動画一覧(TOKYOハンバーグ : 全て)

1-10件 / 23件中

TOKYOハンバーグProduce Vol,23 ~永田涼香のひとり芝居~ 『枳殻の容』

作品紹介

TOKYOハンバーグProduce Vol,23
~永田涼香のひとり芝居~

『枳殻の容』

作・演出/大西弘記
2018年8月2日(木)~5日(日)
@下北沢 小劇場 楽園

出演/永田涼香

■作品散文詩
『生きている』と彼は朝起きた時に思うと言っていた。
『今日も一日生きたと』と彼は寝る前に思うと言っていた。
当たり前だった日常がなくなり、初めて在ったものの有難さを知ったと。
高揚感も無力感も優越感も喪失感も、過去のそれらを今とても思い出すと。

そんな彼の傍で
私は彼が生きていることと
彼がいなくなることを考えている。

私が彼に出来ること、それは笑顔で隣にいることだけだった。
彼が私にしてくれること、それは弱音を吐かずにいてくれることと
その日がやってくるまで精一杯に生きることだった。

そして私のこれからは。

~~~~~~~

僕には高校の3年間を共にした親友がいた。名前は関本恒一。大阪出身で四日市中央工業高等学校サッカー部33期のキャプテンだった。1997年の卒業後はJリーグのサガン鳥栖で6年間プレーをした。自分も抱いた夢であるプロのサッカー選手になって活躍するのが凄く嬉しかった。試合も観戦に行った。負けた日は何故だかごめんと言っていた。僕の創る演劇も観に来てくれた。終演後の彼の健やかな表情を今でも覚えている。プロを引退して指導者の道へ進み、2013年にFC伊勢志摩で現役に復帰した。僕の地元のJリーグを目指すチームだ。然し、2014年8月に骨肉腫が見つかり入院。2016年1月23日の夜、彼は天へと還ってしまった。36歳だった。

大西 弘記


■スタッフ
音源/清見雄高 舞台監督/小林大輔 舞台美術/大河原敦 照明/吉嗣敬介 音響/香田泉(零´sRecord) 宣伝美術・宣伝PV/martrie 宣伝写真・舞台写真/ありせさくら WEB宣伝/西谷竜太 制作協力/J-Stage Navi カンパニースタッフ/肥尾祥恵・相原奈保子・石原友武 企画・製作/TOKYOハンバーグ

■協力
龍前正夫舞台照明研究所 écru 喫茶ホットライン (株)いせソーラーシステム 宿 行政事務所

TOKYOハンバーグ+ The Stone Age ブライアント合同企画 Vol,3 『夜明け前、私たちは立ち上がる。』PV第2弾

作品紹介

TOKYOハンバーグ+The Stone Age ブライアント合同企画 Vol,3
サンモールスタジオ提携公演

『夜明け前、私たちは立ち上がる。』
~20年後の夏のはじまりも、この浜辺にウミガメが帰ってこれるようにせなあかん。~

作=鮒田直也(The Stone Age)
演出=大西弘記(TOKYOハンバーグ)
公会場/新宿サンモールスタジオ
公期間:2018年5月16日~20日


--------------
1994年3月21日(月・祝)春分の日
今日から毎日日記をつけることに決めた。
伊藤直美。
ありふれた平凡すぎる私の名前。
伊藤姓は三重で一番多いし、
直美という名前も1970年生まれの女の子で一番多いらしい。
ひょっとしたら24年間つけとった平凡な名前にさよならできるかも知れん。
今日、浦島さんから私と付き合いたいって言われた。
信じられんかった。
彼との未来を想像したらめっちゃ嬉しくなる!
