとしての着地ができた優れた舞台であったから。自分と世間の感覚はずれている、と思っているので「なぜ受け入れられたのか」と考え始めてしまう。

    劇チョコは「あの記憶の記録」の2013年以来、だいぶ見落としたと思っていたら、ほぼ全て観ていた。振り返れば「エレジー」を例外としてどれも大きな歴史的事象を題材にした舞台。戦後囚われの身となったナチス親衛隊が罪と向き合う「親愛なるわが総統」、南京大虐殺の実行責任者として処刑された松井石根の罪の認識に迫る「無畏」、いずれも第三者的人物との対話から「罪」の焦点となる部分に迫るという、優れた「内省」の軌跡を描く劇であったが、今回は「総力戦研究所」(劇では開戦前1941年に若手エリートが集められ戦争遂行の実現性が検討されたという)の所員が戦後、亡くなった仲間を悼むために久々に集ったという設定で、それぞれの思いが交わる群像劇となっていた。

    酒宴の中で「研究所」時代を回顧し、雑談の中で「問題」に触れて行く手法は、直接の利害関係人のいない日常感覚を観客も共有しながら話題に入って行く効果を持つ。
    そうする中で、わずか10年前に開戦か否かを決するプロセスに(結果は同じであったにせよ)「関わった」事実の軽重が、各人各様にあるというあたりが見えてくる。
    彼らは亡き仲間の追悼のために集まったのであったが、前半は「研究所」でみた風景の再現に興じ、日中戦争期間の軍と政府の「決定」の是非が話題になる。そして誰一人、開戦が勝利を導くとは考えなかったと言う。だが後半、会場となった料理店を営みホストをする亡き仲間の夫人を通して、生前の故人の事、そして集った者同士の近況、つまり戦後の時間枠へと意識が向かう。
    劇の相をガラリと変えるのは、夫人とその「伴侶」となった故人との出会いとその後のエピソードの回想からだ。またどことなく伏線となっていた、故人と辛うじて連絡が取れていたという一人の広島体験の証言も・・。具体的な「死」の場面が、日本の指導者が導いた戦争による犠牲を想起させ、戦後の生の全てを償いのために捧げたらしい故人の姿から、焦点は戦後責任、即ち現在の自分たちの態度にシフトする。彼ら総力戦研究所(そのものが描かれているかは判らないが)の元所員が、政府の政策遂行者に対し何を為し得たのに何を為し得なかったか、歴史のifへの想像力が動員されていく。

    現在、日本の過去の侵略的要素を含む事実が「不利」と認識され、現在の日本にとって不利であるゆえにそれを認める事を避けるべきだ、との合意がある。日本が侵略をしていない、とする認識は事実ではなく、虚偽事実が独り歩きしているが、これを選択する人は「日本に不利なことを言いつのって日本の不利を確定し、自らに利を誘導しようとするコスイ策謀だ」とする陰謀論で「敵」を見出して喜ぶ類。敵というものにしがみつきたい層が相当程度存在すること自体この社会の不健全さを表すが、あの戦争で他国民を殺戮した数には及ばないまでも百万単位の自国民の死者を出した事の方を問題にするなら、「学ぶ」べき事はもっとある。
    「しっかり考える」という態度を持ちたいものだがこの作品は情熱をもって「あるべきこと」へ向かおうとした戦後間もない日本人の姿を映してもいた。
    (歴史的には1980年代までの日本での戦争責任論は為政者の国民に対する責任を言い、他国への侵略行為の責任が議論されるのは後の事になる。)

