zeezoの観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 498件中
そんなの俺の朝じゃない!~再び~

そんなの俺の朝じゃない!~再び~

ライオン・パーマ

シアターグリーン BOX in BOX THEATER(東京都)

2019/05/15 (水) ~ 2019/05/19 (日)公演終了

満足度★★★★

今まで拝見した作品の中では、笑いのパワーが抑え気味のように感じましたが、笑いのセンスはまたしてもツボに嵌りとても楽しめた舞台。流石です!

緑色のスカート

緑色のスカート

みどり人

新宿眼科画廊(東京都)

2018/06/29 (金) ~ 2018/07/03 (火)公演終了

満足度★★★★

「人間とその日常」を描く、“さいじょうゆき”女史率いる“みどり人”の今作は、
“恋愛”とテーマとし、“固定観念”に於ける人間関係が表現された秀作。
現実離れしていないストーリーに引き込まれた舞台でした。

コーラボトルベイビーズ

コーラボトルベイビーズ

第27班

駅前劇場(東京都)

2018/06/22 (金) ~ 2018/06/27 (水)公演終了

満足度★★★★

時間軸の異なる複数のストーリーを以って、全体のストーリーを構成する手法ですが、
それぞれのストーリーの関係性が徐々に解っていく創り方が巧い。
ドライブ(旅)のストーリーは無くとも、ドラマは成立するだろうが、
観終わってみればこのストーリーがいいスパイスになっていました!

ゲイシャパラソル

ゲイシャパラソル

あやめ十八番

座・高円寺1(東京都)

2018/06/09 (土) ~ 2018/06/17 (日)公演終了

満足度★★★★★

【紅】を観劇。
“あやめ十八番”は「江戸系 諏訪御寮」に次ぎ、本作がが二作目となりますが、
「江戸系・・」同様、登場人物・物語・音楽(唄)・踊り・演出等、それぞれが成分となり巧みに構成された舞台に惹きつけられました。
【墨】バージョンも観たいのですが、はたして・・・。

時代絵巻AsH 其ノ拾弐『白煉〜びゃくれん〜』

時代絵巻AsH 其ノ拾弐『白煉〜びゃくれん〜』

時代絵巻 AsH

シアターグリーン BOX in BOX THEATER(東京都)

2018/06/06 (水) ~ 2018/06/11 (月)公演終了

満足度★★★★

“保元・平治の乱”を題材とした本作。
いくつものドラマが絡み合いながら、ひとつのドラマが形成されるのですが、
ひとつひとつのドラマの創り方(見せ方)が巧みで、日本史に明るくない私でも引き込まれる舞台づくりが毎度心地良いのです。
前作『朱天』から出演されている、“後白河”役の“ぜん”氏、存在感ありましたね~。

あたみ殺人事件

あたみ殺人事件

獏天

Geki地下Liberty(東京都)

2018/05/29 (火) ~ 2018/06/03 (日)公演終了

満足度★★★★

【昭和残骸編】
「忠実な作品作りのノーマルバージョン」ということで、ほぼ原作通りですが、改めて台本を読むと、カットされた台詞(シーン)があったようですね。
“つか氏”演出の同作品は観たことが無いので比べようがないのですが、確りと“イデカラー”に仕上がっていたのは流石です。

あたみ殺人事件

あたみ殺人事件

獏天

Geki地下Liberty(東京都)

2018/05/29 (火) ~ 2018/06/03 (日)公演終了

満足度★★★★

【アマゾネス編】
女性の強さを前面に出し、時代にマッチした台詞や演出にイデ氏らしさを感じられる仕上がりでしたが、もっと過激でもよかったかなと思うのは私だけでしょうか・・・。
何れにしても楽しめた舞台でした。

渇生

渇生

HIGHcolors

「劇」小劇場(東京都)

2018/04/25 (水) ~ 2018/04/30 (月)公演終了

満足度★★★★★

“HIGHcolors”は、『家族という名の鎖』に次いで本作で二作目の観劇になりますが、
リアリティーある脚本・演出、それを体現する役者さん達によって惹きつけられる舞台が魅力。
いい作品です。

~ラビット番長ノワール短編集~

~ラビット番長ノワール短編集~

ラビット番長

シアターグリーン BOX in BOX THEATER(東京都)

2018/04/25 (水) ~ 2018/04/29 (日)公演終了

満足度★★★★

『RS』『パンジーな乙女達』を観劇しました。
それぞれテイストは違うが、創り方に工夫がありどちらも面白かった。
殊に、『パンジーな乙女達』は短編ながら作品としてのメッセージ深く、とても良く出来ていたと思います。長編のバージョンを観てみたいですね~。。。

FAMILY 2

FAMILY 2

ヒューマン・マーケット

ウエストエンドスタジオ(東京都)

2018/04/24 (火) ~ 2018/04/30 (月)公演終了

満足度★★★★

登場人物の造形・演出、そしてそれを演ずる役者さん達の好演が素晴らしい!
ストーリー的に少々でき過ぎな感があるものの、創り方が巧みで、“笑い・感動・涙あり”のとても楽しい作品でした。

青春超特急

青春超特急

20歳の国

サンモールスタジオ(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/29 (日)公演終了

満足度★★★★

“20歳の国”初観劇になります。
全編を通し、捻りや小細工のない物語が潔く、「これが青春!」といった作り方が魅力的な作品、とても楽しめました。
「解散はしません。改名もしません。でも、卒業します。」とありますので、
新たな世界を模索していくための一区切りなのでしょう・・・。

春の花びら3回転!!

