世界はあまりにも 公演情報 世界はあまりにも」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.4
1-8件 / 8件中
  • 満足度★★★★

    鑑賞日2019/11/23 (土) 18:00

     山梨県の携帯電話の電波も届かぬ山奥の別荘。蜂蜜の製造販売を営む社長とその家族が長男の友人と共に滞在している。嵐の夜、車の故障で立ち往生していた平山家の家族四人を社長は別荘に招くことにする。これが劇の発端である。
     冒頭の社長一家がリビングで小説の中の一人の女優の死をめぐって特殊な訓練を受けた役者の根源的欲求に触れた会話が観客の関心を強く惹きつける。他者を演じることが当たり前の役者がそのような特殊な訓練を受けると、役者同士で自他の区別がつかなくなり、各自が持っている根源的欲望が時に別の人間に乗り移ってしまう。小説中の女優はだれかの殺人願望が乗り移った男に殺されたのだが、その殺人願望は実は女優の親友であった女優の根源的欲求であったのだ…。
    嵐が激しくなり、別荘は停電する。社長と平山は協力して停電を修復する。明かりが戻って、社長一家の知人のシャンソン歌手が訪ねてきた際、別荘の軒下に避難していた日本縦断中の旅行者を別荘内に招き入れたことから舞台は一挙に緊張の度を増す。

     山奥の別荘という閉塞空間に居合わせる社長一家と平山一家と旅行者一人。蜂蜜の製造方法もろくに知らない社長と、社長の裕福な生活を羨みながら彼に取り入る平山と、失業中で鹿児島から北海道まで徒歩で縦断しようとしている袖ケ浦。平山は社長から重役待遇で招かれる身だから、暖炉の前で身体を温めている袖ケ浦が自分と同様に社長の好意を受けていることに我慢できない。配電盤の電線が切られていたことから、平山は袖ケ浦を怪しいと睨み、彼の持ち物を点検しようとする。袖ケ浦なぜ自分が電線を切った犯人扱いをされるのか理解できない。彼は不当な嫌疑を受ける屈辱に耐え切れず憤然と別荘から出てゆく。この場面における平山の袖ケ浦に対する態度は異様なほど高圧的だ。度し難いことに、袖ケ浦を別荘から追い出すことに消極的だった社長と妻が「そういわれてみればやっぱり怪しい」と言い出す。
     別荘には社長夫妻の知らぬ悪意の存在がある。長男・長女と長男の友人井川である。長男は「欲しいものはなんとしても手に入れるべきだ」と揚言して憚らない。兄妹二人はそれぞれ不満を持っており、長女の誘拐事件をでっちあげることによって両親から身代金を搾取しようと企んでいる。二人は平山家の長男・長女と共謀しようとするが、共謀に慎重だった平山の長女が陥落した瞬間、舞台は暗転。

     この後の結末についてはなぜそうなるのか、わからない。冒頭の根源的欲求の話はどこへ繋がったのか? 長男と長女の偽装誘拐はどうしたのか? 前夜の出来事はすべて夢だったのか? 
     スペイン大使のパーティに招かれて外出する社長夫妻を見つめる平山の妻は「昨夜の夫への重役待遇のお話はどうなったのでしょうか?」という眼差しを向けているのだが…。

  • 面白かったです。

  • 満足度★★★★★

    嵐の一夜を二つの家族が一緒に過ごすストーリーでしたが、とても面白かったです。普通でいて、でも何となく怪しい雰囲気の中、どんな展開になるのか?と、どんどん惹き込まれました。ラストは「期待した私がバカだった・・」「人生、こんなもんだよね」という感じで、妙に納得してしまいました。ストーリーも、役者さん達の演技も良く、セットも丁寧に作り込まれていて、観応えのある舞台でした。