    ネタバレBOX

    責任論は運命論と対立し、「ああなるしかなかった」運命に対する責任など取りようがない、とするのが運命論の立場。そうなると歴史から学ぶ事は何もないのか?との問いには、一応回答はある。過去は変えられず、変えようもなかったが、学習によって回避する事ができる、という言い方が可能。
    日本にはこの議論が多い。「責任をああだこうだ言っても仕方ない、大事なのは同じ過ちを繰り返さない事だ」と。
    だが、回避できなかった事から学ぶ事はあるのだろうか。「他の選択があり得たかどうか」が、責任の有無を決めるとすれば、「回避できなかった」とは多くは言い訳であり、「学習」の拒否だ。誰もこれに学ぶことはできない、なぜなら他に振舞いようがなかったからだ(そしてそのように日本を追いこんだのは欧米列強であり植民地主義である)、という事なのである。
    だが実際には、上記二つの決定は議論の末出された結論であり、米英との戦争を開く政策は「敗北必定」を謙虚に踏まえれば回避されるべきと判断する余地はあった、という事は理性によって理解できる。歴史のifへの想像力は「可能」と言える。
  • 満足度★★★★★

    面白すぎる。前作よりもはるかに良い。

  • 満足度★★★★

    太平洋戦争にあれだけ不利が明白だったのになぜ日本が参戦したか。戦後さまざまなところでその理由は論じられてきたが、これは当時の若手エリートを官、軍、民間から集め、内閣のブレーンとなるべく設立された総力戦研究所の記録を素材に、国が開戦の決意をする帰還不能地点を探る歴史探索のドラマである。
    のっぴきならなくなる帰還不能点が、仏領ベトナム南部の油田占拠のための進駐の時点(アメリカの強硬姿勢の引き金となった)と言うのは、おおむね現代史では認められているところで、この作品はその不能点を確定するよりも、既に明らかになっている多くの資料の上に立って、科学的に検討すれば、だれもが日米戦回避となる結論が、なぜ内閣をはじめ、国民の総意にならなかったか、を描いていく。
    この作品を特徴づけるのは、それを明らかにするユニークな手法である。
    戦後五年、総力戦研究所のメンバーはそれぞれの持ち場で市民に戻っている。その仲間の一人、日銀から出向していた一人が亡くなって、その人が戦後にむかえた後妻が経営している居酒屋で開かれるしのぶ会に当時の会員が集まってくるところからドラマは始まる。すでに数人の故人もいるが、生き残った彼らは、自分たちの研究が戦争を止められなかった理由に改めて向き合うことになる。集まった九人のメンバーはかつての開戦前の自分たちの意見がどのように当時の施政者、政府や軍によって退けられていったかを演じてみるのだ。ここも普通は一人一役になるところだが、夫々がいろいろな役を演じる。つまり、東条も松岡も近衛もいろいろな研究員がやる。その趣向は、意外に利いていて、誰もが行き当たりばったり時世に流された判断しかできなかったという事を如実に表すことになった。反面、研究員ひとりひとりは、それぞれの専門分野で事実と科学に基づいて開戦反対を唱えるのだが、その背景となる個人の信条はえがかれていない。
    それが描かれるのはドラマの枠になっている戦後のシーンだが、ここは、亡くなった研究員の後妻(黒沢あすか)のドラマが、圧倒的でほかの研究員のエピソードはかすんでしまう。
    戦争を止められなかったことを深く恥じた故人は、戦後闇市の仕切りや担っていたのだが、たまたま、戦後の混乱の中で自殺しようとして見も知らぬ女を助け、生活のためになるならと後妻にまでしていたのだ。おおきな社会の悲劇を救えなかったからといって、ひとりの悲劇を見過ごしていいという事にはならない、と言うのが彼の戦後の信条である。ドラマの全体の軸として舞台となる居酒屋の女将でもある女性の運命が、前半の国の運命の裏打ちとなって効果を上げている。惜しむらくは黒沢あすかはガラはいいのだが演技がストレートで、戦後を生き抜いてきた女には見えないところだが、それはないものねだりだろう。
    全体は、メタシアター作りの歴史ドラマと言ってしまえば、その通りなのだが、責任を押し付けあう倫理感の乏しさが当たり前になっている今の世の中では上演する意味は大いにあった。それは、単に芝居のスタイルとしてメタシアターであるなし、などという事を超えて、
    歴史を俳優という肉体を使って立ち上げてみるという演劇の効用だろう。
    少年のころ見た東条の演説が(まったく形は違うが)いまの総理大臣の論理構成と全く同じであることにも気づかされた。これもまた演劇の効用で、権威的な政府が演劇を弾圧したがる意味もよくわかった。

