ミュージカル 人間の条件 公演情報
観たい!クチコミをする

公演地:東京都

観たい!

公演地:東京都

ミュージカル 人間の条件

劇作家女子会。(東京都)

公演に携わっているメンバー:6人

団体紹介
2013年、坂本鈴、オノマリコ、黒川陽子、モスクワカヌが「死後に戯曲が残る作家になる」ということを目標に掲げて集結した劇作家チーム。アラサーながら「私たちは女子」と豪語しつつ、女子活動と劇作家活動を行う。
2013年6月、劇場を女子会会場と見立てた短編戯曲の持ち寄りパーティー『劇作家女子会!』(王子小劇場、共催:時間堂)を開催。「女子会」という言葉を吹き飛ばすような四人の作劇の強さで好評を得る。
2016年7月、箱庭円舞曲の古川貴義氏を演出に迎え、三年ぶりの演劇公演『劇作家女子会R!−WORLD PREMIERE−』を開催。劇作家たちの振袖姿のフライヤーや、英語の字幕付きの上演、それぞれの「世界」に対する痛烈な脚本が話題を呼び、前回公演の二倍近い動員で成功をおさめる。
その他の活動に、劇作家大会2014豊岡大会でのトークイベント「劇作家女子『大』会!」、劇団おちないリンゴへの二度の脚本提供、泉州学生演劇祭の講評委員など。
応募公演への意気込み
劇作家女子会。は、坂本鈴・オノマリコ・黒川陽子・モスクワカヌの四人の劇作家によるユニットです。
今企画では、作家四人がそれぞれ主人公をたてて、一つの作品を共作します。
テーマは「人間の条件」。
四人がそれぞれ違う考え方をぶつけあえるテーマを選びました。
更に今回は、ミュージカルの様式を借り、それぞれが掲げる「人間であること」の定義と個性を、言葉においても音楽においてもぶつけ合います。
将来のビジョン
劇作家女子会。は、あらゆる対立の構図に陥らないような方法で、女性やマイノリティの作家の地位の向上を目指してます。
また「共作」や「連作」など、複数の作家による作劇の試みに、どんどん挑戦していきたいと考えています。

次回公演『劇作家女子会!SuperS』は2019年を予定しています。
作家それぞれは「死後に戯曲が残る作家になる」ことを目標に、戯曲を書き続けます。

公演に携わっているメンバー(6)

18854
日和
役者・俳優 ダンサー 演出 振付

振付します!
Nophoto member
ガモウミノル
制作 当日運営 その他(スタッフ)

どんな作品になるのか楽しみです
73778
りんりん
脚本

4人の共作ミュージカルです。
25093
wakanu
脚本

「ミュージカル 人間の条件」、苦しく楽しく、書いています。
Nophoto member
黒川陽子
脚本

脚本かきます!
54690
オノマリコ
脚本

四人で書くって、おもしろい、めんどくさい、たのしい、くるしい、四人いてよかった、一人だったら簡単なのに、君の為にこのセリフを書きたい、君との対立点を深めたい、君と私との差異はもうすごいもんがある、私たちは似ている、君は興味深い、わたしは負けないの連続です。あろフィールドワーク部門の部長をやってます。

このページのQRコードです。

拡大