演劇

SPAC秋のシーズン2008

ドン・キホーテ

SPAC・静岡県舞台芸術センター

静岡芸術劇場(静岡県)

2008/12/06 (土) ~ 2008/12/21 (日) 公演終了

上演時間:

ドン・キホーテは自分を物語に登場する騎士だと思い込んで、無理矢理に敵をでっち上げてはやっつけようとする。何ともはた迷惑なヒーローである。この物語の救いは、ヒーローに自分が思っているほどの腕力がないために、大して血を見ずに済んでいる、ということだろう。おかげで、はじめはあっけにとられた「敵」たち...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/06 (土) ~ 2008/12/21 (日)
劇場 静岡芸術劇場
出演 三島景太、貴島豪、奥野晃士、永井健二、吉見亮、仲谷智邦、大内米治、舘野百代、本多麻紀、大桑茜
脚本 セルバンテス(原作)、北村宗介
演出 原田一樹
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 7,000円
【発売日】2008/10/14
一般大人:4,000円、同伴チケット(2枚):7,000円
大学生・専門学校生:2,000円、高校生以下:1,000円
2演目観劇:7,000円(※2演目あわせてご予約ください)
サイト

http://www.spac.or.jp/08_autumn/donquixote.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ドン・キホーテは自分を物語に登場する騎士だと思い込んで、無理矢理に敵をでっち上げてはやっつけようとする。何ともはた迷惑なヒーローである。この物語の救いは、ヒーローに自分が思っているほどの腕力がないために、大して血を見ずに済んでいる、ということだろう。おかげで、はじめはあっけにとられた「敵」たちも、気を取り直すとあっという間にドン・キホーテを袋だたきにしてしまう。

ラ・マンチャ地方(スペイン中部)の初老の郷士アロンソ・キハーノは騎士道小説を読みすぎて頭がおかしくなり、自分を「遍歴の騎士」だと思い込んで、この世の悪を倒し、正義を広めるために自らの人生を捧げる決意を固める。本物の「騎士」となるため、アロンソはドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャと名を変え、近所の農夫サンチョ・パンサに、いずれ領主にしてやる、という約束をして従者にし、田舎娘を「思い姫」ドゥルシネーアにでっち上げ、年老いた愛馬ロシナンテにまたがって旅に出て行く。

一見のどかなラ・マンチャにも、騎士ドン・キホーテの行くところ、必ず血湧き肉躍る冒険が待っている。旅に出た途端に数十人の巨人(実は風車)に取り囲まれ、突撃を試みるも巨大な腕に跳ね飛ばされ、道行く男からは伝説の黄金の兜(実は床屋の金だらい)を手に入れ、囚われの姫を救うために追っ手のイスラム教徒ども(実は人形劇の人形)をめった切りにする!

見えないものを視る力、強固な妄想を演劇の力に変えて、いま行動するドン・キホーテが立ち上がる。

【公演終演後、静岡の有志をお招きして、SPAC出演俳優とのトークを行ないます。】
6日(土)19:00開演 原田一樹(演出家)、宮城聰(SPAC芸術総監督)
7日(日)13:30開演 伊藤純子(フリーマガジン「womo」編集長)、長房良則(レストランナガフサシェフ)
13日(土)16:30開演 白井嘉尚(静岡大学教育学部長・絵画)
14日(日)13:30開演 久保田香里(静岡デザイン専門学校校長)
20日(土)16:30開演 柚木康裕(オルタナティブスペース・スノドカフェ主宰)
21日(日)13:30開演 大楠栄三(静岡県立大学准教授 スペイン語・文学)
※大貫香[静岡の大学生によるフリーペーパー「静岡時代」初代編集長]も司会として登場。
その他注意事項 高校生のための演劇鑑賞教室(一般発売は限定30席)
12月8日(月) 13:30
9日(火) 13:30
10日(水) 13:30
11日(木) 11:00
12日(金) 12:30
15日(月) 13:30
上記日程は高校生のための貸切公演ですが、限定30席で一般発売もあります。劇場窓口、電話のほか、オンラインチケット予約もうけたまわります。
スタッフ 演出:原田一樹
原作:セルバンテス
脚本:北村宗介
音楽:和田啓
出演:三島景太、貴島豪、奥野晃士、永井健二、吉見亮、仲谷智邦、   
大内米治、舘野百代、本多麻紀、大桑茜

[情報提供] 2008/10/07 00:39 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/10/07 00:44 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大