    ネタバレBOX

    ラスト、もう一つの終幕が用意されているが、これはなくもがなであった。こうはならないのが人間の業のような気がする。
  • 満足度★★★★★

    日中戦争から日米開戦まで、どこで選択を誤ったのかを検証していく。珍しい知的社会派エンターテインメントといえる。歴史の検証を楽しく見せた戯曲・演出・俳優の軽妙な演技は素晴らしいものである。近衛文麿の目印をえんじ色のたすき(勲章?)に、松岡洋右は帽子を目印に、歴史上の人物を違った役者(登場人物)が入れ替わり立ち代わりして演じる。おかげで変化が生まれて全く飽きなかった。ただ、近衛文麿と松岡洋右の責任が大きいとするのはどうか? わかりやすいが、零れ落ちるものも多い気がする。ただ、東条英機を主犯のように扱う俗論ではなく、一つの歴史の見方として説得力があった。自分でも調べてみたい。

    加藤陽子『とめられなかった戦争』と日中戦争と日米開戦はダブルが、その途中、日独伊三国同盟や南仏印進出はあまり考えていなかったので、ここは発見であった。
    加藤陽子は満州事変までさかのぼっているし、わたしがかつてこの問題で記事を担当したときは対華21か条の要求までさかのぼった。日露戦争の勝利や、明治維新にまでさかのぼる人もいる。奥の深い問題だが、あまり「歴史の必然」ばかり考えると、ありえた別の道が見えなくなるのは注意。

    1941年の「総力戦研究所」の模擬内閣は史実。そこに注目した発想が面白い。その史実から発想して、日中戦争からの歴史の検証に広げたのが古川健氏の工夫である。

    ネタバレBOX

    前置き的場面で30分、戦争の検証劇で1時間。残りをどうするのかと思っていたら、書記官長だった岡田(岡本篤)が「俺たちは負けるとわかっていたのに、(戦争を食い止めるため)何もしなかった」と号泣する。死んだかつての仲間も、その罪の意識から死に急いだとわかる。この問題提起にはうなった。そこまで考えるかと。

    しかし現実はどうか。政府内部や敗戦を予想した人間で「何もしなかったこと」に罪悪感を持った人間は実際にはいなかったのではないか。そこに個人の責任意識の希薄な日本人の精神風土を思う。何もしなかった、というより、戦争に心ならずも加担したことを悔いた人物としては、鶴見俊輔、むのたけじ、三浦綾子が思い浮かぶ。鶴見俊輔は「何もしなかった」ことをもっとも悔いた人間ではないだろうか。
  • 満足度★★★★★

    凄え舞台。「兎にも角にも絶対観ておいた方が良い」としか言いようがない。よくもこんな脚本が書けたものだ。
    日米開戦前、総力戦研究所に集められた民・官・軍の若手のエリート達。シミュレーションを試行するも結論は日本必敗。しかし日本は戦争に突入し、シミュレーション通りに敗けた。
    戦後、同僚の三回忌に奥さんの居酒屋に集まる面々。そこで即興劇宜しく日本がどうやって間違えていったのかを再現してみせる。
    役者陣は実際に飲み食いし、とことんリアルを追求。黒澤明の『どん底』を思わせる演技合戦。
    もうこれは映画ではないか。カメラを回せば、大島渚の『日本の夜と霧』のような作品が撮り上がる完成度。岡本喜八の『日本のいちばん長い日』や庵野秀明の『シン・ゴジラ』調のポリティカル・エンターテインメント。(ゴジラは日米開戦。)
    黒澤明(原作山本周五郎)調の人間の熱い血がどくどくと脈打って流れている。演出の狙いは『生きる』の後半っぽくもある。
    独りアウトレイジの粟野史浩氏はいつもながら最高。
    この題材をエンターテインメントにする作家の力量に敬服。