  • 満足度★★★★

    舞台の台詞にもあるように

    ネタバレBOX

    「長い物には巻かれろ」みたいな
    所詮、庶民はお金持ちの気まぐれに振り回されてしまう!
    というところでしょうか.....
  • 満足度★★★★★

     脚本、演出、演技。舞台美術何れも素晴らしい。無論、効果もぬかりない。

    ネタバレBOX

     観終わって、尻切れトンボのようなこのタイトルの絶妙に感心。
     舞台は山奥の広大な土地に建てられた別荘。養蜂業を営む森尾社長一家は携帯の電波も届かないこの僻地に年に一度保養に来る。台風が近づき大雨と強風に曝される中、友人・井川と釣りに出ていた息子・旬が帰宅するが、車が故障して立ち往生していた平山一家を直ぐに井川が案内してくるという。
     ところで金持ちにとっての地獄は、我々貧乏人のそれとは、無論質が異なる。貧乏人の地獄は日々体験していることだから今更論う必要もあるまい。では金持ちにとって耐え難い地獄とは何か? 病? 稔らぬ恋? それとも・・・。答えを書いておく。それは退屈である。人間は己が地獄から逃れる為なら基本的に何でもする。卑しい動物である。幸か不幸か、知恵を持っているから始末が悪い。おまけに金持ちはふんだんに富を所有し、富は他人を支配するに頗る有効である。そんな森尾家に世話になることになった平山家は、ミドルクラスだ。というのも平山は自動車メーカーの研究職だから。オーナー社長一族に対する、プチブルの差が実に上手に表現されていると同時に、金満家の謂わば社会階層としての性格も実に巧みに描き出されており、そのような金満家に対する雇われ人のコンプレックスも、そしてそのようなことにコンプレックスを持たざるを得ない階層に属せばこそ、更に弱い者に対しては容赦せぬ差別的言辞を平気で行使する鈍感も描き込まれている。今一世を風靡する新自由主義とは、やや異なるものの、資本家階層の大衆との距離の取り方の上手さ、絶妙、そして諧謔や利用の仕方をも見事に表現した役者陣の演技も冴えたものであった。ネタバレになり過ぎるから書かなかったが、面白味は、森尾家の面々が退屈凌ぎに何をどのようにしたか、にある。
  • 満足度★★★★

    不条理度はそれ程高くないですが、格段に面白い!導入部も凝っています。

  • 満足度★★★★★

    観ました。

    ネタバレBOX

    お金持ちのおたわむれが過ぎました。振り回されて、ただただ終わる。
    私には滑稽で、大変、面白かった。
    人生って、そんなもん。
    いっつも個人の主観的な気分変容があるだけで過ぎ去ってみると客観的な世界から見てみると、世界はあまりにも・・
  • 満足度★★★★

    鑑賞日2019/11/20 (水) 19:30

    座席2列

     冒頭1冊の小説が紹介される。ミステリーかサスペンスらしいのだが、ある1人の女性が自殺か他殺か分からないが死亡した。その死因を巡って「根源的欲望」についての会話がなされる。
    人間には根源的な欲望というものがあり、裸になりたいといった馬鹿馬鹿しいものから、人を殺したいといった物騒なものまで、それは千差万別である。しかし、その根源的欲望に安易に身を任せてしまうと人は生活に支障を来すので、反社会性が強い欲望、あるいは自身の生存を危ぶませたり(例えば自傷癖)、犯罪性のあったりする欲望(例えば盗癖)であればあるほど、強い制御心でそれを抑え込んでいる。しかし、この根源的欲望が、他人に憑依したらどうなるのか。制御心がない状態であるから、簡単にその根源的欲望に身を任せてしまうだろう。
    実はその女性が死んだのは、ある人間の自殺への根源的欲望が憑依した、あるいは人を殺したいという権限的欲望が他者に憑依したということがわかってくる。
    実はこの小説の内容自体が、本来この舞台「世界はあまりにも」の原型だったらしい。(と、パンフレットに書いてある)
    しかし、この舞台のストーリーは全く違うものとなった。(顛末はパンフレットをご覧ください)

    そもそも、この「根源的欲望」が憑依するといった逸話がこの舞台本体のどこにフックしているのかわからない。2つの家族の話なのだけれど、誰かの「根源的欲望」が誰かに憑依しているとは思えないし、、、、、

    ある富裕な4人家族(A)が、毎年2週間だけ別荘で過ごしている。夫婦と長男、長女。この別荘には、電話もテレビもなく、携帯の電波も入らないので、車で移動する以外には外界との接触が全く断たれている。長男の友人が、家事の手伝いのアルバイトとして同行している。
    そこに、車が故障した4人家族(B)が助けられるように別荘に招かれることから話は展開する。こちらの家族も夫婦と長女、長男(子供の年齢序列がAと逆)の構成である。
     外では、台風一過による大嵐、外界と隔離状態のその一夜の物語である。