ほやけどちょっと心配なんは、
彼が原発の安全神話を口にしていたこと。

~標的にされた小さな港町~
ウミガメが卵を産み落とすために上陸する美しい海岸ー三重県・芦浜海岸。
この芦浜海岸に原発計画が持ち上がったのは、1963年(昭和38年)。
以降、2000年の白紙撤回まで37年間に渡って原発推進派と反対派の長い長い闘争が続いた。
原発計画によって、鮮明になっていく人間の覚悟とあきらめ。
港町で生まれ育った一人の女性の視点を通して、劣勢だった反対派住民たちの分岐点になった“1994年の覚悟”を描く。

■出演
永田涼香(TOKYOハンバーグ)
小林大輔(TOKYOハンバーグ)
内谷正文(FRANK AGE company)
橘麦(e-factory)
谷沢龍馬(スタッフ・ワン)
徳永梓(ecru)
荻野貴継
吉田由布子((同)現代)
竹井京子
野村咲
上田尋
高須誠
宇鉄菊三(tsumazuki no ishi)

■スタッフ
音楽/清見雄高 舞台監督・舞台美術/大河原敦 照明/長沢宏朗 音響/香田泉(零´sRecord) 宣伝美術・宣伝PV/martrie イラストレーション/さいとうりえ 宣伝写真・舞台写真/ありせさくら WEB宣伝/西谷竜太 制作/J-Stage Navi(島田敦子・早川あゆ) カンパニースタッフ/石原友武・相原奈保子・肥尾祥恵 企画・製作/TOKYOハンバーグ

TOKYOハンバーグ+ The Stone Age ブライアント合同企画 Vol,3 『夜明け前、私たちは立ち上がる。』

作品紹介

TOKYOハンバーグ+The Stone Age ブライアント合同企画 Vol,3
サンモールスタジオ提携公演

『夜明け前、私たちは立ち上がる。』
~20年後の夏のはじまりも、この浜辺にウミガメが帰ってこれるようにせなあかん。~

作=鮒田直也(The Stone Age)
演出=大西弘記(TOKYOハンバーグ)
公会場/新宿サンモールスタジオ
公期間:2018年5月16日~20日


--------------
1994年3月21日(月・祝)春分の日
今日から毎日日記をつけることに決めた。
伊藤直美。
ありふれた平凡すぎる私の名前。
伊藤姓は三重で一番多いし、
直美という名前も1970年生まれの女の子で一番多いらしい。
ひょっとしたら24年間つけとった平凡な名前にさよならできるかも知れん。
今日、浦島さんから私と付き合いたいって言われた。
信じられんかった。
彼との未来を想像したらめっちゃ嬉しくなる!
ほやけどちょっと心配なんは、
彼が原発の安全神話を口にしていたこと。

~標的にされた小さな港町~
ウミガメが卵を産み落とすために上陸する美しい海岸ー三重県・芦浜海岸。
この芦浜海岸に原発計画が持ち上がったのは、1963年(昭和38年)。
以降、2000年の白紙撤回まで37年間に渡って原発推進派と反対派の長い長い闘争が続いた。
原発計画によって、鮮明になっていく人間の覚悟とあきらめ。
港町で生まれ育った一人の女性の視点を通して、劣勢だった反対派住民たちの分岐点になった“1994年の覚悟”を描く。

■出演
永田涼香(TOKYOハンバーグ)
小林大輔(TOKYOハンバーグ)
内谷正文(FRANK AGE company)
橘麦(e-factory)
谷沢龍馬(スタッフ・ワン)
徳永梓(ecru)
荻野貴継
吉田由布子((同)現代)
竹井京子
野村咲
上田尋
高須誠
宇鉄菊三(tsumazuki no ishi)

■スタッフ
音楽/清見雄高 舞台監督・舞台美術/大河原敦 照明/長沢宏朗 音響/香田泉(零´sRecord) 宣伝美術・宣伝PV/martrie イラストレーション/さいとうりえ 宣伝写真・舞台写真/ありせさくら WEB宣伝/西谷竜太 制作/J-Stage Navi(島田敦子・早川あゆ) カンパニースタッフ/石原友武・相原奈保子・肥尾祥恵 企画・製作/TOKYOハンバーグ

しゃぼん玉の欠片を眺めて

作品紹介

TOKYOハンバーグProduce Vol,22
サンモールスタジオ提携公演

『しゃぼん玉の欠片を眺めて』

作・演出/大西弘記(TOKYOハンバーグ)
期間/10月25日~11月7日 全22ステージ
会場/新宿サンモールスタジオ

▶▶予約ページ
https://ticket.corich.jp/apply/86184/001/

PV第一弾
https://www.youtube.com/watch?v=zTFMzOHuZg0&feature=youtu.be

■キャスト
三田村周三(三田村組)
永田涼香 山本由奈 小林大輔(以上TOKYOハンバーグ)
内谷正文(FRANK AGE company) 宇鉄菊三(tsumazuki no ishi) 
モリタモリオ 小林あや 徳永梓(écru) 大内彩加(officePORT)
ムラナカユカ 柑咲まい 三浦拓也(三木プロダクション) 
上田尋 丸尾聡(世の中と演劇するオフィスプロジェクトM)

■作品散文詩
