演劇

プロジェクト「Act」Tokyo第五回公演

比翼連理の果て

デザイン:大関愛(プロジェクト「Act」Tokyo)

0 お気に入りチラシにする

演劇

プロジェクト「Act」Tokyo第五回公演

比翼連理の果て

プロジェクト「Act」Tokyo

G SQUAREスタジオ(東京都)

2019/08/15 (木) ~ 2019/08/18 (日) 公演終了

休演日:なし

上演時間: 約1時間30分(休憩なし)を予定

ほとんど不眠不休で続けた 2 年に渡る介護の末、茂男は認知症の妻・幸江に自ら手を掛けた。
50年間連れ添った夫婦を襲った悲劇。
新人新聞記者の山岡は、執行猶予付きで保釈された茂男に直接取材を試みるべく茂男の足取りを辿る。
実在した事件が現代日本に問いかける、夫婦のあるべき最後とは…

...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/08/15 (木) ~ 2019/08/18 (日)
劇場 G SQUAREスタジオ
出演
脚本 安城龍樹
演出 安城龍樹
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 3,500円
【発売日】
一般(前売)3000円
学生 2800円

当日 3500円
サイト

https://actt.jp/lp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月15日(木) 12:00(D) / 16:00(L) / 20:00(D)
8月16日(金) 15:00(L) / ⭐︎19:00(D)
8月17日(土) 12:00(L) / 16:00(D) / 20:00(L)
8月18日(日) 15:00(D) / ⭐︎19:00(L)

D・ドビュッシー、L・リストのダブルキャスト。劇中楽曲、演出が異なります。
⭐︎のついている公演は、終演後にキャストとの交流会あり。
説明 ほとんど不眠不休で続けた 2 年に渡る介護の末、茂男は認知症の妻・幸江に自ら手を掛けた。
50年間連れ添った夫婦を襲った悲劇。
新人新聞記者の山岡は、執行猶予付きで保釈された茂男に直接取材を試みるべく茂男の足取りを辿る。
実在した事件が現代日本に問いかける、夫婦のあるべき最後とは…

プロジェクトアクト東京第五回目の公演は、介護殺人と夫婦の最後をテーマにした「比翼連理の果て」を再演。
タイトルの比翼連理(ひよくれんり)は中国の故事に由来し「夫婦の仲のむつまじいこと」という意味。初演時に再演希望の声が多数上がったアクト渾身の一作です。


作・演出 安城龍樹コメント

価値観や商品、娯楽とあらゆるものが次から次へと流れ込んでくる目まぐるしい時代だからこそ、一度立ち止まり、そしてイスに腰かけ、照明の下で人生の灯を揺らす人間達を眺めながら、人の生活に欠かせない何かについてゆっくり考える…そんな時間にして頂けたら幸いです。この作品は一見社会派演劇のようであってそうではないと思っています。この国に重くのしかかる介護問題。事務的で政治的な対策以上に、個々で考えるべき必要な何かが必ずあるはず。そんな思いを込めています。

出演

「D・ドビュッシー」メインテーマ 月の光/ クロード・アシル・ドビュッシー

山田昌/ 志水九九美/ 服部愛香/ 小川雄気/ 中島佳菜/ 税所千珠/ 安城龍樹/ 皆藤恵/ 武石螢/ 奥田隆一

「L・リスト」メインテーマ 葬送曲/ フランツ・リスト

山田昌/ 志水九九美/ 御依みなみ/ 田中ゆうせい/ 髙橋寛香/ 税所千珠/ 安城龍樹/ 安田聖也/ 優珠葵/ 山口翔平/ 奥田隆一

公演振り返り記事
https://actt.jp/hiyoku2019syuuenn/
https://actt.jp/hiyoku2019furikaeri/
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2020/01/31 14:41 by 大関愛

[最終更新] 2020/01/31 14:41 by 大関愛

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大