演劇

シアターコモンズ'20

シャンカル・ヴェンカテーシュワラン[インド]

演劇

シアターコモンズ'20

インディアン・ロープ・トリック

シャンカル・ヴェンカテーシュワラン[インド]

シアターコモンズ実行委員会

リーブラホール(東京都)

2020/02/27 (木) ~ 2020/02/28 (金) 公演終了

上演時間:

なぜ、私たちは見ているつもりの「真実」を見逃すのか。
現代社会に複雑に張り巡らされた「トリック」の構造に迫る最新作。

昨年のシアターコモンズ’19で「犯罪部族法」を上演し、社会や個人の無意識に潜む差別の構造に鋭く迫ったシャンカル・ヴェンカテーシュワラン。今回、再び京都造形芸術大学舞台芸...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/02/27 (木) ~ 2020/02/28 (金)
劇場 リーブラホール
出演 チャンドラ・ニーナサム、アニルドゥ・ナーヤル、サンジュクタ・ワーグ
脚本
演出 シャンカル・ヴェンカテーシュワラン
料金(1枚あたり) 4,500円 ~ 5,800円
【発売日】
一般 ¥5,800
学生割引 ¥4,500
港区民割 ¥5,300
サイト

https://theatercommons.tokyo/program/sankar_venkateswaran/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月27日(木)19:00
2月28日(金)19:00
説明 なぜ、私たちは見ているつもりの「真実」を見逃すのか。
現代社会に複雑に張り巡らされた「トリック」の構造に迫る最新作。

昨年のシアターコモンズ’19で「犯罪部族法」を上演し、社会や個人の無意識に潜む差別の構造に鋭く迫ったシャンカル・ヴェンカテーシュワラン。今回、再び京都造形芸術大学舞台芸術研究センターとシアターコモンズとの共同製作に取り組み、人々の幻想を掻き立て続けてきた伝説「インディアン・ロープ・トリック」をモチーフにした最新作を上演する。
多数の民族や階層が混在する社会では、多数派の支配のツールとして神話や物語が書かれ、それらは繰り返し語られるうちに、共通の「真実」となってゆく。私たちがいつの間にか受け入れている「真実」──ごまかし、プロパガンダ、フェイク・ニュース、人々がすすんでそれらを信じようとすることを基盤に、社会構造は築き上げられてきた。その国家主義的、民族主義的アイデンティティの構築に疑問を投げかけ、真実を見透かそうとするシャンカルの視線の先に、観客は自らの内側にまで深く入り込んだ魔術の影を見出すかもしれない。

「インディアン・ロープ・トリック」とは……
奇術師は弟子の少年を連れて、人々の集まる広場に現れる。奇術師が魔法をかける行為をすると、ロープが空高く登っていく。少年はロープを登って行き、姿が見えなくなるが、いつまでたっても戻ってこない。その後、奇術師もロープを登って後を追い、姿を消す。突然、少年の悲鳴が聞こえ、バラバラになった少年の体が空から降ってくる。奇術師がロープを降り、バラバラの体に魔法をかけると、少年は元通り復活する。これは14世紀のモロッコ人による旅行記をはじめ、いくつかの文献に記載されており、19世紀には多くのインドのマジシャンがこのトリックに挑んだ。なお、この物語には様々なバリエーションが存在する。
その他注意事項 英語ほか(日本語字幕つき)
スタッフ 音楽|スニール・クマール・PK
舞台美術|ジャン=ギ・ルカ
プロデューサー|鶴留聡子
製作|シャンカル・ヴェンカテーシュワラン、京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター、シアターコモンズ

[情報提供] 2020/01/23 16:12 by CoRich案内人

[最終更新] 2020/01/23 16:12 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. お仕事が飛んで時間ができた分はインプットに当てることに!先日は港区シアターコモンズ「インディアン・ロープ・トリック」へ。少し疲れていた分、夢の中へも行ってしまったけど、おもしろかった✨音楽も言葉も身体も、全てのクオリティが高くて、魅せられた。好き。

    約1年前

  2. 2020年2月 【舞台】 ・燦々 ・どさくさ ・カプティウス ・ツアー ・インディアン・ロープ・トリック 【映画】 ・劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー ・影裏 【ライブ】 ・15th A… https://t.co/9GSEv4yfIH

