演劇

フェスティバル/トーキョー18主催プログラム

マレビトの会 『福島を上演する』

フェスティバル/トーキョー実行委員会

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

2018/10/25 (木) ~ 2018/10/28 (日) 公演終了

上演時間:

歴史でも物語でもない。福島のいまを受肉し、「出来事」にする

 フェスティバル/トーキョーでの上演も3年目を迎えるマレビトの会の長期プロジェクト『福島を上演する』(2016-)。複数の劇作家が福島に赴き、それぞれの視点から現地のいまを切り取った短編戯曲を執筆。ごくシンプルな空間で、俳優の身...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/10/25 (木) ~ 2018/10/28 (日)
劇場 東京芸術劇場 シアターイースト
出演 アイダミツル、生実慧、石渡愛、加藤幹人、上村梓、桐澤千晶、酒井和哉、佐藤小実季、島崇、田中夢、西山真来、三間旭浩、山科圭太、弓井茉那、𠮷澤慎吾、米倉若葉
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 14,000円
【発売日】
▶︎一般前売
自由席(整理番号つき)
一般前売 4,000円 / ベンチシート3,000円 / 当日4,500円 / ベンチシート当日 3,500円 / 学生2,600円 / 4回セット券14,000円 / ほかセット券あり

※3演目、5演目セット券での複数選択可。F/Tチケットセンターのみ取扱い。
※ベンチシートは椅子席の前(最前列)です。

先行割引 ¥2,800
5演目セット ¥3,200
3演目セット ¥3,400
学生
※当日券共通。当日受付で要学生証提示 ¥2,600
高校生以下
※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示 ¥1,000
サイト

https://www.festival-tokyo.jp/18/program/marebito

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10/25(Thu)19:30
10/26(Fri)19:30
10/27(Sat)18:00
10/28(Sun)14:00

※各回上演内容が異なります。アイダミツル、神谷圭介、草野なつか、島 崇、高橋知由、松田正隆、三宅一平、山田 咲による複数の戯曲を上演します。
※上演される戯曲・構成は、後日F/T公式HP、マレビトの会HPにて発表いたします。
※受付開始は開演60分前、開場は15分前
説明 歴史でも物語でもない。福島のいまを受肉し、「出来事」にする

 フェスティバル/トーキョーでの上演も3年目を迎えるマレビトの会の長期プロジェクト『福島を上演する』(2016-)。複数の劇作家が福島に赴き、それぞれの視点から現地のいまを切り取った短編戯曲を執筆。ごくシンプルな空間で、俳優の身体を通し、「出来事」として出現させる試みは、現実と演劇との関係はもちろん、戯曲と上演、写実と創作の関係、とりわけ俳優の身体の可能性を捉え直すものとしても注目を集めています。
 過去2回の公演で上演された戯曲は51編。その多くは一見なんでもない日常の断片を映し取った芝居ですが、そのことがむしろ、一戯曲一回のみの上演とも相まって、「上演されゆく福島」という特異性のある時間、空間を創出してきました。
 今回は4日間4回にわたって、8人の劇作家による戯曲群を上演します。歴史でもない物語でもない、一度しか起こらない上演=出来事を、私たちはどのように目撃し、受け止めるでしょう。
その他注意事項
スタッフ 作:アイダミツル、神谷圭介、草野なつか、島 崇、高橋知由、松田正隆、三宅一平、山田 咲
演出:関田育子、寺内七瀬、松尾 元、松田正隆、三宅一平、山田 咲
舞台監督:高橋淳一
照明:木藤 歩
宣伝美術:相模友士郎
宣伝写真:笹岡啓子
記録写真:西野正将
記録映像:遠藤幹大
制作 :
石本秀一、中村みなみ、三竿文乃、森真理子(マレビトの会)
荒川真由子、新井稚菜(フェスティバル/トーキョー)

制作協力:吉田雄一郎(マレビトの会)
インターン:円城寺すみれ、小堀詠美、山里真紀子
協力:Integrated Dance Company 響-Kyo、青年団、テニスコート、フォセット・コンシェルジュ、レトル

