タバコの害について(今後のため付) 公演情報 劇団夢現舎「タバコの害について(今後のため付)」の観てきた!クチコミとコメント

  • 満足度★★

    鑑賞日2020/09/11 (金) 20:00

     観劇後、家に帰って前回公演の記録やチラシを眺める。
    そうだ、前回の「タバコの害について」では、お酒が飲めたんだよなあ。ウォッカ飲んだ記憶がある。ああ、おおらかな過去。

     さて、今回はチェーホフ版(夢現舎には、男女の愛憎劇「たばこのがいについて」というオリジナルもある)コロナ禍Ver.。客席を隔てる距離、飛沫を遮るビニール、多分に現在のコロナ禍下の舞台を意識した導入から、舞台での講演会は始まる。

     さて、感想。どうしちゃったのだろう。益田さんがとても普通の人に見える。あのエキセントリックな、観客を不安のアリジゴクに引きずりこむ益田喜晴がいない。
    妻に怯え、虚勢を張り、せこい欲望を垂れ流しながら、姑息な目つきをした先生がいない。
    夢現舎の「タバコの害について」を観ていると、イヨネスコの「授業」を観ているような、底知れない不気味さを感じたものだけれど、それがほとんどない。ちょこちょことそんな顔も見せてくれるのだけれど、すぐに影を潜めてしまう。どうも先生、益田氏は良き家庭人になってしまったような気がする。
     
     そうだな、チェーホフの戯曲を観に来ているのではなく、それがたまたまチェーホフ作品であっただけで、私は益田喜晴の狂気を観に来ているのだな、と得心。

     劇後のダメ出し観て途中帰るとき、劇中お預かりした手帖をそのまま席に置いておきましたが、ちゃんとありましたかね。(お見送りまでしていただけるとまで思わなかったので)

    「生舞台はカラダとココロの栄養です」本当に心共有です

    0

    2020/09/13 13:51

    0

    0

このページのQRコードです。

拡大