六人の観てきた!クチコミ一覧

1-12件 / 12件中
真・侍ヘンドリクス

真・侍ヘンドリクス

おにぎりスキッパーズ2

テアトルBONBON(東京都)

2010/01/27 (水) ~ 2010/01/31 (日)公演終了

満足度★★★

親切
商業演劇に似た説明演技は、
芝居を見慣れない人にとっては敷居を下げたのではないだろうか。
実際、ご年配層にはかなり笑っている人が多かったように思う。

ネタバレBOX

世界初のエレキギタリストがサムライ
というキャッチフレーズは
強いインパクトとポップなアングラテイストを予感させていただけに、
個人的にはちょっと戸惑う。

NHKの演歌歌手が演劇仕立てで歌を歌っているような、
全部を説明されている印象を受けてしまった。

その上、役者の為の見せ場としか思えないシーンがあり、
2時間の長さには苦痛を感じてしまった。
最後まで、こちらが想像をする余地を見つける事はできなかった。


散々に書いてしまったが、
でも本当に親切な芝居。

多分好みにあわなかっただけなんだろう。

実際万雷の拍手の中、終幕した。
喜ぶ人は沢山いるのではないだろうか。
幸福な王子

幸福な王子

yOsuka

遊空間がざびぃ(東京都)

2009/12/19 (土) ~ 2009/12/23 (水)公演終了

満足度★★

幸福な・・・
やってる人達がとても楽しそうだった。

それはとてもよい事だと思う。

ネタバレBOX

でも一体感は感じる事ができなかった。

脚本
役者
演出
音響
照明

ひとつひとつは面白いものの、
お互いの旨味を引き出すまでに至っていないように感じてしまった。

ある程度のレベルに到達した表現者達が
自分の引き出しを持ち寄ってはいるものの、
そこから新しく何かを生み出した気配を感じる事ができなかった。


がざびぃという空間との相性はよく考えられていたように思う。

殺(アヤ)める人々

殺(アヤ)める人々

アヴァンセ プロデュース

シアター711(東京都)

2009/12/22 (火) ~ 2009/12/27 (日)公演終了

満足度★★★★

会話劇そっくりの
全然違う何かだったように思う。

脅威的な狂気と愛。

年末にこれほどの秀作が待っていようとは。

ネタバレBOX

渋谷でポスターを観て観劇に至ったのだが、
役者のレベルがほれぼれする程高い。

どの役者も、少しずつ不快で、大人特有の化粧っ気が鼻につくと思いきや、
時間と理解が進むにつれ、それが少しずつ魅力に変わっていく。

決してフィジカルな作品ではないにも関わらず、
会話が生む空間の流れが対流を起こして
舞台、客席を撹拌していく。

惜しむらくは尺が長いのと、当日運営のレベルの低さ。
完全満員の回だったにも関わらず、
通路をつぶして知り合いと話すは、一か所に溜まっているはで、
あげくはスタッフ章もないから迷惑極まりない。

それともあれはスタッフではなかったのだろうか。
ただの世話好き?
だとしたらスタッフはどこに?

終いにはそのスタッフの関係者と思われる団体客が
暗転の度に携帯でメールチェックしてる。
(まぁこれは関係ないっちゃ関係ないけど)


良作なだけに、残念でならない。
もっと楽しめる作品だったと思うんだけどなー。
閃華:夏の夜の夢(終焉!ご来場ありがとうございました。)

閃華:夏の夜の夢(終焉!ご来場ありがとうございました。)

劇団アニマル王子

武蔵野芸能劇場 小劇場(東京都)

2009/12/17 (木) ~ 2009/12/20 (日)公演終了

満足度★★★

一人くらいは
疑問を投じたい。
好みの問題かも知れない。という前提の下。

ネタバレBOX

出演者に知り合いは一人もいない中での観劇だった。
知らない人の結婚式に参加している気分である。

役者の陶酔を感じてしまった。

とても上手なせりふの読み方。
とてもきれいなダンス。
アンサンブル。
高いレベルでバランスがいい。

でも、謙虚さは感じなかった。

どんな高級料理を出されても、
知らない人の結婚式だから、居心地が悪い。


客出しの挨拶を見て、学生劇団からの派生なんだろうと推察。

面白さは、わからなかった。

でも、周りは皆喜んでいたから、問題はないんだろう。
海ノ底カラ星ヲ見上ゲヨ

海ノ底カラ星ヲ見上ゲヨ

おぼんろ

サンモールスタジオ(東京都)

2009/12/17 (木) ~ 2009/12/27 (日)公演終了

満足度★★★

賛否は分かれるのだろう
面白かった。
というより好きだった。
しかし好みは別れると思う。

嫌いな人もいるだろうなぁ。

ネタバレBOX

女優陣がよかった。
熱量、質、個性、ルックス、いずれも素晴らしい。
物語に無理なく連れて行ってくれる。

アンサンブルに課題が残る。

話をまとめるはずのアンサンブルだが、
統制が取れていないように思う。
音も動きもそろっていないのでかしましい。
却って気が散ってしまった。


綺麗な言葉まわしには嫌味がなく、すんなり受け取れる。
くさいシーンもあるにはあるが、負けないくらいはっと目を見張るシーンも。


課題と将来性が同じくらいあるように感じられた。

焦らず、素敵な作品を創って欲しい。
モンキー・チョップ・ブルックナー!!

