舞踊・バレエ

TPAM2020 TPAMディレクション

毛魚(モア) & アキラ・ザ・ハスラー/捩子ぴじん & 梅田哲也

舞踊・バレエ

TPAM2020 TPAMディレクション

[タイトル後日発表]

毛魚(モア) & アキラ・ザ・ハスラー/捩子ぴじん & 梅田哲也

TPAM・国際舞台芸術ミーティング

クリフサイド(神奈川県)

2020/02/16 (日) ~ 2020/02/16 (日) 公演終了

上演時間:

香港、日本、韓国の状況を注視しながら、こういう世界で舞台芸術は、芸術は、何であるべきかと問うことは依然として難しい。一人の個人、社会を生きている市民、プロデューサーという職業、この3つのアイデンティティを結びつけることの困難の中で、今は舞台芸術とそうでないもの、アートとそうでないもの、演劇・劇...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/02/16 (日) ~ 2020/02/16 (日)
劇場 クリフサイド
出演 毛魚モア(ソウル)、アキラ・ザ・ハスラー(東京)、捩子ぴじん(京都)、梅田哲也(大阪)、コ・ジュヨン(インディペンデント・プロデューサー、ソウル)
演出
振付
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,500円
【発売日】
前売・当日¥3,500(ワンドリンクつき)

サイト

https://www.tpam.or.jp/program/2020/?program=more-akira-neji

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2.16 Sun 20:00
上演時間 60分
説明 香港、日本、韓国の状況を注視しながら、こういう世界で舞台芸術は、芸術は、何であるべきかと問うことは依然として難しい。一人の個人、社会を生きている市民、プロデューサーという職業、この3つのアイデンティティを結びつけることの困難の中で、今は舞台芸術とそうでないもの、アートとそうでないもの、演劇・劇場とそうでないものの境に身を置きたいと思っています。

ジェンダー規範を揺さぶる振付家でプロのパフォーマーの毛魚モア、美術作家/パフォーマー/アクティビストのアキラ・ザ・ハスラー。この2人は日韓の国籍を持ちながらマイノリティとして友情を育んできました。捩子ぴじんは、決して声を荒げるアーティストではありませんが、その存在だけで本質的な質問を投げかけてくる哲学的な力をもった不思議なアーティストです。コラボレーターの梅田哲也はその力を最大限に拡張してくれるはずです。始まったばかりの2つのクリエーションが、「終戦」の翌年にオープンしたダンスホールの時空間を、この世界のどこかへとつなげてくれることを願っています。

コ・ジュヨン
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2020/02/12 16:50 by CoRich案内人

[最終更新] 2020/02/12 16:50 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 2/14 土生瑞穂写真集出版のお知らせ タイトル後日発表 これがハブライバーが一番欲しがってる愛の形ではないだろうか。

    8日前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大