シティⅢ 公演情報
観たい!クチコミをする

公演地:東京都

観たい!

公演地:東京都

観たい!クチコミをする

公演地:静岡県

観たい!

公演地:静岡県

シティⅢ

sons wo:(東京都)

公演に携わっているメンバー:5人

団体紹介
sons wo:(さんず・うぉー)は、カゲヤマ気象台の演劇作品を発表するために2008年に設立された演劇プロジェクトです。
ディストピア以後の世界観と、現代詩的な言語感覚で書かれた戯曲、発話・挙動の細部まで追求した演出は「突き刺さるような叙情」「戦慄的」と評され、2013年にF/T13公募プログラムに参加、2015年度よりセゾン文化財団ジュニア・フェローに選出されるなど、近年その注目を高めています。拠点を東京と浜松の二都市に構え、2017年1月には浜松の市街地を広く使用した作品『羊をめぐる』を発表。それぞれの都市を往復しながら、現代において有効な演劇のあり方を追求しています。
sons wo: が問題としているものは常に人間の孤独な存在についてです。時間、意識、感情、歴史、想像力など、様々な次元が錯綜する世界において、そこに立たざるを得ない人間がどのように存在するか。それは悲劇であることも多いですが、まっすぐに見据えていきます。
応募公演への意気込み
sons wo: は2015年より『シティ』シリーズを展開してきました。シリーズ三作目の今作はその最終章です。それぞれ「過去」「現在」をモチーフにしてきた『Ⅰ』『Ⅱ』に続き、『Ⅲ』は「未来」をテーマにします。
「過去」は「声」、「現在」は「病と身体」をクローズアップしました。「未来」は「物語」になるでしょう。文明が一度滅びて再興した荒野の町を舞台に、呪いを抱えた泥棒と、その呪いのために町の人々に降りかかる災い、そこからの救いを描きます。ここでの「物語」とは「想像力」と「不可逆に流れる時間」による生成物です。物語は終わり、想像力は完結します。そしてそれは「楽しみ」でなければなりません。楽しいものは見ていられるからです。現実社会のネガティブな状況は終わりが見えず、あふれる情報をただ眺める態度が求められてしまう中で、演劇が果たせる役割はそうやってしっかりものを「見せる」こと、そして想像力を「完結」させることではないかと考えています。未来を向くために。
将来のビジョン
作品をより広く人々に届けたいと考えます。現在のsons wo: はカゲヤマ気象台の個人的な考え、アイディアや問題意識による部分がかなりを占めており、作品を届け得るのもそれが届く範疇となっているように思われます。しかし本来演劇は様々な要素を持つことが可能なはずであり、一人の(あるいは数人の)人間の範囲には収まらないはずです。今後sons wo: では、カゲヤマの作品の主体としての力を超えて、様々な人々の考えや声を含み、多様に展開していけないかと考えております。それは具体的にはより多くの人間を関係させ、プロデュース面やビジュアル、メディア展開などに反映されていくことになります。あくまでカゲヤマの創作を中心としつつ、しかしその個人の範囲の先に展開していくことによって、より未知の存在、より思いがけない存在となり、広くその存在感を示し、社会に対する影響力も高めていきたいと考えております。

公演に携わっているメンバー(5)

Nophoto member
ek
役者・俳優

「シティⅢ」に携わっているメンバーです。
Nophoto member
kino
役者・俳優

「シティⅢ」に携わっているメンバーです。
188970
杉浦一基
制作 当日運営

当日運営頑張ります。
34734
なな子
制作 当日運営

制作やります。シティシリーズ、ついに終わりです。
16469
カゲヤマ気象台
脚本 演出 音響

作家です
AD
AD

このページのQRコードです。

拡大