諸橋精光と超大型紙芝居の会/NPO法人ライフデザイン

あうるすぽっと(東京都)

2020/04/30 (木) ~ 2020/05/01 (金) 公演終了

上演時間:

37年間にわたる超大型紙芝居活動の最後の集大成。
個性豊かな4人の語り手を迎えて、お寺の鳴り物やギターを交えた超大型ならではの紙芝居ライブ。
注目は最新作劇場版「セロひきのゴーシュ」。この紙芝居のために作曲家桑原ゆう氏が書き下ろした8曲をチェリスト佐藤 翔氏が演奏します。
超大型紙芝居と...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/04/30 (木) ~ 2020/05/01 (金)
劇場 あうるすぽっと
出演 諸橋精光(演出・法螺貝)、今井和江、菊池好江、ときわひろみ、本多ちかこ(語り)、堤貞子(引き手)、諸橋香也子(引き手・妙鉢)、目黒秀平(太鼓)、山井小多加(ギター・大銅鑼)、長谷川裕二(ギター・小銅鑼)、佐藤翔(チェロ)
脚本 諸橋精光
演出
料金(1枚あたり) 1,700円 ~ 3,000円
【発売日】2020/02/10
全席自由

・一般 2,700円(当日3,000円 空席のある場合のみ)
・子ども(小学生) 1,700円(当日2,000円)

※小学生くらいから大人の年齢層が対象
※子ども(小学生)は、大人料金をお求めのうえ当日会場にて1,000円返却いたします
サイト

https://www.owlspot.jp/events/performance/post_159.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4月30日(木曜)
14:00● / 19:00○
5月 1日(金曜)
11:00● / 15:30○
●=A公演『水仙月の四日』『ごんぎつね』『こがねの舟』『セロひきのゴーシュ』
○=B公演『村の地蔵』『こがねの舟』『鬼のつば』『セロひきのゴーシュ』
※ホワイエにて絵本・紙芝居の原画を展示。終演後、諸橋精光がギャラリートークを行います
※ホワイエ開場は開演の60分前、入場整理券を配布します。客席開場は開演の30分前
※上演時間は約1時間45分(休憩あり)
説明 37年間にわたる超大型紙芝居活動の最後の集大成。
個性豊かな4人の語り手を迎えて、お寺の鳴り物やギターを交えた超大型ならではの紙芝居ライブ。
注目は最新作劇場版「セロひきのゴーシュ」。この紙芝居のために作曲家桑原ゆう氏が書き下ろした8曲をチェリスト佐藤 翔氏が演奏します。
超大型紙芝居とチェロとの融合が作り出す生きたゴーシュ像。
奥深い魅力を持つ紙芝居の舞台芸術としての可能性に挑みます。(諸橋精光)
その他注意事項 2020年04月03日
新型コロナウィルス感染拡大を鑑み、公演中止となりました。
https://www.owlspot.jp/news/_vol2_2.html
スタッフ 【作画】諸橋精光

[情報提供] 2020/02/25 10:51 by CoRich案内人

[最終更新] 2020/04/06 11:11 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大