主催:フェスティバル/トーキョー、一般社団法人マレビト
企画:マレビトの会

[情報提供] 2018/08/24 14:41 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/08/24 14:41 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 先日、マレビトの会『福島を上演する』公演が終わりました。得難い経験をさせてもらいました。結果ばかりを急がされることの多い昨今ですけども、長く継続することがいかに尊いことなのか、あらためて考えさせられました。6年間も続ける、なんて普通はできません。(『長崎を上演する』も含め)

    2年以上前

  2. マレビトの会 『福島を上演する』の関連で松田正隆さんとの往復書簡を書きました。自分が影響を受けたようなものについてぼんやり考えたことをつらつら書いています。まとまりのない文章ですが、是非他の方の応答とも併せてお読みください https://t.co/tvDV7idV4m

    2年以上前

  3. 28日は、マレビトの会『福島を上演する』を観劇(芸劇シアターイースト)。 とぼけたユーモアを感じる「ゆきもよい」、漫画の「ポテン生活」のよう。「水無月」「標準時周辺より」この作風で、こういう物語もできるのか、と驚き。「いわき総合図書館にて」、ここまでやるか。とても面白かった。

    2年以上前

  4. マレビトの会「福島を上演する」の図書館。ただただ観る、居る時間だった。あれが覗き見だよな。 時間の流れをあそこまでナチュラルに感じられる演劇は初めてかもしれない!!

    2年以上前

  5. マレビトの会「福島を上演する」 父の死と夜ノ森 https://t.co/yibyGsQ3K0

    2年以上前

  6. 今日から普通の日常でした。マレビトの会「福島を上演する」おととい無事終演しました。 2013年から、長崎3年・福島3年と6年間、この「上演する」プロジェクトに参加してきました。よくこの舞台を見て、役者が屍のようだとか(笑)、演技が抑制されていると言う人がいたけど、→

    2年以上前

  7. 10.26 マレビトの会『福島を上演する』 俳優から感情表現を抜いてあることで、状況の居心地悪さとその底にあるものに目を向けなければいけない感覚になる そこに割り切れないものを感じるだけでいいのか、この表現を受けとめ続けることで新… https://t.co/nXtTVI6ecJ

    2年以上前

  8. マレビトの会「福島を上演する」 感想を語るのが難しい。去年一度観ているので、驚きはなかった。もはやひとつの様式のようにも見えた。そうだとすると、それは意味があるのだろうか。と余計なことを考える。さすが福島帰りのマレビトの仕業である。 ともかく「上演する」を見聞するのはおもしろい。

    2年以上前

  9. マレビトの会『福島を上演する』無事終演しました。福島ラストイヤーに参加させて貰えて幸せでした。観に来てくれた方々ありがとうございました!今は何か作品を思い出すと胸がキュッとして切ないです。もっと演劇と向き合いたいな。

    2年以上前

  10. マレビトの会『福島を上演する』@東京芸術劇場シアターイースト:3年連続して観ていた。毎回、福島の日常は東京の日常と変わらないけど、ふとした瞬間に現れる異なる日常にドキッとさせられた。今年も変わらず秀作揃い。でもその上演方法は、ある到達点に達成したような気がした。次の転換を観たい。

    2年以上前

  11. マレビトの会『福島を上演する』今年は最終日だけ観れた。 『ゆきもよい』は 雪も良い 雪催い どっちだったろう。限られた時間と空間に居合わせた人々、数分後には散り散りになってしまうことが含まれているような終わり方だった。

    2年以上前

  12. マレビトの会『福島を上演する』昨日を以て無事に全公演が終了いたしました。ご来場いただき、ありがとうございました。

    2年以上前

  13. マレビトの会『福島を上演する』無事に終了しました。6年間の上演シリーズも一区切り。次に向けてマレビトの会は一年間お休みです。 私は明日からBEBERICA のあかちゃん演劇ワークショップ。 それを終えたら京都に。京都帰ったら落ち着… https://t.co/duBxXEAUhK

