真賀田シキの観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 51件中
陰謀の摩天楼にて

陰謀の摩天楼にて

カスタムプロジェクト

調布市せんがわ劇場(東京都)

2019/08/10 (土) ~ 2019/08/12 (月)公演終了

満足度★★★★★

金田一少年の事件簿的なミステリーの演劇です。

犯人は比較的最初から検討はついたが、シンキングタイムの前の説明で・・・もぐもぐ・・・。
いい意味で裏切られ、とても満足度が高い。

Cinderella-シンデレラ-

Cinderella-シンデレラ-

劇団TremendousCircus

シアターシャイン(東京都)

2019/05/08 (水) ~ 2019/05/14 (火)公演終了

満足度★★★★★

この劇団は必ず観劇しています。今回で3回目の観劇。
この劇団の特色はゴスロリをまとった演劇ですが、
それだけではなく、情熱を強く感じる演技、見事な脚本も魅力です。
受付・物販、観劇の仕方の説明なども非常に丁寧で、関心しました。

シンデレラの衣装が4種あり、どれもカッコよかったです。

ネタバレBOX

前の作品の小道具を使用しているのを見つけて、これ知ってるwとニヤニヤしてしまいました。

劇場の2階に上がる階段に飾ってあった幕・・・青髭
シンデレラが持っていた本・・・雪白姫
大きな黒い羽根でできた翼・・・雪白姫
大きな包丁・・・雪白姫

個人的には、上演時間が2時間15分はちょっと長かったかな。
90分~120分ぐらいがちょうどいい。
マザーテレサ

マザーテレサ

赤い猫

ステージカフェ下北沢亭(東京都)

2019/04/10 (水) ~ 2019/04/14 (日)公演終了

満足度★★★★★

金曜日の14時を観劇。平日の昼なのに満席だった。

ストーリーに無駄がなく、すっきりとしており(もやもやや人の解釈次第的なことが無い)、80分と尺も短め、全体的に非常に綺麗なでき。
また、スタッフの説明の丁寧さ、ドリンク用のフォルダがイスに設置されていることなど演劇そのもの以外も満足であった。

ネタバレBOX

突出した演技力の演者はいなかった。
スロウハイツの神様

スロウハイツの神様

演劇集団キャラメルボックス

サンシャイン劇場(東京都)

2019/03/22 (金) ~ 2019/03/31 (日)公演終了

満足度★★★★

2時間15分と長めでしたが、非常にテンポよく、内容も密度が濃かったです。
また、演者さんも全体的に演技力も高く、完成度が高い。

ただ、長い尺のため間に休憩が欲しかった。

ルーラースケーラー

ルーラースケーラー

劇団 夢神楽

ザ・ポケット(東京都)

2019/03/20 (水) ~ 2019/03/24 (日)公演終了

満足度★★★★★

長めの尺ではありますが、非常に密度の濃い考えられた構成。
フライヤーを見ると、演者さんが多い印象でしたが、この密度であれば納得です。

『アイイジョウ』

『アイイジョウ』

トレジャーオブミュージック 若林佑真

劇場MOMO(東京都)

2019/03/13 (水) ~ 2019/03/17 (日)公演終了

満足度★★★★★

全般的に演技力も高く、シナリオもアップダウンあり、とても観やすい演劇です。
90分という時間も個人的に最後まで集中して観れた要因。

田名瀬さんのネガティブな感情の表現が今回も素晴らしかったです。

また、受付や誘導、事前説明などのスタッフさんの丁寧も非常に丁寧で好感を得て
最初から最後まで(隅から隅まで)来てよかったと思えた演劇でした。

ネタバレBOX

主人公を中心としたいくつもの愛情関係を描くの主ストーリー。

A:主人公(女性)× 親友(女性)
B:主人公(女性)× 元カノ
C:主人公(女性)× バンド仲間
D:親友(女性)× 彼氏

並べて書くと結構複雑な印象だが意外とスッキリまとまってたシナリオでした。
個人的にDをもう少し深くしてほしかった。
透明に塗り潰された梟

透明に塗り潰された梟

山脇辰哉と橋本美優のふたり芝居

スタジオ空洞(東京都)

2019/02/22 (金) ~ 2019/02/24 (日)公演終了

満足度★★★★

パイプ椅子のみのシンプルな舞台、演者も2人でシンプル。
BGMもほとんどない中
2人の熱演は素晴らしい。

ネタバレBOX

場面の切り替え時に、何か演出がほしかった
頭30分は場面と登場人物の整理が追いつかなかった
東京を待ちながら

東京を待ちながら

劇団ヤリイカの会

新宿文化センター(東京都)