若い夫婦が家を建てて暮らし始めた。
毎日を忙しなく過ごし、時が流れ、やがて親となり、子供と飛ばしたしゃぼん玉。
屋根まで飛んで、こわれて消えた。

中年の夫婦が家といっしょに呼吸する。
毎日がのんびりとなって、さらに時が流れ、たまに遊びに来る孫が飛ばすしゃぼん玉。
屋根まで飛んで、こわれて消えた。

一人ぼっちの年老いた男が家と生きる。
毎日は針が止まった時計のようで、静かに時は流れ、一人で飛ばすしゃぼん玉。
飛ばずに消えた、こわれて消えた。


■日程
10月
25日(水)19:00★
26日(木)14:00★ 19:00★
27日(金)14:00★
28日(土)13:00 18:00
29日(日)13:00 18:00 
30日(月)19:00   
31日(火)14:00 19:00
11月
1日(水)14:00 
2日(木)14:00 19:00
3日(祝)13:00 18:00
4日(土)13:00 18:00
5日(日)13:00 
6日(月)14:00 19:00
7日(火)14:00 
★の部はハンバーグ割引
※未就学児童の入場はご遠慮ください。
※受付開始・開場は開演の30分前
※開演時間を過ぎてからのご来場はご指定のお席にご案内できない場合がございます。

■チケット発売日
2017年9月7日(木)

■チケット料金
◆前売/4000円 当日/4200円 
◆ハンバーグ割引(★の部)
前売/3500円 当日/3800円
◆学生割/2500円(高校生以下)※要証明書

■スタッフ
音楽/清見雄高 舞台監督・舞台美術/大河原敦 照明/吉嗣敬介 音響/香田泉(零´sRecord) 宣伝美術・宣伝PV/martrie イラストレーション/さいとうりえ 宣伝写真・舞台写真/ありせさくら WEB宣伝/西谷竜太 制作/J-Stage Navi(島田敦子・早川あゆ) カンパニースタッフ/石原友武・相原奈保子・肥尾祥恵 企画・製作/TOKYOハンバーグ

■協力
龍前正夫舞台照明研究所 三田村組 FRANK AGE company tsumazuki no ishi écru officePORT 三木プロダクション 世の中と演劇するオフィスプロジェクトM 乳幼児教室ハッピールーム 宿 行政事務所   ※順不同

■劇場
新宿サンモールスタジオ(丸ノ内線 新宿御苑前駅大木戸門出口より徒歩5分) 
東京都新宿区新宿1-19-10 サンモール第3M-8F(事務所) B1(劇場)
TEL 03-5367-5622(事務所) 03-3350-0335(劇場ロビー) FAX 03-3355-4390

■TOKYOハンバーグ公式サイト
http://tokyohamburg.com/

■Twitter
https://twitter.com/tokyohumburg?lang=ja

TOKYOハンバーグ Produce Vol.21 「KUDAN」 PV 第二弾

作品紹介

春の劇場01 日本劇作家協会プログラム
TOKYOハンバーグProduce Vol,21

KUDAN

作・演出/大西弘記
4月12日(水)~16日(日)
@座・高円寺1
4月22日(土)~23日(日)
@シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢 大ホール
(伊勢市観光文化会館)


被爆した牛たちは逃げた。何も知らない、わからない。
ただ、彼らの本能が人間たちから逃げることを選び、辿り着いたのは小さな森だった。
そして、そこに暮らし始めた。更なる放射能汚染など知る由もなく、食べる物も選ばなくなり、もう、牛肉として出荷されることも乳牛を迫られる事もない。ある意味、牛たちにとっては幸せで、ありのままの姿だったのかもしれない。
ある牝牛が新しい生命を身籠っていた。
他の牛たちは小さな仲間の誕生を心から待っていた。
しかし、牛から生まれたのは牛の子ではなく…
人間の子だった。

【件】
件(くだん)は、古くから日本各地で知られる妖怪。「件」の文字通り、半人半牛の姿をした怪物として知られている。その姿は、古くは牛の体と人間の顔の怪物であるとするが、第二次世界大戦ごろから人間の体と牛の頭部を持つとする説も現れた。幕末頃に最も広まった伝承では、牛から生まれ、人間の言葉を話すとされている。生まれて数日で死ぬが、その間に作物の豊凶や流行病、旱魃、戦争など重大なことに関して様々な予言をし、それは間違いなく起こる、とされている。別の伝承では、必ず当たる予言をするが予言してたちどころに死ぬ、とする話もある。また歴史に残る大凶事の前兆として生まれ、数々の予言をし、凶事が終われば死ぬ、とする説もある。

■キャスト■
山本由奈 永田涼香 三枝悠平 小林大輔(以上TOKYOハンバーグ) 
