Naokiの観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 72件中
時空捜査局ランティア

時空捜査局ランティア

時空捜査局ランティア実行委員会

新宿シアターモリエール(東京都)

2020/02/05 (水) ~ 2020/02/09 (日)公演終了

満足度★★★

登場人物多くて時空間をワープするので、話についていくのが大変だった
若干学芸会的、殺陣はスターウォーズもどき
殺陣の巧拙は個人差が激しかった
プロジェクターには見るべきものがあった
演技が記憶に残ったのはゼータ役の木下雄介(歌唱も)、あとはカペラ役の未依だったかな

「あなたの」「明日見た笑顔」

「あなたの」「明日見た笑顔」

しみくれ

阿佐ヶ谷アルシェ(東京都)

2019/09/18 (水) ~ 2019/09/22 (日)公演終了

満足度★★★★★

演劇人らしいストーリーかな
3つにわけられた舞台を上手く使ったテンポの良い舞台転換
またそれを支えるライティングが絶妙だった
出入口の「枠」が効果的だった
キャストはライトが当たらないところでしっかり表情作って演技してた
たかしと誠司の絡みが気に入った

インドの神の物語 三部作連続上演!

インドの神の物語 三部作連続上演!

カプセル兵団

ワーサルシアター(東京都)

2019/09/18 (水) ~ 2019/09/29 (日)公演終了

満足度★★★★

カプセル兵団の自由気ままさく裂
誰もが笑いを取ろうとする
純粋に楽しみたい方にお勧め

半ライスのタテマエ

半ライスのタテマエ

Sky Theater PROJECT

「劇」小劇場(東京都)

2019/09/11 (水) ~ 2019/09/17 (火)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/09/13 (金) 19:30

チラシが4種類あることに行くまで気付かなかった
まあ、その思いは伝わってきた
死にたくないし忘れられたくない人(自分も)必見
あのテンポでは流石に老ける暇はなかったかな・・・ちょっと残念

暴力先輩

暴力先輩

NICE STALKER

ザ・スズナリ(東京都)

2019/09/11 (水) ~ 2019/09/16 (月)公演終了

満足度★★★★

ポップなステージとは裏腹に、ちょっとひねった角度からみた、なかなか重たい内容である
4話が挿入されるが、第3話が特に気分が重くなった
姉妹とも(特に妹が)良かった
山田ちゃんが本当になりきっていて、私が色気があった
当初の予定よりだいぶ長くなったが、その分が余計だったのか、最後の10分余りが・・・

革命を起こすんだ

革命を起こすんだ

teamDugØut×マニンゲンプロジェクト

「劇」小劇場(東京都)

2019/09/03 (火) ~ 2019/09/08 (日)公演終了

満足度★★★★

意外なストーリーだったけど、いずれにせよ世代としては共感できる
しかし、昭和は遠くなりにけり、か
今回も最後の「絵」が素敵だった
町田さんの役者紹介新聞が面白すぎて、先入観持って観てしまったが、それぞれに力がこもっていた

人生のおまけ~Collateral Beauty~

人生のおまけ~Collateral Beauty~

演劇企画イロトリドリノハナ

シアターKASSAI(東京都)

2019/09/05 (木) ~ 2019/09/09 (月)公演終了

満足度★★★★★

人生のおまけを生きている人間にははなはだ気になる内容であった
ベテラン勢の演技が光った
スクリーンのタイミングと内容も良かった(耕平の衣装最高!)
茂、健斗、琢磨もいい味出てた
セットの稼動部分が実に上手く使われ、ふたつの場所での掛け合いが絶妙だった
また下手の外光が素晴らしかった
それにしても喫茶店とシャンソンは実に良く合う、出来れば最後は「セラヴィ」で終わってほしかった
ただ、内容からしてフォルクローレなどまじえればさらに良かったのではないかな

歌姫

歌姫

ことのはbox

中目黒キンケロ・シアター(東京都)

2019/09/05 (木) ~ 2019/09/08 (日)公演終了

満足度★★★★★

やはりここは間違いはない
毎回まったく異なった傾向のホンを扱いながら見事な世界を作っている
戦後のドサクサで記憶喪失になった男と彼を愛する女性のドタバタラブストーリーだが、これもひとつの人情溢れる非戦の訴えである
久し振りに自然に涙が流れているのに気付いた・・・沢山笑いながら(笑える箇所はたくさんある)
キャストの土佐弁ほぼ完璧(だと思う)
セットも良くできていた
まさかあれほど出入りする口があるとは
ポスターも巧妙に取り替えられていた
雷の効果も素晴らしかった
「脳みそ以外は絶好調じゃきに!」