    ネタバレBOX

    とにかくこの舞台、いろいろなところでフックを掛けてくる。怪しい気分が満々なのだ。
    例えば、開演まもなく、それまで塩らしくしていたBの家族、その父親がAが大きな養蜂所を持ち、高級蜂蜜を売買して儲けていることを知ると、まるで人格が変わったように、それをフランスにおける移民搾取と同じだと言い出し、別荘に飾られている絵画や装飾品について文句をつけ始める。すわ、この男は感情の抑制が効かない精神分裂者かと思わせ、一気に緊張感が高まる。
     その後も、Aの父親は、Bの父親やBの母親に、盛んに一夜の夫婦スワップを促す。Aの長男の友人は、一見従順でまじめそうだが、Bの父親の前では、Aの家族のいないところでは傍若無人の振る舞いをしていることを吐露する。Aの長女の誕生日を間違えて、プレゼントとケーキを持って、嵐の中車を走らせてくるシャンソン歌手が登場。失業中で、徒歩での日本縦断をしており、別荘の軒で倒れていて助けられた男は、Bの父親に犯罪者呼ばわりされて激昂して別荘を後にする。その男を人家のあるところまで送るという、かのシャンソン歌手。軒下の男を追い出したBの父親を褒めちぎり、自分の会社で重役待遇で受け入れるというAの家族。Aの子供たちは、Bの子供たちに偽装誘拐を持ち掛けて、、、と。
     何かがすでに起きている、これから何かショッカーが待ち受けている。そんな気配まんまんで一夜明けると。

     はい、夢落ちですと言わんばかりに、何事もなく終わる。Aの長女は愛しい方に会いに外出。他の家族はスペイン大使のパーティにご招待。別荘に残されたBの家族は、車の修理を待ちながら長居を決めるのだけれど。

     あれ、Aの長男の友達はどこいったの?舞台の終焉と共に、その後に惨劇が待っているのかな。

     「世界はあまりにも」この後に続く言葉は何なのだろう。

この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 改めまして。 劇団脳細胞「世界はあまりにも」全公演終演致しました! ご来場戴きまして誠にありがとうございました! 素敵なキャスト、スタッフさん、お客様たちに囲まれて幸せなひと時でした。 次回もどうぞお楽しみに。 またどこかの劇… https://t.co/6MllEDm1hP

    20日前

  2. 終演致しました。 ご来場くださった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。 今後とも劇団脳細胞をよろしくお願い致します。 https://t.co/U2LIWIK9Eo #劇団脳細胞 #世界はあまりにも

    Ekmxiewvaaagulj

    21日前

  3. アトリエファンファーレ高円寺 劇団脳細胞 「世界はあまりにも」 アトリエファンファーレ東新宿 FREE(S) 「DANDlON」 昨日全公演が終了致しました。 お越しいただきましたお客様 ありがとうございました。 またのお越しをお待ちしております!

    21日前

  4. 11/24、劇団 脳細胞『世界はあまりにも』@アトリエファンファーレ高円寺 終幕いたしました。 ご来場・ご声援くださいました皆様、 誠にありがとうございました! さて、次は下記の団体の外部制… https://t.co/sTCotEehkG #世界はあまりにも #劇団脳細胞

    22日前

  5. 劇団脳細胞「世界はあまりにも」観劇。初めて観る劇団なので正直期待していなかったけど、面白かった。まだ2回目の公演らしい。ただ、あの結末にはストレスが残る。まぁそうだよね〜と思う感情はタイトル通りって感じだけど、フィクションの世界くらいスカッとさせて欲しかった。(庶民の願望)

    22日前

  6. 劇団脳細胞第二回公演 「世界はあまりにも」 無事閉幕いたしました! ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました✨ 皆様の心に少しでも残るものが出来たなら幸いです。 誠にありがとうございました。 #劇団脳細胞 #世界はあまりにも

    22日前

  7. 劇団脳細胞さんの「世界はあまりにも」を観てきました。 小劇場っていいな!と改めて思う舞台の近さ。 キャストさんの感情の昂りがリアルに伝わってくるあの臨場感、もう一度観たかったな〜 舞台の上を所狭しと動き回るりのんちゃんが、とにかく可愛かったです(*≧▽≦) #世界はあまりにも