上田尋 内谷正文(Frank Age Company)  宇鉄菊三(tsumazuki no ishi)  大内彩加(officePORT)  甲津拓平(流山児★事務所) 小林英樹 小山貴司 小山友香里(テアトル・エコー)  阪本篤(温泉ドラゴン)  白石花子(劇団民藝)  スニョン(劇団俳協) 鷹野梨恵子(無名塾)  谷沢龍馬(スタッフ・ワン)  友澤宗秋 鳥越さやか(ZINGY ZAP Enterprises)  中込俊太郎(ULPS) 中村榮美子(少年王者舘)  服部有香里 藤原啓児(Studio Life)  β(ワハハ本舗)  星野真央(ALBA)  本多由佳 ムラナカユカ 森田匠(トラッシュマスターズ)  米田敬(トルチュ)  ※五十音順
※東京公演のみ 岩倉真彩
※伊勢公演のみ 今村英靖(劇団伊勢) 永田陽子(劇団伊勢)
※伊勢公演アンサンブル
天羽亜衣 岩城浩幸 近藤彩亜良 田端菜朝 西野詩音 西野菜奈子 湯下直明 以上劇団伊勢 ※五十音順
廣嶋りう(ZINGY ZAP Enterprises)  

■■■東京公演■■■@座・高円寺1
春の劇場01 日本劇作家協会プログラム


4月12日(水)19:00★
4月13日(木)14:00★◆/19:00
4月14日(金)14:00◆/19:00
4月15日(土)14:00◆/19:00
4月16日(日)14:00
★の部はハンバーグ割引 ◆の部は劇場にて託児サービスあり
※未就学児童の入場はご遠慮ください。
開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前。
http://ticket.corich.jp/apply/81051/ ...
↑東京公演のチケットご予約はこちらからどうぞ↑

■チケット料金■ 
・前売・当日/4000円
・ハンバーグ割引(★の部)前売・当日/3500円
・学生割/2500円(高校生以下)※要証明書

■座・高円寺1■
東京都杉並区高円寺北2-1-2
Phone: 03-3223-7500 FAX: 03-3223-7501
JR中央線「高円寺」駅 北口を出て徒歩5分
※駐車場はございません。お越しの際には公共交通機関をご利用ください。
※土日の中央線快速は高円寺駅に停車しませんのでご注意ください。

■後援■
杉並区

■提携■
NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺

■日本劇作家協会プログラム(東京公演)■
本公演は、杉並区とパートナーシップ協定を結ぶ日本劇作家協会が、会員応募作品より座・高円寺に推薦する『日本劇作家協会プログラム』です。

■■■三重県伊勢市凱旋公演■■■
@シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢 大ホール
(伊勢市観光文化会館)
■チケット料金■ ※2017年1月27日チケット発売
4月22日(土)18:00
4月23日(日)13:00
※未就学児童の入場はご遠慮ください。
開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前。
※三重公演での売り上げの一部は伊勢市社会福祉協議会に寄付します。
・前売・当日/3000円
・学生割/1500円(高校生以下)※要証明書
【三重県伊勢市凱旋公演スーパーサポーター 斉藤やす(伊勢安土桃山文化村)】
※三重公演での売り上げの一部は伊勢市社会福祉協議会に寄付します。

■三重公演チケット取扱い■
①J-Stage Navi
03-5912-0840(平日11:00~18:00)
http://www.j-stage-i.jp
②ローソンチケット ※チケット取り扱いのみ
0570-084-004(Lコード:42124)
0570-000-407(10:00~20:00)
http://l-tike.com
店頭販売Loppi
(24時間販売/ローソン・ミニストップ店頭)
③Confetti(カンフェティ) ※チケット取扱いのみ
http://confetti-web.com/
0120-240-540*通話料無料・オペレーター対応
(受付時間 平日10:00~18:00)
④伊勢市観光文化会館
窓口(9:00~21:00)
TEL:0596-28-5105
⑤TOKYOハンバーグ
090-5807-3966
E-mail info@tokyohamburg.com
HP http://tokyohamburg.com

■シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢 大ホール(伊勢市観光文化会館)■
三重県伊勢市岩渕1丁目13-15
Phone: 0596-28-5105
近鉄宇治山田駅徒歩1分
※館内有料駐車場37台(8:30~22:00)
※高さ制限:2.1m以下

■後援■
伊勢市 伊勢市教育委員会 いせ演劇鑑賞会 伊勢市社会福祉協議会
■協賛■
石川商工(株) 伊勢GIS協同組合 (株)いせソーラーシステム こびと自動車 宿 行政事務所 ソシエタ伊勢SC Team Hiyohime (有)ニライカナイ (有)ハーモニー hair salon Roots ホットライン 山五商事(株) (株)山口工業   ※五十音順