春の花びら3回転!!

チームまん○(まんまる)

シアターKASSAI(東京都)

2018/04/11 (水) ~ 2018/04/15 (日)公演終了

満足度★★★★

“チームまん〇”初観劇になります。
下ネタに節度があり、お話も真面目な内容でしたが三作品とも面白く仕上がっており、とても楽しめました。“下ネタ全開”を期待すると物足りないかもしれません(笑)。

修多羅簪(しゅたらかんざし)

修多羅簪(しゅたらかんざし)

「ざ☆くりもん」

シアターグリーン BOX in BOX THEATER(東京都)

2018/04/04 (水) ~ 2018/04/08 (日)公演終了

満足度★★★★★

「ざ☆くりもん」は初観劇で、“約チーム”を観劇。
本作は“Alii Dance Studio”とのコラボとのこともあり、ダンスがキレキレで凄くそれだけでも見応えありますが、笑いを織り交ぜながら展開していく物語も素敵でとても楽しめた舞台でした。

ネタバレBOX

すべて終演と思ったところからの演出がなかなかよくて、何か“得した気分”になりました。
漂流

漂流

HitoYasuMi

ワーサルシアター(東京都)

2018/03/28 (水) ~ 2018/04/01 (日)公演終了

満足度★★★★

“HitoYasuMi”は初観劇になります。
無人島への漂着(漂流)物は小説(映画)や演劇の題材としてよく取り上げられますが、
本作、ストーリーも登場人物の造形もよく出来ており、また役者の好演も相まって見応えがありました。
ただ、素直すぎるというか捻りが足りないというか・・・、ミステリー&サスペンスの色合いが濃いほうが私の好み。

小栗上野介忠順

小栗上野介忠順

劇団め組

劇場MOMO(東京都)

2018/03/28 (水) ~ 2018/04/01 (日)公演終了

満足度★★★★★

〔Aチーム〕を観劇。
小栗上野介忠順、さらには彼に纏わる人物の描き方が秀逸で予備知識のない方でも物語はわかりやすく、どんな方が観ても感動し惹き込まれる場面が多々あるのではないでしょうか。
「同じ民族、敵味方もなく、全ては日本のために・・・」、そんな小栗の心の声が聞こえてくる。

Alpha+

Alpha+

gravity

CBGKシブゲキ!!(東京都)

2018/03/24 (土) ~ 2018/03/25 (日)公演終了

満足度★★★★

久々のライブは、お初の“gravity”。大人の女を前面に出した舞台構成がグッド!。若い娘達の取り込み方もなかなか上手いし、ゲストの存在感も充分にあり、途中15分の休憩を挟みアンコールを含め約2時間50分の「女祭2018」とても楽しめました。

ロミオとジュリエット=断罪

ロミオとジュリエット=断罪

クリム=カルム

スタジオ空洞(東京都)

2018/03/20 (火) ~ 2018/03/25 (日)公演終了

満足度★★★

そういう演出なのでしょうが、全編を通して囁くような台詞が多く、そのほとんどが聞き取れなかったのが残念で勿体無い。台詞の全てを聞き取れたのはエスカラスだけでした。。。

廃墟

廃墟

演劇ユニット ハツビロコウ

シアターシャイン(東京都)

2018/03/13 (火) ~ 2018/03/21 (水)公演終了

満足度★★★★

三好十郎の作品は初観劇ですが、“ハツビロコウ”の素晴らしい舞台に、氏の他の作品も観てみたいと思いました。

秘密公表機関

秘密公表機関

劇団あおきりみかん

シアターグリーン BOX in BOX THEATER(東京都)

2018/03/16 (金) ~ 2018/03/18 (日)公演終了

満足度★★★★

“ネオ・オムニバスストーリー”、面白いつくり方でとても楽しめました。
ストーリーそれぞれの繋がりや、二転三転するストーリーに減少中の我が脳に喝をいれ舞台に集中(笑)。独特な雰囲気がいいですね~。。。

転生の夢

転生の夢

劇団キンダースペース

シアターX(カイ)(東京都)

2018/02/28 (水) ~ 2018/03/04 (日)公演終了

満足度★★★★

とても興味深くみさせていただきました。
よき理解者である妻の存在。そして“ヘルン語(?)”での夫婦のやりとりが印象的。

このページのQRコードです。

拡大