ネタバレBOX

まさか鯖子がフラダンスを!
メリーとのデュオは最高
鈴が良く本当にオレンジジュース一気飲みしたな
出入りする口は6つあった
サイバーリベリオン

サイバーリベリオン

ジョーカーハウス

シアターKASSAI(東京都)

2019/08/31 (土) ~ 2019/09/02 (月)公演終了

満足度★★★

こういうジャンルが好きな人には楽しいかもしれない
かなりつぎはぎの印象
照明は見るべきものがあった

パラベルプルプリナ

パラベルプルプリナ

PINK DRUNK

シアターグリーン BOX in BOX THEATER(東京都)

2019/08/29 (木) ~ 2019/09/01 (日)公演終了

満足度★★★★★

多くの言葉はいらない
楽しかった、面白かった
パラレルワールドそれ自体もだが、マスコットが個性的女流画家だとか、妖怪を○○するとか、発想が飛んでた
適度な歌と踊りも良かった

夏休みの友たち

夏休みの友たち

ハグハグ共和国

萬劇場(東京都)

2019/08/28 (水) ~ 2019/09/01 (日)公演終了

満足度★★★★

歌や踊りもあって、パフォーマンスは一定以上のレベル、これがハグハグワールドなのかと思わせてくれた
ノスタルジーとメルヘンの世界にひたったけど、中間部でちょっとダレたのと最後が余計な付け足しに思えたのが残念
共感の度合いは年代によって異なるだろう

ENDLESS-挑戦!

ENDLESS-挑戦!

劇団銅鑼

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2019/08/27 (火) ~ 2019/09/01 (日)公演終了

満足度★★★★

趣旨には最初から賛同なのだが、後半まで共感はできなかった
災害時の人命救助を見守るシーンが印象に残った
ISO14001は取得よりも継続が難しいと言うことがどこまで伝わったろうか
セリフによる説明が多すぎたか
ちょっともたつき加減のキャストの中、馬渕真希の演技が気を引いた
さすがにスタッフはしっかりしていた

ナイゲン(2019年版)

ナイゲン(2019年版)

feblaboプロデュース

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2019/08/22 (木) ~ 2019/09/01 (日)公演終了

満足度★★★★★

何しろ狭いシアターミラクルだけに白熱した会話劇の醍醐味が味わえた
役者の個性が良く出ていたが、総じて元気があって「学園もの」に相応しく、期待をはるかに上回る面白さだった
不条理だらけの2時間10分が長くはなかった

肉体だもん・改

肉体だもん・改

劇団ドガドガプラス

浅草東洋館(浅草フランス座演芸場)(東京都)

2019/08/17 (土) ~ 2019/08/26 (月)公演終了

満足度★★★★★

正直エンタメ性を期待して行ったが、どっこいメッセージ性が強く、いろいろ考えさせられた
パンパンと言われてすぐにわかるのは私の世代までであろうが
これだけエンタメ色が濃いなかで押しつけがましくなく訴えるのはなかなかのものだと思った
最も気になった一語は「枠」(わく)
まあ、国とか民族とか組織とか人間とか
しかし究極のメッセージはやっとつかんだ平和の尊さ
これが時代を超えた普遍的なものだと改めて実感した
松山クミコの演技が圧倒的、なぜか30年以上前に観た吉田日出子の星の王子さまを思い出した
石井ひとみや石川美樹の演技も印象に残った
初参加だという那海が魅力的だった

瀬戸の花嫁 再再演

瀬戸の花嫁 再再演

ものづくり計画

ザ・ポケット(東京都)

2019/08/21 (水) ~ 2019/08/25 (日)公演終了

満足度★★★★★

瀬戸内海に浮かぶ小さな「戸美島」の島を挙げての婚活イベント物語
40年近く前の離島振興を担当した広島勤務時代、30年近く前の若者達の島おこしに関わった山口勤務時代が懐かしかった
スローモーション・シーンが印象に残った
2段階仕掛けの告白シーンの盛り上げが良かった
広島弁8割方出来てたかな
一美役の高橋みちの雰囲気やものの言い方(広島弁で)が、40年近く前の広島勤務時代通ったスタンド(スナック)のママにそっくりでビックリした