■スタッフ■
音楽/清見雄高 舞台監督・舞台美術/大河原敦 照明/吉嗣敬介 音響/香田泉(零´sRecord) 演出助手/光藤依里・友澤宗秋 宣伝美術・宣伝PV/martrie イラストレーション/さいとうりえ「simul」 宣伝写真・舞台写真/ありせさくら WEB宣伝/西谷竜太 振付/風戸蒔 歌唱指導/田中暁子 制作/J-Stage Navi(島田敦子・早川あゆ) カンパニースタッフ/石原友武・相原奈保子・肥尾祥恵 企画・製作/TOKYOハンバーグ

■協力■
H&Bシアター 龍前正夫舞台照明研究所 トルチュ tsumazuki no ishi Frank Age Company 流山児★事務所 温泉ドラゴン 劇団俳協 ディメンション トラッシュマスターズ ULPSZINGY ZAP Enterprises 無名塾 テアトル・エコー officePORT 少年王者舘
Studio Life 劇団伊勢 劇団民藝 ALBA 豪勢堂GLove ワハハ本舗 スタッフ・ワン (株)仕事 オフィスKR デモクラTV 乳幼児教室ハッピールーム 伊勢安土桃山文化村 日の出旅館 青木バス(株) ※順不同

TOKYOハンバーグ Produce Vol.21 「KUDAN」 PV 第一弾

作品紹介

春の劇場01 日本劇作家協会プログラム
TOKYOハンバーグProduce Vol,21

KUDAN

作・演出/大西弘記
4月12日(水)~16日(日)
@座・高円寺1
4月22日(土)~23日(日)
@シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢 大ホール
(伊勢市観光文化会館)


被爆した牛たちは逃げた。何も知らない、わからない。
ただ、彼らの本能が人間たちから逃げることを選び、辿り着いたのは小さな森だった。
そして、そこに暮らし始めた。更なる放射能汚染など知る由もなく、食べる物も選ばなくなり、もう、牛肉として出荷されることも乳牛を迫られる事もない。ある意味、牛たちにとっては幸せで、ありのままの姿だったのかもしれない。
ある牝牛が新しい生命を身籠っていた。
他の牛たちは小さな仲間の誕生を心から待っていた。
しかし、牛から生まれたのは牛の子ではなく…
人間の子だった。

【件】
件(くだん)は、古くから日本各地で知られる妖怪。「件」の文字通り、半人半牛の姿をした怪物として知られている。その姿は、古くは牛の体と人間の顔の怪物であるとするが、第二次世界大戦ごろから人間の体と牛の頭部を持つとする説も現れた。幕末頃に最も広まった伝承では、牛から生まれ、人間の言葉を話すとされている。生まれて数日で死ぬが、その間に作物の豊凶や流行病、旱魃、戦争など重大なことに関して様々な予言をし、それは間違いなく起こる、とされている。別の伝承では、必ず当たる予言をするが予言してたちどころに死ぬ、とする話もある。また歴史に残る大凶事の前兆として生まれ、数々の予言をし、凶事が終われば死ぬ、とする説もある。

■キャスト■
山本由奈 永田涼香 三枝悠平 小林大輔(以上TOKYOハンバーグ) 
上田尋 内谷正文(Frank Age Company)  宇鉄菊三(tsumazuki no ishi)  大内彩加(officePORT)  甲津拓平(流山児★事務所) 小林英樹 小山貴司 小山友香里(テアトル・エコー)  阪本篤(温泉ドラゴン)  白石花子(劇団民藝)  スニョン(劇団俳協) 鷹野梨恵子(無名塾)  谷沢龍馬(スタッフ・ワン)  友澤宗秋 鳥越さやか(ZINGY ZAP Enterprises)  中込俊太郎(ULPS) 中村榮美子(少年王者舘)  服部有香里 藤原啓児(Studio Life)  β(ワハハ本舗)  星野真央(ALBA)  本多由佳 ムラナカユカ 森田匠(トラッシュマスターズ)  米田敬(トルチュ)  ※五十音順
※東京公演のみ 岩倉真彩
※伊勢公演のみ 今村英靖(劇団伊勢) 永田陽子(劇団伊勢)
※伊勢公演アンサンブル
天羽亜衣 岩城浩幸 近藤彩亜良 田端菜朝 西野詩音 西野菜奈子 湯下直明 以上劇団伊勢 ※五十音順
廣嶋りう(ZINGY ZAP Enterprises)  

■■■東京公演■■■@座・高円寺1
春の劇場01 日本劇作家協会プログラム


4月12日(水)19:00★
4月13日(木)14:00★◆/19:00
4月14日(金)14:00◆/19:00
4月15日(土)14:00◆/19:00
4月16日(日)14:00
★の部はハンバーグ割引 ◆の部は劇場にて託児サービスあり
※未就学児童の入場はご遠慮ください。
開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前。
http://ticket.corich.jp/apply/81051/ ...
