舞踊・バレエ

実演鑑賞

Fabula Collective/一般社団法人ハイウッド

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

2021/08/28 (土) ~ 2021/08/29 (日) 公演終了

上演時間:

公式サイト: https://www.fabulacollective.co.uk/our-work/human

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
イギリスとアイルランドが誇る文豪、ウィリアム・シェイクスピア、ルイス・キャロル、オスカー・ワイルドによる英文学作品をインスピレーションに、本作品では、「狂気とは何か」を探ります

ファビュラ・コレクティブでは、本作品を通して、カンパニーの使命である「日本とイギリスの文化の橋渡し」を続けてま...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2021/08/28 (土) ~ 2021/08/29 (日)
劇場 新国立劇場 小劇場 THE PIT
出演
演出
振付
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 6,000円
【発売日】2021/07/01
S席:6,000円/U-24:4,000円
A席:5,000円/U-24:3,000円
B席:4,000円/U-24:2,000円
(全席指定・税込)
公式/劇場サイト

https://www.fabulacollective.co.uk/our-work/human

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 イギリスとアイルランドが誇る文豪、ウィリアム・シェイクスピア、ルイス・キャロル、オスカー・ワイルドによる英文学作品をインスピレーションに、本作品では、「狂気とは何か」を探ります

ファビュラ・コレクティブでは、本作品を通して、カンパニーの使命である「日本とイギリスの文化の橋渡し」を続けてまいります。クリストファー・マーニー振付によるシェイクスピアの「マクベス夫人」をモチーフとした作品では、イギリスを拠点に活躍するバレエダンサー、チラ・ロビンソンが日本のお客様を魅了することでしょう。トラヴィス・クローセン=ナイト振付の「Everything Would Be Nonsense」では、ルイス・キャロルの世界を4名の日本人ダンサーが描きます。また、振付家でダンサーのジェームズ・ペットは、ドラマターグのベン・ルイスとともに、オスカー・ワイルドの破天荒な主人公「ドリアン・グレイ」の新解釈に挑みます。
その他注意事項
スタッフ 【上演作品】
「レディマクベス」(初演)
振付:クリストファー・マーニー
出演:チラ・ロビンソン バリー・ドラモンド マーク・サマラス

「Everything Would Be Nonsense」(初演)
振付:トラヴィス・クローセン=ナイト
出演:富岡カイ 加藤美羽 土田貴好 岩瀬斗羽

「ドリアン・グレイ」(初演)
振付:ジェームズ・ペット
出演:ジェームズ・ペット トラヴィス・クローセン=ナイト

[情報提供] 2021/07/12 15:27 by こりっち管理人

[最終更新] 2021/08/03 09:35 by こりっち管理人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 新国立劇場『HUMAN』3作品70分と短めだったけど、これより長いと冗長に感じたかも。どれもピシッと筋の通った美意識を感じさせる作品で、それこそがこのカンパニーの魅力なのかも。

    30日前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大