演劇

Pカンパニー第32回公演 〜シリーズ罪と罰CASE9〜

座・高円寺 春の劇場28 日本劇作家協会プログラム

花樟の女

0 お気に入りチラシにする

演劇

Pカンパニー第32回公演 〜シリーズ罪と罰CASE9〜

花樟の女

座・高円寺 春の劇場28 日本劇作家協会プログラム

Pカンパニー

座・高円寺1(東京都)

2021/03/03 (水) ~ 2021/03/07 (日) 開幕前

上演時間:

昭和40年、作家・真杉静枝の死から10年。静枝に対する誹謗中傷は、いまだに続いていた。ある日、静枝の妹・勝代とその娘・道子は、静枝をモデルにした小説を書いた石川を訪ね、出版社に来ていた。悪びれず、小説によって静枝の生き方を批評したという石に、二人は事実と違う内容を訂正するよう迫る。
日本の植...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演スケジュール

03/03 03/04 03/05 03/06 03/07
14:00
19:00

公演詳細

期間 2021/03/03 (水) ~ 2021/03/07 (日)
劇場 座・高円寺1
出演 松本紀保、千賀功嗣、米倉紀之子、福井裕子、林次樹、水野ゆふ、一川靖司、宮川知久、内田龍磨、森源次郎、木村万里、吉岡健二、木村愛子、須藤沙耶、吉田恵理子、山田健太、細川美央、立直花子、近藤守
脚本 石原燃
演出 小笠原響
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 5,000円
【発売日】2021/01/14
前売・当日とも(税込)
一般 5000円
シニア割 4500円
U25割 3500円
サイト

http://p-company.la.coocan.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月3日(水) 19:00
3月4日(木) 14:00/19:00
3月5日(金) 14:00
3月6日(土) 14:00/19:00
3月7日(日) 14:00
説明 昭和40年、作家・真杉静枝の死から10年。静枝に対する誹謗中傷は、いまだに続いていた。ある日、静枝の妹・勝代とその娘・道子は、静枝をモデルにした小説を書いた石川を訪ね、出版社に来ていた。悪びれず、小説によって静枝の生き方を批評したという石に、二人は事実と違う内容を訂正するよう迫る。
日本の植民地となっていた台湾で育ち、21歳で内地に渡り、武者小路実篤、中村地平、中山義秀らと関係を持ちながら、女流作家としてデビューし、台湾や女性のことを書き続けた静枝が、なぜかくも激しいバッシングに晒され続けたのか。
変遷する植民地・台湾を軸に、動乱の時代を生きた女流作家の生涯を描く。
その他注意事項 新型コロナ感染症予防対策を講じて公演します。ご来場前に必ずPカンパニーHPにて、ご確認くださいますようお願いします。

未就学児童入場不可
託児サービス(有料)あり=4日〜6日14:00開演
アフタートークあり=5日(金)14:00開演
視覚障がい者向け音声ガイドあり=6日(土)14:00開演
スタッフ 美術:松岡泉、衣装:加納豊美、音楽:日高哲英、照明:石島奈津子、音響:木内拓、舞台監督:大島健司、演出助手:秋田遥香、制作:松井伸子、企画統括:林次樹、製作:Pカンパニー

[情報提供] 2020/11/10 12:38 by Pカンパニー

[最終更新] 2021/01/13 19:07 by Pカンパニー

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー19

kishiko

kishiko(0)

役者・俳優

『花樟の女』キャストです。どうぞよろしくお願い致します。

nen

nen(0)

脚本

劇作を担当しています。

山田健太

山田健太(0)

役者・俳優

よろしくお願いいたします。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大