2019/02/11 (月) ~ 2019/02/11 (月)公演終了

満足度★★★★★

東京に行きたいが迷いがある人達が、順々に電車に乗りこみ
何気ない会話から、自身の抱えるているものを見詰め直し、降りるのか留まるのかを決めていく。

上演時間1時間と少し、演者が少人数、シンプルな会話劇。私好みです。

初めは、抽象的なシナリオなのかなと感じましたが
本作は抽象的というよりも、見ている側もそれぞれの登場人物の気持ちになり、一緒に考えてしまう、新しい感覚であった。

残響

残響

劇団フェルマータ

ザムザ阿佐谷(東京都)

2019/01/26 (土) ~ 2019/01/27 (日)公演終了

満足度★★★

劇場の雰囲気に合わせたかのような時代背景(明治?大正?)の演劇でした。舞台セットも良かった。

ネタバレBOX

つた役の方としょう役の方の演技が個人的に好みでした。

男性3人のセリフの抑揚が似ており、段々と単調に聞こえてきた。
キャラは被ってはいないので、抑揚を変えたほうがいい気がします。
アラサー魔法少女の社畜生活

アラサー魔法少女の社畜生活

森山智仁プロデュース公演

萬劇場(東京都)

2019/01/11 (金) ~ 2019/01/14 (月)公演終了

満足度★★★★★

魔法少女はタクシーで登場します!

スズメバチの駆除業者と同じように(?)
街中に現れるモンスターを倒す魔法少女派遣会社で働くアラサーの魔法少女(魔法系女子)の話。

コメディ、魔法少女、現実性のそれぞれの要素が丁度よく、
現実に魔法少女という職業があると、こうなりそうと感じた。面白かった。

個人的に、モンスター役の演技が好きです。

ネタバレBOX

渡されるフライヤーが、本公演のクリアファイルに入ってて、かさばらず良かった。
深沢ハイツ302~もう一つのニュートンの林檎~

深沢ハイツ302~もう一つのニュートンの林檎~

Sun-mallstudio produce

サンモールスタジオ(東京都)

2019/01/05 (土) ~ 2019/01/09 (水)公演終了

満足度★★★★

田名瀬さんは相変わらず、いい演技をします。
前回、前々回の白熱した演技とはまた異なるが、今回は理知的な数学者役を見事に演じられてた。

法王庁の避妊法【「 」→〇.】

法王庁の避妊法【「 」→〇.】

「 」→〇.

山王FOREST 大森theater スタジオ&小劇場(東京都)

2018/12/28 (金) ~ 2018/12/30 (日)公演終了

満足度★★★★★

Bチームを観劇。

130分と比較的長い、上演時間でしたが
ストーリー自体も面白く、コミカルな場面、シリアスな場面が織り交ぜられ、あっという間でした。
それぞれの役も、突出しない程度の個性があったのも良かったです。

演者さんは全員レベルが高かったが
中でも、来栖梨紗さん、真辺彩加さんは素晴らしかった。

事務的であることが多い、開始前の事前注意事項等の説明が非常に丁寧でした。
こういった演技以外のところに気を使える劇団は、また観劇したくなる。

財産没収

財産没収

サファリ・P

こまばアゴラ劇場(東京都)

2018/12/20 (木) ~ 2018/12/23 (日)公演終了

満足度★★★★

私好みの少人数で濃密な演劇でした。上演時間40分というのも集中できてよかった。

3人とも演技力が高く見応えあり、中でも佐々木さんの演技は見もの。

灰から灰へ

灰から灰へ

池の下

要町アトリエ第七秘密基地(東京都)

2018/12/14 (金) ~ 2018/12/16 (日)公演終了

満足度★★★★

演者2人のみの少人数の会話劇。私好みのです。
また、2人とも演技力が高く魅入ります。

ネタバレBOX

微妙に噛み合わない断片的な会話が続き、ちょっと疲れました。
悪食娘コンチータ

悪食娘コンチータ

劇団ブリオッシュ

カメリアホール(東京都)

2018/12/08 (土) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

満足度★★★★

バニカ役が時を重ねるに連れて、順々に3人交代する演出が良かった。

梟倶楽部

梟倶楽部

Pカンパニー

西池袋・スタジオP(東京都)

