ミュージカル 大学生公演

劇団志木第34回公演

ミュージカル 大学生公演

劇団志木第34回公演

The Last Lady of Hapsburg

立教大学劇団志木

立教大学・新座キャンパス ユリの木ホール1階 STAGE BOX(埼玉県)

2019/06/13 (木) ~ 2019/06/15 (土) 公演終了

上演時間: 約2時間40分(休憩含む)を予定

休憩時間:途中10分の休憩を挟みます。

ハプスブルク家のオーストリア=ハンガリー皇后エリザベートが暗殺されてから、121年の時が過ぎた。犯行を行ったルイジ・ルキーニは今もなお、天国と地獄の狭間で裁判にかけられている。ルキーニは殺害動機について「皇后本人が"死"を望んだから」と述べ、その証人として、エリザベートの生涯に関わった者たちの...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/06/13 (木) ~ 2019/06/15 (土)
劇場 立教大学・新座キャンパス ユリの木ホール1階 STAGE BOX
出演 西山佳穂、谷怜由、早田慎太郎、小林海渡、甲斐葉月、前田龍平、他
作曲
脚本
演出
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】2019/06/01
サイト

http://pretty-batty.wixsite.com/gekidan-siki/untitled

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月13日(木) 17:30
6月14日(金) 17:30
6月15日(土) 13:30
説明 ハプスブルク家のオーストリア=ハンガリー皇后エリザベートが暗殺されてから、121年の時が過ぎた。犯行を行ったルイジ・ルキーニは今もなお、天国と地獄の狭間で裁判にかけられている。ルキーニは殺害動機について「皇后本人が"死"を望んだから」と述べ、その証人として、エリザベートの生涯に関わった者たちの魂を呼び起こす。夫で皇帝のフランツ、姑のゾフィー、息子のルドルフ……皇后を支えた者から、憎んだ者まで、ありとあらゆる者が彼女について証言し始める。そしてついには黄泉の国の帝王トートも現れ、「皇后を愛していた」と語るのだった……。
トートは、命の絶えた者を黄泉の国(=死後の世界)へ迎え入れる帝王、いわば"死"そのものである。そのトートーー"死"が、一人の皇后を愛した……。では、"死"に愛された皇后は何を求め、何を愛したのか? 600年あまり続いたハプスブルク家の終焉を目前に、愛と死の物語が始まる……。
その他注意事項 ※上演時間は途中10分間の休憩を含み2時間40分を予定しております。
※開場時間は、各開演時間の30分前を予定しています。
※開演時間をお間違えのないようご注意の上、時間に余裕を持ってお越しください。
※会場内の温度は低めに設定しております、予めご了承下さい。羽織るものや膝掛け等を持参されることをお勧め致します。
※当日券等のご案内は後日詳しくお知らせ致します。
スタッフ

[情報提供] 2019/05/15 09:53 by 13期ゲキシキ予約管理

[最終更新] 2019/09/05 13:53 by 13期ゲキシキ予約管理

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

げきしき予約担当

げきしき予約担当(0)

「The Last Lady of Hapsburg ...

13期ゲキシキ予約管理

13期ゲキシキ予約管理(0)

「The Last Lady of Hapsburg ...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大