    22日前

  8. @gekidannosaibo 劇団脳細胞  第二回公演「世界はあまりにも」 本日千秋楽です! 13時〜/ 17時〜 ⚠️本日も休日運行の為 中央線快速電車は、高円寺駅に 停まりません。万… https://t.co/JXFcIkPHd8 #アトリエファンファーレ高円寺

    22日前

  9. 劇団 脳細胞「世界はあまりにも」。我妻美緒さんが出てます。あと2回のみ!高円寺ですよ!ぜひ! https://t.co/xOofpoLec9

    23日前

  10. 先日劇団脳細胞さんの『世界はあまりにも』観劇させて頂きました。 観劇する前パンプレットの絵と作品名から、難しそうな話かもって勝手に想像してビビっていました。 観劇後、伏線の回収先が作品名にピッタリだと思いました☺️ 同期の前橋くん… https://t.co/gTRQwK2Iry

    23日前

  11. 劇団脳細胞の舞台『世界はあまりにも』を観賞。 台風のなか、別荘に集まった2家族が一夜を過ごす物語。不審者?も登場し、ハラハラドキドキな展開。結末はどうなるの??とサスペンス映画のような舞台でした。所々にある笑いも楽しめました。😀😃… https://t.co/tOYQFH325l

    23日前

  12. 昨日は高円寺にて 劇団脳細胞 作品「世界はあまりにも」を観劇してきました。豪華な別荘での2家族の脚本、人間らしいストーリーで楽しめました。 https://t.co/b70wb5o6Vz #世界はあまりにも

    Ekcagtdu8aivabq

    23日前

  13. 劇団脳細胞 「世界はあまりにも」 13:00〜/18:00〜 ⚠️本日中央線の快速電車は、 高円寺駅に停まりません。 お気をつけてお越しくださいませ。 ご来場お待ちしております。 https://t.co/efXs8mZQb0 #アトリエファンファーレ高円寺

    Ekbzszxvaaaaqph Ekbzs1cu0aaborl

    23日前

  14. 高円寺で熊手萌さんご出演、劇団脳細胞さんの「世界はあまりにも」を観てきました。開演時間に間に合えば行きたいなぁと思っていたので観れてよかったです♪とっても楽しかったし、終わってから、振り返るのも、とっても楽しい作品だと思います。そ… https://t.co/Qu03jVTYkh

    24日前

  15. ひょんなことがきっかけで劇団脳細胞ってところの「世界はあまりにも」ってのを観てきた。最近、これはホント?ウソ?とストレスのある作品によくあたる。でも最後なんか気持ちよく帰っちゃうんだよー。

    24日前

  16. 外は寒いですが 劇場は熱いです! アトリエファンファーレ高円寺 劇団脳細胞「せかいはあまりにも」 アトリエファンファーレ東新宿 FREE(S) 「DANDELON」 アトリエファンファーレ東池袋 オフィスインベーダー 「明日、君を食べるよ」 絶賛上演中‼️

    24日前

  17. アメブロを更新しました。 『二日目 劇団脳細胞『世界はあまりにも』』 【他画像4枚】 https://t.co/QAut0EAT1h #タピオカ

    24日前

  18. 観劇レポート 劇団 脳細胞公演『世界はあまりにも』@高円寺アトリエファンファーレ - 中西理の下北沢通信 https://t.co/LIxdOTssbS

    24日前

  19. 仕事で落ち込んだけど、観劇したことで別世界に入れて楽しくて元気がでました。 劇団脳細胞さんの演劇は、心地がとても良くて癒しで大好きです!!次回公演も絶対観に行く !! 素敵な時間をありがとうございました! #世界はあまりにも #劇団脳細胞

    25日前

  20. 劇団脳細胞第二回公演『世界にはあまりにも』観劇してきた!始まり方から(あっ、これ好きな感じだ)って思いながら観ていた。非日常下の何気ない会話からの欲望?やちょっとしたスリル、話の会話流れがとても心地良くて、もっともっと観たい気持ち… https://t.co/JCFF0Rykkl