    ネタバレBOX

    南部仏印進駐をPOINT OF NO RETURN(帰還不能点)として日本史を俯瞰。
    ニコニコと皆の即興劇を見守る未亡人黒沢あすかさんが一つの軸。クライマックスの旦那との出逢いのシーンは美しすぎて涙が出た。自殺を図る女を必死で止める男。敗けると判っていた戦争を止められなかった事への自責の念により、自己犠牲と他者奉仕による贖罪の日々。「私一人を救ったところで他のみんなは救えないじゃないか?」「みんなを救えないことが一人を救わない理由にはならない!」・・・参りました。
    絶対に敗ける日米開戦を本当に止めることは出来なかったのか?ラストは時空を越え、何とかしようと止める方法を模索するメンバーの激論で終わる。この題材で感傷ではなく、この終焉に感服。これはもうある種の現代日本史運動なのでは。
  • 満足度★★★★

    私の好みからすれば解説過剰の気味ナキニシモアラズ。 しかし若い世代への現代史ガイド篇としては 最適か。
    10代20代の 諸氏諸嬢におすすめしたい。

  • 満足度★★★★

    ネタばれ

    ネタバレBOX

    劇団チョコレートケーキの『帰還不能点』を観劇。

    戦時中、優秀な若手閣僚が集められ、インドネシアに石油奪回に向けて検討している。果たしてそれが米との関係を含め、吉と出るか凶と出るか?
    結果として日米開戦が始まり、敗戦に到ってしまう。
    そして戦後、仲間の三回忌で集まった若手官僚たちは、あの時の開戦を何故回避出来なかったのか?議論し始めるのである…。

    我々が知り得なかった歴史に焦点を当てている。
    負けると分かっていながら米との開戦中止を上層部に提言出来なかった若手官僚たちの苦悩とジレンマ。
    上層部の開戦へ向けての密談の模様を、若手官僚たちが当時の首相や大臣を演じながら判断が正しかったかどうか検討していく。
    回想形式と錯覚しそうだがそうではなく、若手官僚たちが上層部を演じることによって、知り得なかった細部が見え始めてくる。
    そして「絶対に開戦は止められた!」と結果を出したが今では後の祭りだ。そんな彼らも上層部の判断とはいえ敗戦の責任を感じつつ、どの様に落とし前をつけてくるのか?
    彼らが取った決して逃げない過去への決着の仕方は見事であり、新しい未来が見えてくるである。
    既に今年のベストワンかも?
    大傑作である。
  • 満足度★★★★★

    とても惹き込まれ、あっという間の2時間でした。

  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2021/02/19 (金) 18:00

    125分。休憩なし。

  • 満足度★★★★

    鑑賞日2021/02/19 (金)

    価格4,330円

    19日初日の舞台(2時間弱)を拝見。

    終戦から5年。病死した同期を偲ぶため、その妻の営む居酒屋に集った「総力戦研究所」の研究生達が、日米開戦の意思決定までの経緯を振り返り…。
    登場人物達によるロールプレイング的な進行で訴えかける、実に見応えのある2時間だった。

    それから、本題からはそれるが、劇中、ちょっとだけ登場する広田弘毅の印象が、私が承知していた『落日燃ゆ』(城山三郎著)でのそれと正反対だったのに、少なからずショックを受けた。
    軍部や松岡洋右への見方が劇中でも揺れていくのと同様、歴史上の人物・組織を評価することの難しさを、改めて思い知らされた。