↑東京公演のチケットご予約はこちらからどうぞ↑

■チケット料金■ 
・前売・当日/4000円
・ハンバーグ割引(★の部)前売・当日/3500円
・学生割/2500円(高校生以下)※要証明書

■座・高円寺1■
東京都杉並区高円寺北2-1-2
Phone: 03-3223-7500 FAX: 03-3223-7501
JR中央線「高円寺」駅 北口を出て徒歩5分
※駐車場はございません。お越しの際には公共交通機関をご利用ください。
※土日の中央線快速は高円寺駅に停車しませんのでご注意ください。

■後援■
杉並区

■提携■
NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺

■日本劇作家協会プログラム(東京公演)■
本公演は、杉並区とパートナーシップ協定を結ぶ日本劇作家協会が、会員応募作品より座・高円寺に推薦する『日本劇作家協会プログラム』です。

■■■三重県伊勢市凱旋公演■■■
@シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢 大ホール
(伊勢市観光文化会館)
■チケット料金■ ※2017年1月27日チケット発売
4月22日(土)18:00
4月23日(日)13:00
※未就学児童の入場はご遠慮ください。
開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前。
※三重公演での売り上げの一部は伊勢市社会福祉協議会に寄付します。
・前売・当日/3000円
・学生割/1500円(高校生以下)※要証明書
【三重県伊勢市凱旋公演スーパーサポーター 斉藤やす(伊勢安土桃山文化村)】
※三重公演での売り上げの一部は伊勢市社会福祉協議会に寄付します。

■三重公演チケット取扱い■
①J-Stage Navi
03-5912-0840(平日11:00~18:00)
http://www.j-stage-i.jp
②ローソンチケット ※チケット取り扱いのみ
0570-084-004(Lコード:42124)
0570-000-407(10:00~20:00)
http://l-tike.com
店頭販売Loppi
(24時間販売/ローソン・ミニストップ店頭)
③Confetti(カンフェティ) ※チケット取扱いのみ
http://confetti-web.com/
0120-240-540*通話料無料・オペレーター対応
(受付時間 平日10:00~18:00)
④伊勢市観光文化会館
窓口(9:00~21:00)
TEL:0596-28-5105
⑤TOKYOハンバーグ
090-5807-3966
E-mail info@tokyohamburg.com
HP http://tokyohamburg.com

■シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢 大ホール(伊勢市観光文化会館)■
三重県伊勢市岩渕1丁目13-15
Phone: 0596-28-5105
近鉄宇治山田駅徒歩1分
※館内有料駐車場37台(8:30~22:00)
※高さ制限:2.1m以下

■後援■
伊勢市 伊勢市教育委員会 いせ演劇鑑賞会 伊勢市社会福祉協議会
■協賛■
石川商工(株) 伊勢GIS協同組合 (株)いせソーラーシステム こびと自動車 宿 行政事務所 ソシエタ伊勢SC Team Hiyohime (有)ニライカナイ (有)ハーモニー hair salon Roots ホットライン 山五商事(株) (株)山口工業   ※五十音順

■スタッフ■
音楽/清見雄高 舞台監督・舞台美術/大河原敦 照明/吉嗣敬介 音響/香田泉(零´sRecord) 演出助手/光藤依里・友澤宗秋 宣伝美術・宣伝PV/martrie イラストレーション/さいとうりえ「simul」 宣伝写真・舞台写真/ありせさくら WEB宣伝/西谷竜太 振付/風戸蒔 歌唱指導/田中暁子 制作/J-Stage Navi(島田敦子・早川あゆ) カンパニースタッフ/石原友武・相原奈保子・肥尾祥恵 企画・製作/TOKYOハンバーグ

■協力■