    2年以上前

  14. マレビトの会『福島を上演する』 『座標のない男』SFかと思えばそうではなく、座標のない男の視線は、そこで起こった出来事を、ニュースなどであとから知った(見た)、私たちだった。 『広告を出したい男』コントのようだが、誰も通りがからないトイレって少し恐い。

    2年以上前

  15. マレビトの会『福島を上演する』 『父の死と夜ノ森』は、「えっ?」という展開がドラマチックすぎなのだが、渇いた感じに恐さがある。ラストの半歩ぐらいの詰め寄りからの先がさらに恐い。 『漂着地にて』の重なりに過ぎ去り堆積する(していく)時間を感じる。

    2年以上前

  16. マレビトの会『福島を上演する』 11/25。4日間×4本=16作品。1作品1回の上演、見逃したら見ることができない日常そのもの。 シンプルな舞台の上であらゆるものを削ぎ落とし、日常を、そこにあるまま、すっと切り取る。役者さんたちは… https://t.co/MXh19lAuhD

    2年以上前

  17. マレビトの会「福島を上演する」が終わりました。 色々あって、秒で終わっちゃったなー。というのが感想です。 うちあげはちゃんとシラフで最後まで参加させてもらって、楽しかったです。頭すっきりしてる~🙆

    2年以上前

  18. 福島を上演する 千秋楽終わったー! 今回の公演も色々な経験をしたけど、全部良い経験と思うから、次につなげていくー!ってかんじです!💪 マレビトの会「福島を上演する」は、3年間のプロジェクトで、ぼくは、去年からの参加だったけど、本当… https://t.co/pL6QGa5aHl

    2年以上前

  19. マレビトの会『福島を上演する』27日28日に観た8演目のすべてがおもしろく、もう「演劇」はこれだけでいいんじゃないかしらと洗脳状態に落ちかけるほど感銘した。その上で覚書として記せば、マレビトの会の上演には内容に先行して新しい回路が… https://t.co/sgPliTGjhe

    2年以上前

  20. 池袋で、マレビトの会「福島を上演する」。ゆきもよい→水無月→標準時周辺より→いわき総合図書館にて。ついに福島3年間の最終日。今日の“標準時周辺より”も良かったけど、今年は“父の死と夜ノ森”と“峠の我が家”の2本が素晴らしかったなぁ。再来年の広島編を首を長くして待つことになるね。

    2年以上前

  21. マレビトの会/福島を上演する ポリティカルフィクションに父子の関係が絡む「水無月」、中年前期の夫婦を描いて映画『ハッピーアワー』風の「標準時周辺より」…物語性を追った上演が面白い。“芸”が冴える「ゆきもよい」。演劇が観客に及ぼすパ… https://t.co/E9k8WI6Wov

    2年以上前

  22. F/T18マレビトの会「福島を上演する」4日目。観る側の関与の仕方(深度)によって同じ「風-景」もたちまち違って見えてくるから不思議だ。演者全員が死者であり、彼岸からの静かな語りかけ(叫びや訴えではなく)を聴いている感覚になるときもある(そしてその生死の境は瞬時に反転もする)。

    2年以上前

  23. マレビトの会「福島を上演する」の2018.10.26の回を見ました(4日間4公演各回4作家の4作品で仕様の改めての凄さ)。ミニマルに気を取られてて忘れてたのが人数の多さ、と動作の解像度落とし?デフォルト具合、エドワード・ホッパーの… https://t.co/qlOu4hxV53

    2年以上前

  24. マレビトの会『福島を上演する』千秋楽 ある種壮大な演劇的実験ということで、観客としても実験のつもりで、三日目は戯曲を読んでから、最終日は戯曲を読まずに観劇。個人的には何ら先入観を持たずに観た方が良いと感じた。観客は役者とイメージを共有するとき、どうしても個人的な問題や考えを(続

