演劇

アイホールがつくる「伊丹の物語」プロジェクト

「地域とつくる舞台」シリーズ

演劇

アイホールがつくる「伊丹の物語」プロジェクト

イタミ・ノート

「地域とつくる舞台」シリーズ

AI・HALL

AI・HALL(兵庫県)

2016/10/14 (金) ~ 2016/10/16 (日) 公演終了

上演時間:

「写真」と「演劇」で見る、伊丹の今と昔

三年間かけて伊丹の歴史と記憶を紐解き、演劇作品を創作する「伊丹の物語」プロジェクト。二年目となる今年は、劇作家・演出家のごまのはえが、市民から公募した伊丹の写真とそれにまつわるエピソードをもとに掌編作品を執筆。
猪名野神社の防空壕、国道171号線...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/10/14 (金) ~ 2016/10/16 (日)
劇場 AI・HALL
出演 高原綾子(ニットキャップシアター)、黒木夏海、池川タカキヨ、西村貴治、猿渡美穂(宇宙ビール)、高安美帆(エイチエムピー・シアターカンパニー)、や乃えいじ(PM/飛ぶ教室)
脚本 ごまのはえ
演出 ごまのはえ
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,000円
【発売日】
一般 1,000円
65歳以上 800円
学生 500円
※65歳以上、学生券の方は、当日受付にて証明書を提示
サイト

http://www.aihall.com/itami-note28/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月14日(金) 15:00[A]/16:30[B]/19:00[A]/20:30[B]
10月15日(土) 11:00[A]/12:30[B]/15:00[A]/16:30[B]
19:00[A]/20:30[B]
10月16日(日)  11:00[A]/12:30[B]/15:00[A]/16:30[B]

Aプログラム=<家族編>『昆陽池から来たヘビ』、『国道171号線を行く象』(上演時間/約40分)

Bプログラム=<街並み編>『崩れた灯篭、瓦礫の境内』、『カエルの居場所~震災後の街並み』、『尼宝線と防空壕とチューインガム』(上演時間/約50分)
説明 「写真」と「演劇」で見る、伊丹の今と昔

三年間かけて伊丹の歴史と記憶を紐解き、演劇作品を創作する「伊丹の物語」プロジェクト。二年目となる今年は、劇作家・演出家のごまのはえが、市民から公募した伊丹の写真とそれにまつわるエピソードをもとに掌編作品を執筆。
猪名野神社の防空壕、国道171号線を行進する象、阪神大震災で倒壊した阪急伊丹駅、そして、花街にいた伝説の親分・・・。「地域」にまつわる逸話や民話、歴史的な出来事まで、わが街“伊丹”に起こったあれこれを短いお芝居にしてお届けします。スクリーンに映し出された写真を背景に、7人の俳優が「地域の記憶」をリアルに演じます。写真と演劇で見る「伊丹の今と昔」をどうぞお楽しみに。
その他注意事項
スタッフ 主催/公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市
助成/一般財団法人地域創造
企画製作/伊丹市立演劇ホール
平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

[情報提供] 2016/09/30 16:49 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/10/13 23:51 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大