    25日前

  21. 劇団 脳細胞公演『世界はあまりにも』@高円寺アトリエファンファーレ - 中西理の下北沢通信 https://t.co/LIxdOTssbS

    25日前

  22. 昨夜は劇団脳細胞『世界はあまりにも』を観劇した。慣れない場所に行ってみたはいいものの、そこから出られず、歓待されるにもかかわらず居心地が悪い…という、誰もが経験したことあるアレ。ディスコミを描くサスペンスフルな作劇が秀逸で、こちら… https://t.co/eaH0nHBq9I

    25日前

  23. アメブロを更新しました。 『初日 劇団脳細胞第二回公演『世界はあまりにも』』 https://t.co/K0UO6o2Q46 #曼荼羅ジャンキー

    26日前

  24. 我妻美緒さん出演の劇団脳細胞第2回公演「世界はあまりにも」観てきたよー!ฅ՞•ﻌ•՞ฅ 別荘を持つ裕福な家族が、車の故障で立ち往生していた平凡な家族(+部外者)を迎え入れるお話。 体験したことはないけど、こんな裕福な家庭に出会った… https://t.co/K4PdN0aqvp

    26日前

  25. 【今週の公演】 劇団 脳細胞 第二回公演 「世界はあまりにも」 作・演出 いわたよしお 2019年11月20日(水)〜24日(日) ご来場心よりお待ちしております。 https://t.co/6pDT5XOLnz #アトリエファンファーレ高円寺

    Ejy4wg6ueaaursz Ejy4whevuaa0dve

    26日前

  26. 【今週の観劇予定2】パショナリーアパショナーリア「6姉妹はサイコーエブリデイ」(11/24-11/25 京橋ララサロン)、劇団脳細胞「世界はあまりにも」(11/20-11/24 高円寺アトリエファンファーレ)…今週はいろいろ観劇予定を入れ過ぎて、観に行けない公演多数(泣)

    27日前

  27. 劇団脳細胞「世界はあまりにも」 いよいよ明日初日です。残席状況はコチラ 20(水)19:30 △ 21(木)14:00 〇 21(木)19:30 残りわずか 22(金)14:00 〇 22(金)19:30 〇 23(土)13:0… https://t.co/mgXpfpnLDS

    27日前

  28. 小屋入り1日目が終わった。 セットが豪華です✨ふわふわぁ〜 楽しみです!明日も朝から頑張りましょう💪🏻💪🏻 劇団 脳細胞「世界はあまりにも」 https://t.co/7cG5fV3UCg #世界はあまりにも

    28日前

  29. 小屋入り! 劇団脳細胞「世界はあまりにも」 11/20(水)-24(日) アトリエファンファーレ高円寺 制作ではいってます。 当日は受付にいるので、お時間ある方は是非高円寺に🏃🏼‍♂️ https://t.co/hm7Hnu8zYK

    Ejox2pwueaamql6 Ejox2pzu4aa4dte

    28日前

  30. 舞台 最終稽古でした!! 面白い作品になっていると思います! ご予約まだの方↓からお願いします(*^^*) https://t.co/uCcCztiVsA… 劇団脳細胞ワールドを体感しに来てください! つ… https://t.co/01h86c760W #世界はあまりにも

    29日前

  31. 【こりっちチケットプレゼント!11/17(日)〆切(東京)】 劇団 脳細胞「世界はあまりにも」11/20(水)~11/24(日)於:アトリエファンファーレ高円寺 CoRich舞台芸術!:… https://t.co/7qLDUk4I3a

    約1ヶ月前

  32. 劇団脳細胞「世界はあまりにも」 初日まであと六日。 アトリエファンファーレ高円寺にて。 11月20日(水)〜24日(日)まで。 https://t.co/XlYN7n2ITI

    Ejtieduvuaeim77

    約1ヶ月前

  33. 【公演間近!】劇団脳細胞「世界はあまりにも」11月20日(水)~@ 高円寺アトリエファンファーレ https://t.co/XDRpnM1GNu https://t.co/Yj961T3QE4

    Ejpooaywsaelv2v

    約1ヶ月前

  34. 劇団脳細胞公演まで、あと1週間。 当初の目論見から、内容は百八十度変わり、 役者たちは全員、戸惑い、怒っている。 その怒りのパワーを引き出すことが、 演出家の真骨頂であることを知る人は少ない。 そしてまだ、誰も知らないが、 ここか… https://t.co/fKOvtnLz90

    約1ヶ月前

このページのQRコードです。

拡大