    2年以上前

  25. マレビトの会『福島を上演する』を観た

    2年以上前

  26. マレビトの会『福島を上演する』素舞台。見えないもの聞こえないものを、見えるようにする聞こえるようにするのが演劇だと実感する。感情を抑えた発語。ある作品ではまるで形態模写。無音の交響曲。 なのに、病室の男女は淫靡に感じてしまうのは何… https://t.co/oN0tsTghLT

    2年以上前

  27. 今日もマレビトの会「福島を上演する」 ゴーストの発生具合いがすごい。 今日の戯曲は島崇さん「ゆきもよい」、三宅一平さん「水無月」、高橋知由さん「標準時周辺より」、松田正隆さん「いわき総合図書館にて」の四篇 https://t.co/mJc2BXZGUL

    Dqloyqwvyaa5mpg

    2年以上前

  28. マレビトの会「福島を上演する」は日本現代演劇を代表する刺激的な舞台だった。共同創作であるゆえ個別の作品自体は玉石混淆だが、今回4日間16作品を俯瞰してみたとき、あるいはプロジェクト全体を振り返ったときこれが捉え、掘り起こしもした様々な問題群の多様なアスペクトに感心させられた。

    2年以上前

  29. F/Tで、マレビトの会「福島を上演する」を見る。4話のオムニバスで、最後の「いわき総合図書館にて」が出色。図書館にいる人々がそれぞれの行動をとっていて、この場所の設定だけにみんな静か。台詞はせいぜい独り言と子どもへの叱り声くらい。… https://t.co/Ld12T5SHX2

    2年以上前

  30. マレビトの会『福島を上演する』初日公演の入り口で渡された約70枚のパンフレットなど。公演関係の資料と思って受け取ったけど関係ないものが殆どだった。多過ぎだし、袋に詰めるなどの配慮が必要と思われる。今日行く人は袋持参で行った方が良い… https://t.co/PMU94nAMVu

    2年以上前

  31. マレビトの会『福島を上演する』の初日公演において入り口で渡された総計64枚ものパンフレットなど。公演に関係する資料と思って受け取ったが関係ないものが殆どだった。多過ぎだし、袋に詰めするとかの改善が必要。今日行く人は袋持参で!… https://t.co/2n2offt8Fa

    2年以上前

  32. マレビトの会『福島を上演する』初日公演の入り口において袋に詰めにされずに渡された多数のパンフレット。戯曲などの公演関係の資料かと思って受け取ったが関係ないものが殆どだった。多過ぎ!今日行く人は袋持参で! https://t.co/c95X2XXlnc #fes_tokyo18

    Dqkeqoavsaaqcko

    2年以上前

  33. 【当日券】10月28日(日)14:00開演 マレビトの会『福島を上演する』の当日券、かなり少なめですがございます。開演の1時間前より、会場の東京芸術劇場 シアターイーストにて販売。一般4,500円 / ベンチシート 3,500円… https://t.co/R4mCpbT3qa

    2年以上前

  34. マレビトの会『福島を上演する』この形式は、身体が断片的になるゆえ戯曲も断片的な短編がはまりやすいと思う。削ぎ落とされた人間のアウラが仄かに漂い、風景を立ち上げるときにどうしても強いドラマ性は邪魔をしてしまうような。また、昨日観た一本目はとても「笑える」作品だったのだが、感情の表出

    2年以上前

  35. マレビトの会「福島を上演する」良かったなー。そんな数見てないけど今まで見た演劇で1番面白いって思いながら見たなー。 すごいなー。すごいなー。良かったなーーー。

    2年以上前

  36. マレビトの会『福島を上演する』。本日千秋楽です。真っ当に、演劇という形で、いま、この場で、語りを紡ぎます。ぜひ

    2年以上前

  37. マレビトの会『福島を上演する』ラストです。 舞台の床や壁は黒いけれど、その黒さから離れたり、でもやっぱり黒は黒だったりする。 14:00から 東京芸術劇場シアターイースト。