    ネタバレBOX

    【配役】
    岡田一郎…岡本篤さん
    久米裕二…今里真さん
    千田高…東谷英人さん
    城政明…粟野史浩(あわの・ふみひろ)さん
    市川仁…青木柳葉魚(あおき・ししゃも)さん
    泉野俊寛…西尾友樹さん
    吉良孝一…浅井伸治さん
    庄子豊…緒方晋さん
    木藤芳男…村上誠基さん
    山崎道子…黒沢あすかさん
    声…近藤フクさん

この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. まとめを更新しました。「劇団チョコレートケーキ 第33回公演『帰還不能点』感想まとめ」 https://t.co/dr66WSqFze

    約4時間前

  2. 劇団チョコレートケーキ『帰還不能点』 初チョコレートケーキ。舞台上と客席とが1秒1秒と地道に時空間を共有することで生まれる空気を活かしに活かした、日本近代史のポイント・オブ・ノー・リターンとその先を描くドラマ。一点の引っ掛かりを別として、終始惹き込まれ圧倒され通しだった。

    約9時間前

  3. @miumin_s @geki_choco @okada_honoka 劇チョコ観たんだね! あの空気感作れちゃうの凄いよね! アフターアクト観たの羨ましいなぁ〜

    約9時間前

  4. 前回の緊急事態宣言による休業要請や在宅ワークの経験で、自分の給与や就業形態にダメージがそれほどないことが分かったからか今回のこういうアクティヴィズムに関わらない人って、劇チョコ「帰還不能点」で描か… https://t.co/sWd4toPNaZ #まだまだ続くよ一律給付金デモ

    約10時間前

  5. パンと言ったら劇チョコ思い出すし、ごはんは新宿ベルクのカレーライスが好きです! 仕事終わりましたお腹空きましたー🤤 https://t.co/aHFJu9GaXC #スカロケ

    約11時間前

  6. 「帰還不能点」 感慨無量。 圧倒的な内容の面白さと、圧倒的な演技の素晴らしさと、圧倒的な空間の創作。 私これ見逃してたら本当に後悔してたと思う。 衝撃受けた。 劇団チョコレートケーキさん、これから通うと思う。笑 アフターアクトも… https://t.co/W1lCDCQ5ZL

    約13時間前

  7. 第33回公演 『帰還不能点』 [映像配信] 料金¥3,500で ・客席から5台のカメラで撮影した映像の【スタンダード版】 ・俳優にボディカメラを装着して撮影した登場人物の目線で作品を楽しむ、カスタム映像の【アクターカメラ版】 ・座… https://t.co/j0XmvKpKtK

    約14時間前

  8. 第33回公演 『帰還不能点』 [映像配信] 前回公演『無畏』に引き続き今回も映像配信をご用意いたしました。 劇場観劇が叶わないお客様もぜひ楽しんでいただけましたら幸いです。 配信のご案内→… https://t.co/qyOkE4gUWw

    約15時間前

  9. 第33回公演 『帰還不能点』 予防対策へのご理解とご協力をお願いいたします。 ご来場時のお願い https://t.co/oVAigrYGqp [会場の取り組み] AI・HALL https://t.co/qVMopaf6nZ…… https://t.co/Cyb5RGFMQH

    約15時間前

  10. 第33回公演 『帰還不能点』 出演: 浅井伸治 岡本篤 西尾友樹 (以上、劇団チョコレートケーキ) 青木柳葉魚(タテヨコ企画) 東谷英人(DULL-COLORED POP) 粟野史浩(文学座) 今里真(ファザーズコーポレーシ… https://t.co/0qkI8PPc5X

    約15時間前

  11. 第33回公演『帰還不能点』 脚本:古川健 演出:日澤雄介 ー何故あの時、 この国は引き返せなかったのか? 対米戦の必敗を予測した男達の語る、 大日本帝国破滅への道ー @ AI・HALL 3/13(土) 13:30/18:00… https://t.co/JdPPTF0ME2

