ミュージカル

TBS

日生劇場(東京都)

他劇場あり:

2009/03/12 (木) ~ 2009/03/29 (日) 公演終了

上演時間:

「マルグリット」は2008年5月にロンドンで初演されたばかりの作品で、今回の日本上演が海外初公演となる。
主演マルグリット役の、本作が退団後第一作目となる“タカラヅカの歌姫”春野寿美礼をはじめ、
マルグリットの恋人アルマン役にミュージカル初挑戦となるテノール歌手・田代万里生、
権力で二人...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/12 (木) ~ 2009/03/29 (日)
劇場 日生劇場
出演 春野寿美礼、寺脇康文、田代万里生、山崎裕太、tekkan、飯野めぐみ、横内正、他
作曲 ミシェル・ルグラン
脚本 アラン・ブーブリル、クロード=ミッシェル・シェーンベルク、ジョナサン・ケント
演出 ジョナサン・ケント
料金(1枚あたり) 9,000円 ~ 13,000円
【発売日】2008/11/22
S席13,000円 A席9,000円(全席指定・税込)
サイト

http://www.umegei.com/m2009/marguerite_special.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「マルグリット」は2008年5月にロンドンで初演されたばかりの作品で、今回の日本上演が海外初公演となる。
主演マルグリット役の、本作が退団後第一作目となる“タカラヅカの歌姫”春野寿美礼をはじめ、
マルグリットの恋人アルマン役にミュージカル初挑戦となるテノール歌手・田代万里生、
権力で二人の恋を引き裂くオットー役には今もっとも注目の集まる俳優の一人である寺脇康文。
現在考えうる最高の俳優陣、世界最高峰のスタッフ陣でお送りする「マルグリット」から目が離せない。

時は第二次世界大戦中のフランス、パリ。街はナチスの占領下におかれ、ドイツ人兵士たちによって行動や言動が規制され監視されている。マルグリットはかつてナイトクラブを沸かせた歌姫だが、今はドイツの将軍(オットー)から寵愛を受け、フランス人であるにも関わらず贅沢三昧の暮らしをおくっている。マルグリットの友人たちはオットーの存在を意識して彼女をもてはやすが、その実、心の内では裏切者のフランス人として蔑んでいる。利害関係で結びついた友人たち、心からは愛すことのできない男オットー、連夜催される意味のないパーティー。虚しさばかりがつのるマルグリットだったが、ある夜、パーティーのバックバンドとして雇われた青年・アルマンと出会う。突然、空襲警報が鳴り響き、パーティー客たちが逃げ惑う中、マルグリットとアルマンは激しい恋におぼれていく。結末に悲劇しか待ち受けていないことに目をつぶりながら。
その他注意事項
スタッフ 作曲:ミシェル・ルグラン
脚本:アラン・ブーブリル/クロード=ミッシェル・シェーンベルク
脚本/演出:ジョナサン・ケント

[情報提供] 2008/10/31 15:03 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/03/31 13:15 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大