愛する母、マリの肖像

デザイン:堀川高志(kutowans studio)

0 お気に入りチラシにする

T-works

ABCホール (大阪府)

2020/03/27 (金) ~ 2020/03/29 (日) 開幕前

上演時間:

『放射能』の名付け親。二度のノーベル賞受賞者。核物理学の夜明けを告げた偉大な学者。唯一無二の女性マリ・キュリー。前近代と近代の狭間、二十世紀初頭という時代に、女として、母として、学究の徒として、己の人生を切り開いた偉大な女性。彼女を取り巻く家族や友人と共にその後半生を描く。

「人生最大の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演スケジュール

03/27 03/28 03/29
13:00
18:00
19:00

公演詳細

期間 2020/03/27 (金) ~ 2020/03/29 (日)
劇場 ABCホール
出演 山像かおり(西瓜糖)、丹下真寿美、阿部丈二、佐藤聖羅、福地教光(バンタムクラスステージ)、大塚宣幸、前田友里子(アガリスクエンターテイメント)、佐藤豪、辰巳琢郎
脚本 古川 健(劇団チョコレートケーキ)
演出 高橋正徳(文学座)
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 5,500円
【発売日】2020/01/18
前売:5000円、当日:5500円 (全席指定)
サイト

https://t-works-works.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月27日(金) 19:00
3月28日(土) 13:00/18:00
3月29日(日) 13:00
説明 『放射能』の名付け親。二度のノーベル賞受賞者。核物理学の夜明けを告げた偉大な学者。唯一無二の女性マリ・キュリー。前近代と近代の狭間、二十世紀初頭という時代に、女として、母として、学究の徒として、己の人生を切り開いた偉大な女性。彼女を取り巻く家族や友人と共にその後半生を描く。

「人生最大の報酬とは、知的活動そのものである。」(マリ・キュリー)

【STORY】
誰もがその名を知っている、偉大な女流科学者マリ・キュリー。
その人生は困難の連続だった。
常に経済的な困難に苦しんだ学生時代。
苦しいやりくりの中で夫ピエールと歩んだ研究時代。
そして、あまりにも早過ぎる夫の死。
それを乗り越えての二度目のノーベル賞受賞。
よく知られるキュリー夫人の物語は大体がここで終わる。
しかし、この先の物語でもキュリー夫人は困難に挑み続ける。
フランス中をにぎわした未亡人のスキャンダル。
第二の祖国フランスに大いに尽くした第一次世界大戦。
夫妻の業績を引き継ぐ研究所の設立。
放射能研究の副産物として壊れていく自分の体。
そして愛する二人の娘イレーヌとエーヴの教育。
やがてイレーヌはマリの後継者として成長する。
エーヴは芸術文学を愛し、マリの死後、母の生涯を伝記として著す。
マリと二人の娘、これは娘を通して語られる『唯一無二の女性』の後半生を描く物語だ。
その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ 舞台監督/渡邊歩(株式会社RESON)
照明/富山貴之
音響効果/天野高志(株式会社RESON)、斎藤裕喜(Québec)
衣装/藤田友
舞台美術/橋本尚子
大道具製作/株式会社ステージファクトリー
演出助手/後藤真一
宣伝写真・宣伝美術/堀川高志(kutowans studio)
宣伝写真ヘアメイク/畑中嘉代子
ビデオ撮影(東京公演)/古谷美里
舞台写真(東京公演)/ノザワトシアキ
Web制作/飯村登史佳
制作/安井和恵(クロムモリブデン)
大阪当日運営/猪瀬典子(campana)
プロデューサー/松井康人
エグゼクティブプロデューサー/辰巳琢郎

[情報提供] 2019/12/07 22:46 by やす

[最終更新] 2020/01/17 18:18 by やす

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

いののり

いののり(0)

制作

「愛する母、マリの肖像」に携わっているメンバーです。大...

yasu

yasu(0)

制作

「愛する母、マリの肖像」に携わっているメンバーです。

丹下真寿美

丹下真寿美(0)

役者・俳優

「愛する母、マリの肖像」に携わっているメンバーです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大