2018/11/28 (水) ~ 2018/12/02 (日)公演終了

満足度★★★★

池袋にある梟倶楽部という秘密クラブ的な場所で、
書物を後世に伝えるため毎回テーマを決め、演じる。今回は江戸川乱歩がテーマ。

舞台セットも衣装も黒一色、また、演者さんのレベルも全員高く、江戸川乱歩のディープな世界観を見事に表現していた。

劇場の空調が効きすぎて、暑かったのが残念。

こっちとそっち

こっちとそっち

劇団時間制作

萬劇場(東京都)

2018/11/14 (水) ~ 2018/11/25 (日)公演終了

満足度★★★★★

9月の公演の白紙の目次で、時間制作さんのファンになり本作も観劇。

大まかなストーリーは、地域差別の負の連鎖。

舞台上にアパートの3部屋+大家の部屋が造られており
場面場面でスポットライトが照らされ、その部屋のストーリが進んでいく。
照らされていない場面の演者は掃けることなく
気も抜かず、無音で演技をしているのは感心した。

印象に残った演者さんは、田名瀬さん。
白紙の目次の熱演も素晴らしかったが、今回の高校生役も鬼気迫った熱演でした。

あとは、高橋明日香さん。

この二人の演技が、本作の素晴らしさの礎だと感じた。

他の方が書いていましたが、舞台セットがすごい。ドリフ大爆笑の舞台のレベル(誉め言葉です)。
今まで観劇してきた、演劇で一番の作りこみだった。

ネタバレBOX

4つのショートストーリーが地域差別を織り交ぜ同時進行していく。
主軸と思われる大家一家のストーリーが、他よりも深いものの、もう少し深さが欲しかった。

前作は、ミステリー寄り、本作は、ノンフィクションよりでジャンルが違うので比較するのはお門違いかもしれないが
白紙の目次も似た構成で、主軸がもっと深く、ドラマ性があった。
十一月新派特別公演 犬神家の一族

十一月新派特別公演 犬神家の一族

松竹

新橋演舞場(東京都)

2018/11/14 (水) ~ 2018/11/25 (日)公演終了

満足度★★★

名前や概要は知っているもののが、実は観たことがないことに気付いたため観劇。

何だろう、演者の熱を感じなかった。
新橋演舞場という大舞台で、距離があったせいなのか。

Letter later

Letter later

skプロデュース

アトリエファンファーレ高円寺(東京都)

2018/11/08 (木) ~ 2018/11/11 (日)公演終了

満足度

自分が何者かわからなくなった少女を犬と名乗るものが導く。
3つのストーリーが進行し、それを観察し、やがて記憶を取り戻す。

70分の演劇でしたが、ラストまでは、もう少し時間を掛けグラデーションしたほうが良かったと思います。

ネタバレBOX

火事で亡くなった少女が、飼い犬に導かれ、家族の様子を見せられ、段々と記憶を呼び起こすのが大まかなストーリー。

その家族の様子だが、ネガティブというか不幸・・・。
姉は、彼氏の借金を肩代わりし、バイトに精を出す。彼氏は彼女の友達とくっつく様子だったが、ご破算に。
兄は、好きになった女性とようやく付き合えたと思えたら、思い込みで実際はストーカーまがいの行為をしていた。
両親は、父親の親の介護、そして亡くなる。

これらを少女は見て、自分が何者なのかを思い出し、
あぁ家族です。この人たちは私の家族です。姉です。兄です。両親です。
私は火事で亡くなりました。あの火事は誰のせいでもありません。
最終的に私は、家族の皆の元に生まれて幸せでした。と締めくくる。
・・・????となった。

しかも、少女が手紙を読み上げるシーンで、
亡くなった祖父が暗転して退場するときに、おれここにいるよ?とコミカルに手を振っていたのは更にしらけさせた。

私の理解が足りないのかと思い、台本を買おうと思ったが2000円もした。
「コーヒーが冷めないうちに」

「コーヒーが冷めないうちに」

川口プロヂュース

萬劇場(東京都)

2018/10/30 (火) ~ 2018/11/04 (日)公演終了

満足度★★★★

45分前に受付開始と書いてあったため、調度45分前に到着しましたが、すでに20人以上並んでいました。

喫茶店の中で起こるショートストーリーが綺麗に織り交ぜられ、時間も1時間40分と短く、サクッと見れました。
原作も面白そうなので、読んでみたいです。

印象に残った演者さんは、上村愛さん。
淡々としながらも情に溢れた演技は、非常にカッコよさを感じ、頭一つ抜けた演技力でした。

ネタバレBOX

4つのストーリーが1つにまとめられているため、1つの1つのストーリーが浅い印象です。

このページのQRコードです。

拡大