演劇 大学生公演

卒業プロジェクト演劇公演

七本の色鉛筆

0 お気に入りチラシにする

演劇 大学生公演

卒業プロジェクト演劇公演

七本の色鉛筆

玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科

玉川大学 大学3号館(東京都)

2017/02/15 (水) ~ 2017/02/19 (日) 公演終了

上演時間: 約3時間10分(休憩含む)を予定

昭和の劇作家 矢代静一の名作「七本の色鉛筆」上演!

 30年間家族に尽くしてきた母の初七日、父と姉妹が集まる。七人七様の人生を謳歌している姉妹。そこに末姉妹の双子から二人の驚きの出生の事実が明かされる。それは20年間隠され続けていた、亡き母の若かりし頃の秘密でもあった。六女の文代はその秘...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/02/15 (水) ~ 2017/02/19 (日)
劇場 玉川大学 大学3号館
出演 パフォーミング・アーツ学科学生
脚本
演出 太宰久夫
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】2017/01/11
サイト

http://tamagawa2016pa.jimdo.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 公演日程<全8回公演>
2017年2月
15日(水) 18:00 晦日組
16日(木) 18:00 朔日組
17日(金) 12:30 朔日組/18:00 晦日組
18日(土) 11:00 晦日組/17:00 朔日組
19日(日) 11:00 朔日組/17:00 晦日組
※本公演は朔日組と晦日組のダブルキャスト公演です。
説明 昭和の劇作家 矢代静一の名作「七本の色鉛筆」上演!

 30年間家族に尽くしてきた母の初七日、父と姉妹が集まる。七人七様の人生を謳歌している姉妹。そこに末姉妹の双子から二人の驚きの出生の事実が明かされる。それは20年間隠され続けていた、亡き母の若かりし頃の秘密でもあった。六女の文代はその秘密に深く繋がっており…。
 その一方で、七女の巴絵は自分なりに事実を受け止め、全く別の道に進もうとしていた。
 それぞれの想う「倖せ」とは。それぞれの幸福を追い求める姉妹と父の行く末は…。
月はただそこに静かに佇んでいる…。
その他注意事項 本公演は朔日組と晦日組のダブルキャスト公演です。
受付開始は開演の45分前、開場は30分前とさせて頂きます。
未就学のお子様の入場はご遠慮いただいております。
スタッフ パフォーミング・アーツ学科学生

[情報提供] 2017/01/09 16:06 by 玉川大学パフォーミング・アーツ学科

[最終更新] 2017/02/11 14:34 by 玉川大学パフォーミング・アーツ学科

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大