    2年以上前

  38. マレビトの会 「福島を上演する」 【本日4日目最終日】 10月28日(日)14:00 @東京芸術劇場シアターイースト ゆきもよい(島崇) 水無月(三宅一平) 休憩 標準時周辺より(高橋知由) いわき総合図書館にて(松田正隆) ご来場お待ちしております📚

    2年以上前

  39. マレビトの会「福島を上演する」ラスト。演劇史において語り継がれるであろう作品に関われてほんまに嬉しく思います。先人たちへ、とりわけギリシャ悲劇の先人たちに伝えたいです。「僕ら21世紀にこんなんやってまっせ!」

    2年以上前

  40. 今この瞬間にも誰かが死に、別の誰かはセックスをしている こちらはそのことにまったく責任はないのだが、時々それを意識したいとは思う 本日、マレビトの会「福島を上演する」4日目 世の中には二種類の日がある 特別な日と、何でもない日

    2年以上前

  41. マレビトの会『福島を上演する』27日ver.観劇 毎日違う演目を一回ずつしか上演しないので、その時そこにしかないものを目撃した旅行者のよう。そう、福島に旅行に来て何気なく街角で見かけた風景のような。 コント要素もあり、過去シリ… https://t.co/ULftA9SQ3L

    2年以上前

  42. マレビトの会「福島を上演する」、全部見たい、、。俳優の演技の、脳内への残り方が不思議。舞台上で少年役の俳優は「ははは」と渇いた笑いを発音してたのに、今のわたしの中には賑やかに雪遊びをする少年たちが浮かんでいる。すごくドキドキした。

    2年以上前

  43. 都市雄classicS『桜の園=Everyone is a child』@新宿眼科画廊、からの、マレビトの会『福島を上演する』@東京芸術劇場。 どちらも楽しんだ! 両方とも「探る」「実験」「試み」「考えている」「過程」的な単語が… https://t.co/PkHDtthu02

    2年以上前

  44. 昨日は堀禎一監督の「天竜区」のドキュメンタリー3プログラムから、マレビトの会「福島を上演する」 今日はハラサオリのF/Tディレクターズ・ラウンジから、岩根愛写真展『KIPUKA』での柴崎友香×岩根愛トークイベントと回ってもう限界… https://t.co/DD3Lj6jZZs

    2年以上前

  45. マレビトの会『福島を上演する』 上演後のトークで物語の力について言及していたけど、そこまで物語に引っ張られていたとは思わなかった。感情のない「あはは」という乾いた笑いや観客との共有を最小限に抑えた演技。全編に漂う不在や悲しみの感覚。それを福島の物語と言うならそうかもしれないけど。

    2年以上前

  46. 池袋で、マレビトの会「福島を上演する」。画塾→福島の海辺→郡山市民→いつもの日曜日。トークで今年は物語性が高いという話があったけど(同意!)、この3日間の中では物語性が一番薄かった印象。3.11の前後といった長いスパンの作品もあっ… https://t.co/awSfQVUh3h

    2年以上前

  47. マレビトの会「福島を上演する」を24日木曜日の回を見る。ある意味での「完成形」になっていると思った。

    2年以上前

  48. マレビトの会『福島を上演する』@東京芸術劇場。抜け殻のように無気力な人を、風景に馴染ませることで、そこから「思い」を滲ませるという方法論は分かる。のだけど、その風景に批評性なく、従順に、客がなじんでディテールの愉悦に浸るのはどうだろう。細部の「萌え」に走ると演劇は社会性を失う。

    2年以上前

  49. マレビトの会「福島を上演する」初めてみました。なんでもっと早くにみなかったんだろうと過去の自分が憎らしくなるくらい素晴らしかった。2時間40分、私はどこにいたんだろう。

    2年以上前

  50. 今日はひとごと。『そこに立つ』からのマレビトの会『福島を上演する』。連動企画か?というスムーズなハシゴかつ内容も特に「身振り」において並べて考えると楽しいものでした。

    2年以上前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大