    約1年前

  3. 観に行くことが出来たといえば、シアターコモンズ'20の初日に立ち会うことの出来た、シャンカル・ヴェンカテーシュワラン「インディアン・ロープ・トリック」も素晴らしかった。昨年圧倒された「犯罪部族法」とは打って変わった音楽劇。観劇の快… https://t.co/zZcjyMtZ6L

    約1年前

  4. そしてね、今この自粛モードの社会であまり褒められた話ではないですが。一昨日はプロジェクト「シアターコモンズ2020」にてシャンカル・ヴェンカテーションワランさん演出の『インディアン・ロープ・トリック』を観劇、これは是非色んな人に味… https://t.co/5XCjTwF4zW

    約1年前

  5. インディアン・ロープ・トリック、どうにかしてまた見たいなああ

    約1年前

  6. 楽しみにしていたシアターコモンズがはじまりました。 感染症対策で開催方針は変更になっているけど、新しい取組みのきっかけになりそう。早速のインディアン・ロープ・トリック面白いかったです。 https://t.co/5L8QNY21tG

    Er6ldfdueaadrkk

    約1年前

  7. シアターコモンズ’20『インディアン・ロープ・トリック』観劇 インドの伝説が形を変えて何度も上演されることで、"伝言ゲーム"のように変化したり、プロパガンダのようにミスリードされたり、楽しいのに恐ろしくて、ハッピーだから気持ち悪い… https://t.co/cZV52TwBCy

    約1年前

  8. 東京に現れたマーケットの光と影。ロープで辿るインドの社会構造。肉体と音楽が残す真実。見れて良かった。 シアターコモンズ’20『インディアン・ロープ・トリック』 場所: リーブラ https://t.co/7Yh11pWs8r

    約1年前

  9. シアターコモンズで「インディアン・ロープ・トリック」。大変面白かった。公演2回だけなんて勿体ない。 私はインドの歴史や社会に疎いから、作品の深い部分を私はたぶん理解できてないと思う。けれど、役者の肉体肉声を通して、理屈は分からずとも言いたいことは分かる、という感じがあった。

    約1年前

  10. 『インディアン・ロープ・トリック』の後半パート、地下に向かって穴を掘る、そのために鉄が必要で、製鉄技術をもつ部族に助力を求めるが...というのは、気になった(けど何のことかはわからず)。インド史の何かを暗示しているのだろうか。

    約1年前

  11. シャンカル・ヴェンカテーシュワラン『インディアン・ロープ・トリック』。楽しく観たけど、テーマとして掲げられた(告知ページや当パンで予め知らされていた)ことが、劇においてどう料理されたか?が、どうもよくわからないのだった。まあ自分が… https://t.co/s4nFxd4YrA

    約1年前

  12. 今日のシアターコモンズはシャンカル・ヴェンカテーシュワラン「インディアン・ロープ・トリック」 笑えるところもあって面白かった。 開催されるか毎日ヒヤヒヤしてたけど、行けて良かったー! https://t.co/CbzjdBafUz

    約1年前

  13. シアターコモンズでインディアン・ロープ・トリックを見て、お茶して帰ってきた。 https://t.co/iE7KA9lk1Y

    Er304zrw4aigs i Er304zrwkaa9zvp

    約1年前

  14. シャンカル・ヴェンカテーシュワラン『インディアン・ロープ・トリック』リベンジ出来ました! ちょっと遅れちゃったけど、ほぼ観れたので良かったです。 そして内容も大変良かった。 すぐに言語化できない方なので、整理しながら帰る

    約1年前

  15. シャンカル・ヴェンカテーシュワラン「インディアン・ロープ・トリック」@芝浦リーブラホール 空に投げられたロープが天高く伸びるそれがトリックなのかという問いの無意味さから解放されたら私たちは宇宙の涯までいけるかもしれない。

    約1年前

  16. シャンカル・ヴェンカテーシュワラン 「インディアン・ロープ・トリック」 格差社会やフェイクニュースの生まれ方(伝える側の問題)、演劇を行う場所など色々なことに思いを巡らせたけど、インド映画ファンとしてはあの音色とリズム感を生身の人… https://t.co/AL5J4ORlvJ

    約1年前

  17. インディアン・ロープ・トリック2回目みてきた!