    約15時間前

  12. 劇団チョコレートケーキ「帰還不能点」観劇。 日本という 【国の こういう構成で魅せようとする面白さや昭和の居酒屋の雰囲気を使う魅力😚キャスト陣一人ひとりが印象に残った‼️歴史苦手過ぎる私にもとても分かりやすく学校教育でぜひ観てもらいたい作品😊 #プレイバックシアター

    約16時間前

  13. 【帰還】劇チョコ『帰還不能点』、アフターアクトのダイジェストが出てた。千秋楽は三本とも観られてうれしかったな。そういえばあれ、未来・現在・過去の話なんだよね。個性が出ていてどれも面白かった。 西尾さんが握りしめてるコッペパン見て… https://t.co/Ik8bje2ovz

    約18時間前

  14. 勝手気ままに振る舞うという姿勢や行為を完全に履き違えたまま帰還不能点まで来てんだからガタガタ言わずに待てよとしかならんよ、もう

    約18時間前

  15. 第33回公演『帰還不能点』 劇団員によるアフターアクト(登場人物にスポットをあてた一人芝居)の 舞台写真と音声を少しだけ公開っ 第33回公演『帰還不能点』アフターアクトダイジェスト https://t.co/ODqFXURYXf https://t.co/MJkGBzJtK7

    Evcjw1nviaa0jjz

    約19時間前

  16. 第33回公演『帰還不能点』 劇団員によるアフターアクト(登場人物にスポットをあてた一人芝居)の 舞台写真と音声を少しだけ公開っ 第33回公演『帰還不能点』アフターアクトダイジェスト https://t.co/Db3w4YjnAB

    Evcgkslviae61ai Evcgksmu4aersk9

    約20時間前

  17. 劇団チョコレートケーキさん 『帰還不能点』東京公演が一昨日終わりました 本当に沢山の方にご来場頂きありがとうございました 昨日はビックリするくらい寝てました 久しぶりに爆睡した 13日からは大阪公演があります こちらも宜しくお願い… https://t.co/b3dbdkYeAy

    約21時間前

  18. 2月28日(日)無事に東京公演@ 東京芸術劇場シアターイースト終了いたしました。 ご来場、ご感想ありがとうございました! まとめを更新しました。「劇団チョコレートケーキ 第33回公演『帰還不能点』感想まとめ」 https://t.co/dr66WSqFze

    1日前

  19. 『帰還不能点』 飛行機が"ここまでなら引き返せますよ!" …っていうギリギリのターニング・ポイント、っていう意味で、 このタイトルが付いた理由が、 ここまでならまだ引き返せたが、日米戦へ進んでしまったターニング・ポイント、 って意味なんだよねぇ。

    1日前

  20. 演劇 劇団チョコレートケーキ「帰還不能点」   開戦の「なぜ」に切り込む=評・濱田元子 - 毎日新聞 https://t.co/dEAQBYdYKi

    1日前

  21. ◎デジタルを操った上でアナログでいる。 ◎繋がりすぎない。 ◎見ないで見る、見て見ない。 この辺りが『帰還不能点』で密かに実験/検証してることで、最近考察を深めているところです。いずれ正しく言語化して劇団員や仲間と共有したいと思う。

    1日前

  22. 地蔵も劇チョコもうさぎストライプもエンニュイも見たかったんだけどねーーーー。時間がないんだぁーーー。

    1日前

  23. 『帰還不能点』劇団チョコレートケーキ/東京芸術劇場シアターイースト を投稿しました。 https://t.co/9KApnDYw7P https://t.co/HwccXA8kpg #エキサイトブログ