KAIDAN

KAIDAN

劇団カンタービレ

ウッディシアター中目黒(東京都)

2019/08/14 (水) ~ 2019/08/18 (日)公演終了

満足度★★★★★

元気いっぱいに悪霊退散してもらって、いいお盆明けができました
テンポ良く、パワフルな演技(特に女性陣)
ともかく楽しかった
実に巧みな舞台転換、仏壇の使い方が絶妙でした
さて、みんなが食べてたそうめん食べよ
開場前には氷おしぼり配布のサービス
暑さも一段落するかな?

丹青の新・牡丹灯籠

丹青の新・牡丹灯籠

深川とっくり座

江東区深川江戸資料館小劇場(東京都)

2019/08/16 (金) ~ 2019/08/18 (日)公演終了

満足度★★★

成仏できない幽霊も袖振り合うも他生の縁という、深川の地にふさわしい長屋の人情噺
昭和の夜8時台のバラエティ番組の涙と笑いのコメディドラマの匂いがした
夏の夜に下町のおとーさん、おかーさんとリラックスして楽しんだひと時

’72年のマトリョーシカ

’72年のマトリョーシカ

芝居屋風雷紡

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2019/08/14 (水) ~ 2019/08/18 (日)公演終了

満足度★★★★★

小学校卒業前にテレビにかじりついたあのあさま山荘事件を、人質の「家族関係」というスパイスを加えて過去にあった様々なドキュメンタリーとは違う視点から描き出した舞台
総括!
「お連れのない人、お~によ!」
みんな、マトリョーシカになりたくなかっただけなのかもしれない
あの距離で逃げ場のないシアターミラクルで直球勝負の演技
“八ヶ岳”(杉春芳)が自白を始めるシーンが印象的だった
小口警部補(高橋亮次)の優しさ、御子柴警部(柘植裕士)の無念さ、無骨さの対比も良かった
丁寧に警視庁と県警のカップヌードルを巡る確執の象徴までフォローしていたが・・・
祥野獣一が憎らしかった
ミニマム(下は細かかったが)のセットで巧みな舞台転換
スクリーンの活用も上手かった
事件を全く知らない若い世代が観に来ていて、彼らにはどう映るんだろうと訊いてみたかった

第一部『1961年:夜に昇る太陽』 第二部『1986年:メビウスの輪』 第三部『2011年:語られたがる言葉たち』

第一部『1961年:夜に昇る太陽』 第二部『1986年:メビウスの輪』 第三部『2011年:語られたがる言葉たち』

DULL-COLORED POP

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

2019/08/08 (木) ~ 2019/08/28 (水)公演終了

満足度★★★★

原発問題を真っ向から扱っているのだが、その描き方はひとりの人間の強いられた(?)変節を通じてだ
それゆえかえって恐ろしく哀れでもある
「家族の一員」である「死せる」愛犬を狂言回しとしたところに妙味があった
「穂積」モモの百花亜希好演
今日心に残った台詞「人間は手に負えないことをする」(byモモ)
R.C.サクセションの「サマータイム・ブルース」による変化も意表を突かれた
観客の意識は高いと推察したが、トークディスカッションに残った比率は驚くほどで、その人たちの意識レベルはさらに高かった

第一部『1961年:夜に昇る太陽』 第二部『1986年:メビウスの輪』 第三部『2011年:語られたがる言葉たち』

第一部『1961年:夜に昇る太陽』 第二部『1986年:メビウスの輪』 第三部『2011年:語られたがる言葉たち』

DULL-COLORED POP

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

2019/08/08 (木) ~ 2019/08/28 (水)公演終了

満足度★★★★★

原発問題を真っ向から扱っているのだが、その描き方はひとりの人間の強いられた(?)変節を通じてだ
それゆえかえって恐ろしく哀れでもある
「家族の一員」である「死せる」愛犬を狂言回しとしたところに妙味があった
モモの百花亜希好演
今日心に残ったその台詞「人間は手に負えないことをする」
R.C.サクセションの「サマータイム・ブルース」による変化も意表を突かれた
観客の意識は高いと推察したが、トークディスカッションに残った比率は驚くほどで、その人たちの意識レベルはさらに高かった

このページのQRコードです。

拡大