    約1年前

  18. シャンカル・ヴェンカーテシュワラン「インディアン・ロープ・トリック」 虚偽の物語が反復されることによって神話化(アイデンティティ化)していく過程。 市場で魔術を求める観客と劇場の中の観客がダブって見える。 言語や民族、宗教の問題も絡めつつ、エンタメとして見ても非常に優れた作品。

    約1年前

  19. インディアン・ロープ・トリック、観た。

    約1年前

  20. 目撃すること/語ること/物語が伝播していくことの政治性や恣意性を暴いていた。ロープは虚構と現実のあわいで揺れる/直立する。 シャンカル・ヴェンカテーシュワラン「インディアン・ロープ・トリック」|シアターコモンズ ’20 https://t.co/4c0jbLMb32

    約1年前

  21. 『インディアン・ロープ・トリック』大好物でした。

    約1年前

  22. シアターコモンズ、今日のインディアン・ロープ・トリック予約してたけど体調アレなのでキャンセル。本当に残念。

    約1年前

  23. 昨日の「インディアン・ロープ・トリック」実はよくわからなかった。長めの前半と短めの後半(一分間の休憩)。前半は歴史家やメディアが伝えた「インドのロープ魔術」が見ているとどうやら、この魔術は麻薬風のものを観客に吸わせて幻想を見せるような詐術だったのだろうと思えてくる。(続)

    約1年前

  24. 「インディアン・ロープ・トリック」シアターコモンズ2020(@リーブラホール) を投稿しました。 https://t.co/yvqZQBudWq https://t.co/oGXEjf8HhV #エキサイトブログ

    Er04fahuwaa7cyp

    約1年前

  25. 昨日の「インディアン・ロープ・トリック」、音もすごく重要な要素だったと思うのだけれど、タンバリンみたいなのですごいいろんなバリエーションのリズムを作ってはって、あれは何かと調べている……だぶんこれ? カンジーラ - Wikipe… https://t.co/0wklOMjOIp

    約1年前

  26. シャンカル・ヴェンカテーシュワラン「インディアン・ロープ・トリック」観てきたんだけどとっても良くて、音楽もさいこうで、あとからヒンドゥー・ナショナリズムの話とか聞いて、いやあ、スピってるチンピラ為政者(©︎瀬尾さん)の歴史改変マウンティングにだけはヤラれたくないって思ったよな!!

    約1年前

  27. シャンカル・ヴェンカテーシュワラン『インディアン・ロープ・トリック』。劇場を現実の場として捉え、その中で起こるイリュージョン(幻想)の力を認識すること。劇場を幻想の場として捉え、そこで私たちの現実の問題を考えること。いまこの日本で彼らの作品を観れることが、唯一の救いな気がした。

    約1年前

  28. シャンカル・ヴェンカテーシュワラン『インディアン・ロープ・トリック』を観てきた。昨年『犯罪部族法』を観て以来、とても楽しみにしていた公演。最近読んだ「キュリオシティの展示と自己の構築」を重ねながら、頭の中で再演。

    約1年前

  29. シャンカル・ヴェンカテシュワラン『インディアン・ロープ・トリック』@田町。インドの市場に招かれた私たちは、資本主義という名の煙に巻かれ、虚報を事実として報じる強者を信じ、奇術師の詭弁に賛同する。なんてタイムリーな社会劇。そして周縁からP.ブルックへ宣戦布告するような音楽劇。

    約1年前

  30. シアターコモンズ'20。シャンカル・ヴェンカテーシュワラン『インディアン・ロープ・トリック』この物語の先には宇宙エレベーターがあるのだなと思って、後でネット検索したら、アーサー・C・クラークが科学エッセイで触れているのが Google ブックスの検索で引っかかった。

    約1年前

  31. インディアン・ロープ・トリック、って新手の3単語タイトルかと思ったら違った

    約1年前

  32. 『インディアン・ロープ・トリック』めっちゃ面白かった!新たな発見がありそうなのでもう一度観たいけど明日は推し兼先生ライブペイントなのであった…

    約1年前

  33. シアターコモンズ開幕。シャンカル・ヴァンカテーシュワラン『インディアン・ロープ・トリック』音楽家&俳優3人が語り演じる、インドの不思議なロープの逸話。一見すると荒唐無稽なその話が、時を超えて何度も蘇るのは何故なのか…。真実と虚構を巡る問いかけは、今も、今こそ、ホットなテーマかも。