    Evzey4aveaisfvb

    1日前

  24. 2月24日マチネ東京芸術劇場シアターイースト「帰還不能点」 - 香港フリーク・引退内部監査人の日々 https://t.co/Cfoa3nx8d1

    1日前

  25. 劇団チョコレートケーキ 『帰還不能点』 @伊丹アイホール 兵庫公演もじわじわ予約増えてきてるようです。ありがたいですな、まだ完売にはなっておりませんので、関西圏の皆さまぜひお越しください。 ◯…余裕あり △…あと少し! 13(土)… https://t.co/OU7JxYHCyI

    1日前

  26. 第33回公演『帰還不能点』 【兵庫公演@ AI・hall 劇団販売残席情報】 ◎…まだ余裕あり ◯…余裕あり △…まもなく満席 ×…満席 3月 13(土)13時30分◯ 13(土)18時◯ 14(日) 公演詳細→… https://t.co/rwWXkK5jxt

    1日前

  27. このところ、KAAT「子午線の祀り」に刺激されて石母田正「平家物語」(岩波新書)を再読、「帰還不能点」、ETV「能・船弁慶」、木ノ下歌舞伎「渡海屋・大物浦」と、期せずして「運命に抗う男たち」のドラマを見続けて来た。 https://t.co/ECfoiEkx71

    Evy1chzviaa91gc Evy1fwovgammhmd Evy1hi5uuauktfo Evy1jjjuuaievs

    1日前

  28. 劇チョコのお芝居と宝塚公式と何故かリンクしちゃって又涙が出てくるだよ。年齢のせいかしらね。 言葉の力よ

    1日前

  29. 小野さんの客演もあるし、鵺的もあるし、劇チョコもあるし、9月になったらズベズダだし、7~9月は心が忙しい予感しかしない。でも、夏はきらい。

    1日前

  30. 【3月1日の赤旗文化面】 演劇評「帰還不能点」(劇団チョコレートケーキ) 過ちを繰り返さない(評者:村井華代さん) 朝の風 未完の脱植民地化 読者の文芸

    1日前

  31. 終わってしまったのか…見たかったな ◆日本はどこで誤り、戦争への道を進んだのか この国の意思決定能力の不全と「無責任の体系」を問う 劇団チョコレートケーキの新作『帰還不能点』 https://t.co/BblrVX0XV1

    1日前

  32. 【劇団チョコレートケーキ『帰還不能点』を観劇】 https://t.co/z3TfsxyM3Z

    1日前

  33. 半年近くの戦いである文化芸術活動の継続支援事業も実施期間が最終日だった。実績報告のラストステージ。 チョコレートケーキ「帰還不能点」も刺激をもらえた。激動の時代を生きた人たちから、確認番号の礼をする人としない人。人間といふもの。 いずれ芸術劇場にも立てるよう頑張る。

    1日前

  34. 配信で見た劇団チョコレートケーキ『帰還不能点』がよかった。歴史劇を見るときに「これはあくまでも史実を元にしていても、芝居としての解釈を経たものである」という思いを持つが、それを逆手にとるというか、そのこと自体を見せるというか、そういう構造になっているところが従来と違って興味深い。

    2日前

  35. @kaoriymt 劇チョコさんは2013年のサンモールスタジオでのナチス三部作ぶっ通し以来、必ず観てますので、どこかでニアミスあるかもですね! こちらこそ、マスクなくてもよく訊き返される元からの滑舌の悪さなので……この環境下、スタッフさんも本当に大変ですよね……

    2日前

  36. 【帰還】→もう今の体制だったけど、もともと脚本の古川さんも演出の日澤さんも役者側だったそうなので、役者が脚本自分で書いて自分で演じるというのは劇チョコ的にはハードル高くないのかしら、いや、大変だと思うけど。三本ともどれも面白かった。 https://t.co/yZ8QT9VpLV

    2日前

  37. 【帰還】あー出社するとトラブル報告書が待ってるので出社したくない朝です、おはようございます。 さて、昨日の『帰還不能点』。千秋楽はアフターアクトが全部ついてるのが楽しみ。劇チョコメンバーの俳優三人が、それぞれ自分で脚本を書いて演… https://t.co/4j6zyjcr7N