モンキー・チョップ・ブルックナー!!

アマヤドリ

シアタートラム(東京都)

2009/12/15 (火) ~ 2009/12/23 (水)公演終了

満足度★★★★

乱舞堪能 次回作も観たい
底が深い。
奥行きのある作品だと思う。

ネタバレBOX

昨今の小劇場の若手は、
一本の作品にとってもエネルギーを注ぐように思う。
いい事なんだけど、その所為で、
一回の観劇で『見極めた』錯覚をしがちな気がする。

ひょっとこの本作品は、
『堪能』したにも関わらず『見極めた』『観尽くした』
という思いにならない。
まだ何かある気がする。
次回作もまた観たいと思ってしまう。

人の敵意、善意、バランスよく出来たR25推奨な感じの作品。


***

『おだ君』を演じていた男性の演技が光る。

台本が光る。

人の悪意の、始まりの純粋さが見事に書かれている。
辮髪の『ほしの先輩』の柔らかさが見事。

うーむ、暗いはぅの作品なのに、
観終わりのすっきり感はなんなんだ。

面白かったからいいのか。
いや、よかった。
Parade2

Parade2

インプロ・ワークス

シアター風姿花伝(東京都)

2009/12/10 (木) ~ 2009/12/13 (日)公演終了

満足度★★★★

よかった!
なんだったんだ前半のグダグダは!
とツッコミたくなるくらい、
後半の即興がよかった。

即興だから仕方ないのか。

ブラボー。
演劇をやった事が少しでもある人は、観るべし。

ネタバレBOX

その場にある物を取りこみ、即興に演劇に取り込んでいく。

役者の本当の集中を観た気分である。

台本稽古が武道でいう所の型稽古だとしたら、
インプロは実戦稽古なのだろうと感じた。

だから、台本はいらない。
あるなら使う。
ないなら不要。

武器がないと戦えない戦士がいないようなものか。

とにかく受信アンテナが異常に発達している。

誰かの放った1のエネルギーを
誰かが拾って2にする。

その2を回りの5、6人が拾って10、100に上昇させていく。

流れがあるから、不自然じゃない。
言わされたセリフじゃないから、自然。

感情、空間のキャッチボールが美しい。

いや、すごい。


欲を言えば、台本がないから劇的な瞬間は訪れなかった。
舞台には狙って奇跡を起こすような所がある。

10の作品のうち、9が駄作でも1が神がかった作品になればいい、
というような。

このシステムは、10分の9は面白いと思う。

いや、欲張りすぎなのはわかる。
わかるのだが…

また観たい。
本当に面白かった。

きっと次は、また別の物語が待っているのだろう。
それを、観客は役者と一緒に待てるのだ。
ヤマト版 仮名手本忠臣蔵

ヤマト版 仮名手本忠臣蔵

笑劇ヤマト魂

ザ・ポケット(東京都)

2009/12/09 (水) ~ 2009/12/13 (日)公演終了

満足度★★

知らない人の結婚式
知らない人の結婚式に参加した気分である。
忠臣蔵だから、筋はわかっているはずなのに…。

何が何だかわからない。
知り合いが一人もいない中での観劇だったのだが。

セリフが耳に入ってこない。
昔言葉風の、すぐには意味のつかめない言葉が、かしましい。
言葉、セリフを装飾しているのだが、
装飾しすぎて、クリスマスツリーの、ツリーが見えないとでも例えようか。

何度も同じセリフがくりかえされ、??としていたら終演。
ううむ・・・楽しみ方が見つけられないまま終わってしまった。
2時間15分?体感はもっとだった。


終演後の観客席は皆拍手喝采だけど、皆、良かったってことかな…。

身内ネタがあったとは思わないが、
演劇を知らない人、
劇団を知らない人には敷居が高いのではないかと思う。

ぶっちゃけ、かなりきつい。

ネタバレBOX

忠臣蔵が根幹にある舞台。

忠臣蔵は知っている。
感情が整理できず、感想としては不適切になってしまうかもしれない。

しかし、客席にいて強い寂寥感に襲われた。

中途半端なダンス。
もれなく全員腰が引けている殺陣。
衣装は創作時代劇を感じさせるが、運動靴。
スにーカーを履いたオオイシクラノスケ他赤穂浪士達。
剣ではなく、化粧途中のような黒い棒を持っている。

