演劇

彩の国さいたま芸術劇場

さいたま市(大宮)市街地(埼玉県)

2020/04/10 (金) ~ 2020/04/19 (日) 公演終了

上演時間:

再開発が進む、さいたま市大宮駅周辺。数年ぶりに大宮を訪れた男が出会ったのは、認知症の妻を探す老人。変わり続ける街と人を見つめ、男と観客による「徘徊」が始まる。
2018年浦和バージョンが話題を呼んだ菅原直樹の代表作が、さいたまゴールド・シアター、さいたまネクスト・シアターとの再コラボレーショ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/04/10 (金) ~ 2020/04/19 (日)
劇場 さいたま市(大宮)市街地
出演 髙橋清、中村絹江、百元夏繪(さいたまゴールド・シアター)、阿部輝、鈴木真之介(さいたまネクスト・シアター)、金定和沙、小山都市雄、曽根千智
脚本 菅原直樹(OiBokkeShi主宰・俳優・介護福祉士)
演出 菅原直樹(OiBokkeShi主宰・俳優・介護福祉士)
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】2020/02/11
【一般】 2,500円
【18歳以下(限定枚数)】1,000円
サイト

https://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/7718

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2020年 〈全6公演〉
4月10日(金)16:00
4月11日(土)16:00
4月12日(日)16:00
4月17日(金)16:00
4月18日(土)16:00
4月19日(日)16:00 


◎集合時間:各回15:45までにお集まりください。

※作品の性質上、集合・開演時間に遅れますとご観劇いただけません。時間に余裕を持ってご来場ください。


◎集合場所:旧大宮区役所(さいたま市大宮区大門町3-1-1)
説明 再開発が進む、さいたま市大宮駅周辺。数年ぶりに大宮を訪れた男が出会ったのは、認知症の妻を探す老人。変わり続ける街と人を見つめ、男と観客による「徘徊」が始まる。
2018年浦和バージョンが話題を呼んだ菅原直樹の代表作が、さいたまゴールド・シアター、さいたまネクスト・シアターとの再コラボレーションにより、大宮に誕生する。
その他注意事項 2020年3月31日
【重要】有料公演の開催延期について
https://art-sightama.jp/jp/news/uFoQh8vr/?_fsi=gDC7Ix5U
スタッフ

[情報提供] 2020/02/10 13:58 by CoRich案内人

[最終更新] 2020/04/30 15:39 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. さいたま国際芸術祭2020の開催無期延期に伴い、徘徊演劇『よみちにひはくれない』大宮バージョン、在宅演劇『あほぞら』も延期となりました。公演を楽しみにされていた皆さんには本当に申し訳ありません。https://t.co/99rH8Nt7kV

    11ヶ月前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大