    2日前

  38. 帰還不能点、岡本篤さんのアフターアクトは、新世界の麗水って感じですごく良かった。

    2日前

  39. Point of No Return ケミストリー 2001年彼らの2枚目シングル曲 タイトルは航空用語で「帰還不能点」=もう戻れない場所を意味する オーディション番組「ASAYAN」で選ばれた彼ら その模様は毎週観ていたよ 正式… https://t.co/2Pj6s7GGQ4

    2日前

  40. 12.NTL「戦火の馬」 13.しあわせ学級崩壊『幸福な家族のための十五楽章』 14.劇団チョコレートケーキ「帰還不能点」

    2日前

  41. 【帰還】日によって「アフターアクト」というのがついていて、劇チョコ所属の三人が自分で脚本を書いて演じる10分ほどの一人芝居。これが千秋楽は三作品ついていて、これも楽しみ。一本目の内務省くん(浅井さん)は、墓参りでの一人語り。空襲で… https://t.co/z92bYxwpWE

    2日前

  42. 帰還不能点、子供の頃よく父親から戦争の話聞いたなと思い出した。けど内容はよく覚えていない。日本は負けると思ったって言ってたのは父自身のことか、中学にそういうことを言う教師がいたんだったか。もう確かめられない。もっとそういう話すれば良かった。

    2日前

  43. 劇チョコ「帰還不能点」 板の上がいつもより蜜で居酒屋での劇中劇って、風刺が効いてるのか、穿った見方なのか、 そこも面白い。

    2日前

  44. 本日は昨日に引き続いて東京芸術劇場@池袋でした。初日に観た劇団チョコレートケーキ『帰還不能点』の、千秋楽です。アフターアクトが3本付くスペシャルバージョンなのも楽しみにしていたのですが、やはり本編がいい。今回観たよと言ってくれるお… https://t.co/dLMm8oV7jO

    2日前

  45. 帰還不能点に戻ってやり直せたら… 自責の念が 改めなくてはイケナイ事あるよね 自戒を込めて。 素晴らしい作品でした。 3月20日まで見れるのです。

    2日前

  46. 劇チョコ「帰還不能点」配信版 後半泣くの我慢するから喉がヒリヒリで心もヒリヒリ。 今起きてる疫病の事が悔しくて仕方が無い時がある。子供達に味合わせたくない事だから。戦時中こうだったんかな?なんて考えもしたから。そんな思いが溢れて来てしまい止まらなくなった。

    2日前

  47. 2021.2.28 劇団チョコレートケーキ 『帰還不能点』/ 東京芸術劇場シアターイースト|clover @clover_Lefe https://t.co/pj4prsMfDp 本編からアフターアクトまでの感想と雑… https://t.co/jhpApamgqR #note

    2日前

  48. 今日の昼に、劇団チョコレートケーキ「帰還不能点」。戦前~戦後なあの時代も詳しくないのですが(ま、だいたいいつも知らないけど)、こう描くのかぁ。やはり、重くのしかかってきてです。この時代は考えちゃいますね。アフターアクトは、こういうのなのねを楽しみました。

    2日前

  49. 劇団チョコレートケーキ「帰還不能点」東京公演は全日程終了いたしました。こんな時期に劇場まで足を運んでくださった皆々様、心より御礼を申し上げます。ありがとうございました!

    2日前

  50. 2021年2月の観劇本数は ナマの観劇10本と配信1本の計11本。 『ピーチオンザビーチノーエスケープ』のたぎるような熱気 『堕ち潮』の真っ直ぐな正義感 『帰還不能点』の見事な構成 と優れた作品が多かった中 個人的な好み優先で オ… https://t.co/8v91mWCm9c

    2日前

このページのQRコードです。

拡大