気になる僕が悪いのだろうか。

それに、どうしても、がんばっているように見えない。

面白くない舞台は沢山あるが、
役者の熱量さえ伝わればまぁいいかという気になれる。

なれるはずなのに。

今回はそれすらないと感じてしまった。
しかし役者は楽しそうである。
観客の顔を見渡しても、楽しそうである。

俺、なんでここにいるんだろう…皆幸せそうだな。
知らない人の結婚式に呼ばれてしまった気分である。

楽しんでる人がいるなら、
公演の価値はあるのかも知れない。

相性かも知れない。

いい経験でした。
倶楽部

倶楽部

Rotten Romance

ギャラリーLE DECO(東京都)

2009/12/01 (火) ~ 2009/12/06 (日)公演終了

満足度★★

申し訳ない。。
気持ちいいくらいさっぱりわからなかった。
役者のレベルは決して低くない。と思う。

一体感もあった気がする。
本人たちの中ではテーマが定められていたという事ではないかと思う。

しかしさっぱりわからなかった。

だからといって無意味ではなかった。
真剣味のようなものはあった気がする。

欲望貴族

欲望貴族

角角ストロガのフ

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2009/11/26 (木) ~ 2009/11/30 (月)公演終了

満足度★★★

役者と演出家の一体感を感じる
多数同時シナリオを中心とした、難しい展開の作品だったように感じる。
角角初観劇の身としては多少の混乱は避けられなかった。
それでも最小限の混乱で作品を観れるのは、役者と演出家がテーマをはっきりと共有していたからだと思う。

ネタバレBOX

意欲的な演出が多々見られ、
役者の感受性も素晴らしかったように思う。

しかしながら、全ての役者が主役と呼べる程優れ、濃密であるが為に、
全体のボリュームが大き過ぎ、詰め込み気味、胃もたれ気味になってしまったのは否めない。

複数のシナリオを同時に進行するあたり、
計算済みなのかもしれないが、
租借が終る前に次の物語が入ってくる。

まさに水と油を交互に呑まされている。

この混乱はしかし、
不可解なだけでは決してなく、作品に繋がっているとも感じられた。



水槽やビニール壁等の舞台装置や、
ディズニーのリトルマーメイドを客入れで流すなど、
本当に細かい演出で微妙な違和感を感じた。

よい、よいのだけど何か釈然としない。

それが意図的な演出なのかは理解しかねてしまった。

おそらく役者との信頼関係は強く築かれている。
今後の演出の洗練次第で、さらに大きな活躍が期待される。
「極み唄」

「極み唄」

LIVES(ライヴズ)

タイニイアリス(東京都)

2009/09/15 (火) ~ 2009/09/20 (日)公演終了

満足度★★★★

さすがの安定感
都合3度目となるライブズ観劇。
正直好きな作風ではない。

だが3回とも、面白かったと思って帰る自分がいる。

好みじゃないのに、好き。
これってすごい事じゃないのか。

ネタバレBOX

誰かになにか言われたり、
何かに誰かが気づいたり、
そういう時の感情は、喜怒哀楽の4つではとても表せない。
それを誰かに伝えよう、隠そうとするのはもっと難しい。
なるべく相手を傷つけずに、こちらの主張を通そうとする日本人の顔色は、
もやもやしていることが多いのではないだろうか。

そこの『もやん』とした感じをちょうどよく共感させてもらえる。

強くない人間が強くあろうとする。
強くあろうとする人間が、強くなれずに地団駄を踏む。

そんな滑稽ながら、哀愁漂う優しい舞台。

気持ちよく観れた前提で
あえて楊枝で重箱の隅をつつくような事を言えば、
安定しすぎてドキドキしない、という点はあげられる。

若手劇団にある破天荒なエネルギー、
爆発力に欠けるとでも言えばいいだろうか。

一箇所ぐらいは、
自分のメソッドを完全否定するような遊びがあってもいいような気がする。


とはいえあくまで面白かった上での欲の話。
次回にも期待大。
悪趣味

悪趣味

柿喰う客

シアタートラム(東京都)

2009/09/04 (金) ~ 2009/09/13 (日)公演終了

満足度★★★

普通
観る前に受けた印象よりも普通だった。

もっと破天荒なことをするものかと思っていたので。

とはいえあくまでそれは高いレベルの上でのお話。
楽しく、ときにはぞくりと、何より低い敷居で安心して見させてもらえた。

メッセージ性が薄いようにも思われたが、この劇団は別にそれでいいと思う。

このページのQRコードです。

拡大