    約1年前

  34. リーブラホールにてシアターコモンズ、シャンカル・ヴェンカテーシュワラン『インディアン・ロープ・トリック』。去年の『犯罪部族法』と問題意識としては地続きの、だがアプローチはかなり異なる作品。大道芸=トリック(奇術)をモチーフに、じわじわとインド社会の差別と排除の構造を露わにする。

    約1年前

  35. 京都芸術劇場 春秋座 studio21 『インディアン・ロープ・トリック』 https://t.co/wt7h2jUHt3

    約1年前

  36. インディアン・ロープ・トリック、東京であと5回ぐらい上演してほしい(無理)

    約1年前

  37. 「インディアン・ロープ・トリック」 声にならない現実の社会的排他的状況に比べ、フェイクが大声で現実世界を闊歩する。 声にならない状況を拾い上げ、歪んだ社会の虚構に気づきを与え、歪みと戦うインドの劇団。 楽器の音色・リズムが心地… https://t.co/11VqTCfX3J

    約1年前

  38. シャンカル・ヴェンカテーシュワラン『インディアン・ロープ・トリック』を観に行く予定が行けずに、哀しみMAX。。ポストトーク聞けず無念。 いや、まだ明日もある……!と己に言い聞かせて帰途につく。 明日は何が何でも定時であがる…!!!

    約1年前

  39. シアターコモンズが開幕。 初日は「インディアン・ロープ・トリック」を観劇してきました。インド人らによる3人芝居。 よくぞ開催してくれました。満席でしたね。 #theatercommons #シアターコモンズ

    約1年前

  40. 今夜は、シアターコモンズ「インディアン・ロープ・トリック」を見た。とにかくやってくれてよかったよ。インドから来てくれて、中止じゃたまらんわ。

    約1年前

  41. 《インディアン・ロープ・トリック》(シャンカル・ヴェンカテーシュワラン演出) 非常によかった。

    約1年前

  42. にてインディアン・ロープ・トリック。オーディエンスとのやりとりありだけどいやらしさは感じない。このコロナの状況で、あの空気感はほんとにほっとした。パフォーマーのひとたちはマスク多い客席に対して(やりとりもあるか… https://t.co/WMkQ6UwH8J #シアターコモンズ

    約1年前

  43. シャンカル・ヴェンカテーシュワラン『インディアン・ロープ・トリック』。シンプルな小道具や部品を組み合わせて複雑になったかと思ったものの、振り返るとシンプルかもと思うのはロープという対象a的?なものがあるからかな。サントラほしい。

    約1年前

  44. インディアン・ロープ・トリックめっちゃおもしろかった

    約1年前

  45. シアターコモンズ「インディアン·ロープ·トリック」を観劇してまいりました。 インドの俳優さんたち、表情が素晴らしく、チャーミング✨ アフタートークは参加できませんでしたが、どんなお話してたのか気になる! シアターコモンズの演目は自… https://t.co/TPEMjPWZFg

    約1年前

  46. シャンカル・ヴェンカテーシュワラン『インディアン・ロープ・トリック』、1日目無事終演しました!! 司会に岩城京子氏を招き、現在アフタートーク中です💁‍♀️ https://t.co/d3nT4P3u4a

    Erx 0wtuuaasra5

    約1年前

  47. いよいよ本日開幕するシアターコモンズ'20🎉 そのオープニングを飾るのは、インドの鬼才シャンカル・ヴァンカテーシュワラン『インディアン・ロープ・トリック』。先日京都芸術劇場春秋座で世界初演された本作の様子を、一足先に公開! 皆様の… https://t.co/6VmKwUQTTC

    約1年前

  48. 明日は、シャンカルさんの「インディアン・ロープ・トリック 」https://t.co/zpTVpaCM92

    約1年前

  49. シャンカル・ヴェンカテーシュワラン――インド・ケーララから世界を眼差す 2/27(木)~28(金)にかけてシアター・コモンズ'20で『インディアン・ロープ・トリック』を上演するインドの演出家シャンカル氏。2018年に来日した際の… https://t.co/gJRk61FPPP

    約1年前

  50. 【通訳】いよいよ明後日開幕のシアターコモンズ’20、27日(木)19時からのシャンカル・ヴェンカテーシュワラン「インディアン・ロープ・トリック」にて、ポストパフォーマンストークの通訳を務めます。シャンカルさんは去年のシアターコモン… https://t.co/pN9SuLN0BT

    約1年前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大