H&Bシアター 龍前正夫舞台照明研究所 トルチュ tsumazuki no ishi Frank Age Company 流山児★事務所 温泉ドラゴン 劇団俳協 ディメンション トラッシュマスターズ ULPSZINGY ZAP Enterprises 無名塾 テアトル・エコー officePORT 少年王者舘
Studio Life 劇団伊勢 劇団民藝 ALBA 豪勢堂GLove ワハハ本舗 スタッフ・ワン (株)仕事 オフィスKR デモクラTV 乳幼児教室ハッピールーム 伊勢安土桃山文化村 日の出旅館 青木バス(株) ※順不同

アトリエベルンProduce 「のぞまれずさずかれずあるもの」PV

作品紹介

アトリエベルンProduce

「のぞまれずさずかれずあるもの」

作・演出/大西弘記(TOKYOハンバーグ)
会場/アトリエベルン
日程/11月25日~28日

頬を突き刺すほどの雨だった
稲妻の龍が天と地を支配し、雄叫びをあげるたびに雷を落とす窓の外
個室のベンチシートに座り、妻の白く細い掌を握り締めたまま
ある出逢いの時を静かに待っていた
大きな落雷、共に院内に響き渡る小さな産声
呼吸と瞬き、廊下を走る足音、ドアが開く瞬間
すべてがスローモーションのようで
生まれたばかりの赤子を抱いた助産婦は云う
「産まれましたよ。可愛い女の子です。おめでとうございます。頑張りましたね」
まるで、その赤子を生んだ夫婦へかけるかのように・・・
1972年の晩秋、季節外れの嵐が荒れ狂う、丑三つ時
宮城県石巻市の某産婦人科にて欲しかった子どもに出逢えた。

■出演
鳥越さやか(ZINGY ZAP Enterprises)
大田康太郎
徳永梓
森田匠(トラッシュマスターズ)
永田涼香(TOKYOハンバーグ)
永島広美(B.LET’S)
友澤宗秋

■スタッフ
音源/清見雄高
音響/臼井倶里(零'sRecord)
演出助手/光藤依里
宣伝美術/martrie
イラストレーション/さいとうりえ「いのち」
舞台写真/ありせさくら
WEB宣伝/西谷竜太 
制作協力/J-Stage Navi
制作/TOKYOハンバーグ
カンパニースタッフ/石原友武・相原奈保子
企画・製作/TOKYOハンバーグ・アトリエベルン
プロデューサー/福山秀子

TOKYOハンバーグ produce Vol.20 「渇いた胸の音」PV

作品紹介

TOKYOハンバーグProduce Vol,20
10th Anniversary

渇いた胸の音

作・演出/大西弘記
劇場/下北沢 小劇場 楽園
期間/2016年7月22日(金)~7月24日(日)

彷徨うように国道246号線を歩いた。
車のヘッドライトが眩しかった。
気が付いたら東京と神奈川を繋ぐ二子橋の真ん中あたりにいた。
今、走っていった電車は真夜中の回送電車。
次に見たものは夜空に浮かぶ白い月。
そして玉川の水面に揺れる寂しそうな月。
精一杯だった。
寂しさを紛らわすため、仕事に没頭した。
何かしていないとダメだった。
でも、結局は何もしないという時間が一日の中にはあって、
そこから逃げることは出来なかった。
そうなると誰もが同じことを考える。
いよいよ、僕も。

■出演
光藤依里
永田涼香
大西弘記

TOKYOハンバーグ produce Vol.19 「愛、あるいは哀、それは相。」PV第2弾

作品紹介

TOKYOハンバーグProduce Vol,19
10th Anniversary

愛、あるいは哀、それは相。(再演)

作・演出/大西弘記
会場/下北沢「劇」小劇場
公期間/2016年3月30日~4月10日

生まれて初めての転校生になった次女は、もうすぐ17歳。
こっちに来た頃は毎日泣いていたけれど、最近はあまり泣かなくなった。

この街でも保母さんになった長女は、死んだ主人にそっくりで、
子供たちの話をする時は、まるで主人と同じような笑顔を見せてくれる。

母親の私はというと、親戚が経営する喫茶店で働かせてもらい、
朝早くからコーヒーの豆を挽いては、ここに辿り着いた理由を探す。

この街で暮らす人たちの優しさや思いやりが時々、本当に時々、胸を痛くして
どうしたらいいのか、どう生きてゆけばいいのか、わからなくなる時がある。
何が本当で、何が嘘だなんて、誰が教えてくれるの?
