コーロ・カロス

新国立劇場 中劇場(東京都)

2016/10/18 (火) ~ 2016/10/18 (火) 公演終了

上演時間:

2016年のカロスは新作合唱オペラ「そして旅にでた―モノガタリとコエカラダと」を初演します!


「そして旅に出た」というタイトルでボクは様々な舞台表現の連作を続けている。今回の合唱オペラは「別の自分」に出会おうとする旅がモチーフで 心が抱え 現代というこの世界が隠そうとする「闇」を通り...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/10/18 (火) ~ 2016/10/18 (火)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演
作曲 寺嶋陸也
演出 加藤直
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,500円
【発売日】
S席:3,500円
A席:2,500円
サイト

http://coro-kallos.net/kallos2016

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月18日(火)19:00
説明 2016年のカロスは新作合唱オペラ「そして旅にでた―モノガタリとコエカラダと」を初演します!


「そして旅に出た」というタイトルでボクは様々な舞台表現の連作を続けている。今回の合唱オペラは「別の自分」に出会おうとする旅がモチーフで 心が抱え 現代というこの世界が隠そうとする「闇」を通り抜けると さて? というのが単純に言うと内容だ。

少々乱暴を承知でボクは「音楽・ウタ」を「闇」とと同類の異郷 探検し続けるに値する不滅の未知だと思う。

今ボクはこの冬上演する芝居の台本を書いている。アンチ・ダイアローグを文体の一つにこれからの演劇を模索しながら苦しんでいる。非対話。モノローグでもない会話の不成立。あ この次代の都会の風景だ!

そうウタや合唱にダイアローグの概念を持ち込むのはどうだろう?聞いているアナタ(他者)と対話する。声と声が時間や空間と対話する。昔 人々は夜「市」や「六道の辻」という日常と異界の間・境界を作り出し放浪人(ウカレビト)や祝福芸人たちと合唱し舞踏までして遊びパレードしたそうだ。そこで女たちと男たちが合唱しながら「闇」をテーマに対話した「歌垣」も行われ「別の世界」を夢見 体験したに違いない。
久しぶりにカロスの皆さんとこの厄介な難題を一緒に苦闘し楽しみたいと思います。

加藤 直
その他注意事項
スタッフ 作・演出:加藤直
作曲:寺嶋陸也
指揮:栗山文昭
振付:山田うん
クラリネット:橋爪恵一
パーカッション:加藤恭子
ピアノ:寺嶋陸也

[情報提供] 2016/09/27 14:13 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/09/27 14:13 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大