私たちが知っていること、それはあの日を生き残ったということ。

ふるさとを離れて、もうすぐ5カ月。
この街では初雪が舞い散り、それを眺めては帰りたくなる。
私たちが生まれ育った街、南相馬へ。

2016年 桜の頃 TOKYOハンバーグがふたたび織り成す
3月11日から1年の歳月が流れた喫茶ホットラインの珈琲物語。


■出演
西山水木(プリエール)
光藤依里(TOKYOハンバーグ)
岩田陽葵(ミライプロダクション)
宇鉄菊三(tsumazuki no ishi)
内谷正文(Frank Age Company)
小林英樹/鷹野梨恵子(無名塾)
石本径代(ECHOES)
大内彩加(officePORT)
大石知恵
青山結実花(ミライ・アク ターズ・プロモーション)
永田涼香
脇野祐樹
横山将士
中込俊太郎(ULPS)
高畑加寿子(劇団娯楽天国)
藤原啓児(Studio Life)

TOKYOハンバーグ produce Vol.19 「愛、あるいは哀、それは相。」PV第1弾

作品紹介

TOKYOハンバーグProduce Vol,19
10th Anniversary

愛、あるいは哀、それは相。(再演)

作・演出/大西弘記
会場/下北沢「劇」小劇場
公期間/2016年3月30日~4月10日

生まれて初めての転校生になった次女は、もうすぐ17歳。
こっちに来た頃は毎日泣いていたけれど、最近はあまり泣かなくなった。

この街でも保母さんになった長女は、死んだ主人にそっくりで、
子供たちの話をする時は、まるで主人と同じような笑顔を見せてくれる。

母親の私はというと、親戚が経営する喫茶店で働かせてもらい、
朝早くからコーヒーの豆を挽いては、ここに辿り着いた理由を探す。

この街で暮らす人たちの優しさや思いやりが時々、本当に時々、胸を痛くして
どうしたらいいのか、どう生きてゆけばいいのか、わからなくなる時がある。
何が本当で、何が嘘だなんて、誰が教えてくれるの?
私たちが知っていること、それはあの日を生き残ったということ。

ふるさとを離れて、もうすぐ5カ月。
この街では初雪が舞い散り、それを眺めては帰りたくなる。
私たちが生まれ育った街、南相馬へ。

2016年 桜の頃 TOKYOハンバーグがふたたび織り成す
3月11日から1年の歳月が流れた喫茶ホットラインの珈琲物語。


■出演
西山水木(プリエール)
光藤依里(TOKYOハンバーグ)
岩田陽葵(ミライプロダクション)
宇鉄菊三(tsumazuki no ishi)
内谷正文(Frank Age Company)
小林英樹/鷹野梨恵子(無名塾)
石本径代(ECHOES)
大内彩加(officePORT)
大石知恵
青山結実花(ミライ・アク ターズ・プロモーション)
永田涼香
脇野祐樹
横山将士
中込俊太郎(ULPS)
高畑加寿子(劇団娯楽天国)
藤原啓児(Studio Life)

■タイムスケジュール
※今回一部ダブルキャストになります。ホームページにてご確認下さい。
http://tokyohamburg.com/

3月
30日(水)19:00
31日(木)14:00/19:00
4月
1日(金)19:00
2日(土)13:00/18:00
3日(日)13:00/18:00
4日(月)19:00
5日(火)14:00/19:00
6日(水)14:00/19:00
7日(木)14:00/19:00
8日(金)19:00
9日(土)13:00/18:00
10日(日)12:00/16:00

■チケット発売日
2016年1月21日

■チケット料金 ※全指定席
◆前売/4000円 当日/4200円 
◆ハンバーグ割引(3月30日19:00、31日14:00/19:00、4月1日19:00の4公演)
前売/3500円・当日/3800円 
◆学生割/2500円(高校生以下)※要証明書

■チケット取扱い・お問い合わせ
①J-Stage Navi 
03-5912-0840(平日11:00~18:00)
http://www.j-stage-i.jp

②ローソンチケット ※チケット取り扱いのみ
Lコード:34386

③TOKYOハンバーグ 
090-5807-3966 
E-mail info@tokyohamburg.com 
HP http://tokyohamburg.com

■劇場
下北沢「劇」小劇場(小田急線下北沢駅南口徒歩5分)
東京都世田谷区北沢2-6-6
TEL 03-3466-0020

■スタッフ
音源/清見雄高/舞台監督・舞台美術/大河原敦/照明/吉嗣敬介/音響/香田泉(零´sRecord)/方言指導/阿部佳代子/宣伝美術/齋藤正和・りえ ぞう/宣伝PV/齋藤正和/宣伝写真・舞台写真/ありせさくら/WEB宣伝/西谷竜太/制作/J-Stage Navi(島田敦子・早川あゆ)/カンパニースタッフ/石原友武・相原奈保子/企画・製作/TOKYOハンバーグ

■協力
下北沢「劇」小劇場/H&Bシアター/龍前正夫舞台照明研究所/プリエール/ミライプロダクション/tsumazuki no ishi/Frank Age Company/無名塾/ECHOES/officePORT/ミライ・アクターズ・プロモーション/ULPS/劇団娯楽天国/Studio Life/オフィスKR/かわさきFM/デモクラTV/宿 行政事務所/喫茶ホットライン

このページのQRコードです。

拡大