演劇

14+の音楽劇

サンゲツキ

デザイン:横山慶(K`s Design Works)

0 お気に入りチラシにする

演劇

14+の音楽劇

サンゲツキ

FOURTEEN PLUS 14+

福岡市中央市民センター(福岡県)

2016/06/14 (火) ~ 2016/06/14 (火) 公演終了

上演時間:

中島敦の名作「山月記」が、現代を舞台に「音楽劇」として蘇る!

(あらすじ)
これまで順風満帆な人生を歩んできたが、ある日とつぜん会社を欠勤し、自室に引きこもってしまったサトナガ。
同僚のエンドウが彼の家を訪ねると、サトナガの妻は「夫の部屋から奇妙な声が聞こえてくる」と話す。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/06/14 (火) ~ 2016/06/14 (火)
劇場 福岡市中央市民センター
出演 村上差斗志、手島曜、ともなが舞、吉田忠司、下村結香、宮木秀明(Act.base)
脚本 川津羊太郎
演出 中嶋さと
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,800円
【発売日】2016/04/10
一般前売2,500円(当日2,800円)
ペア4,500円(前売のみ) 
学生前売(小学生~大学生)1,000円(当日1,300円)
親子ペア3,000円(前売のみ) [一般1枚+学生1枚のセット券]
サイト

http://www.fourteen-plus.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月14日(火)19:00
説明 中島敦の名作「山月記」が、現代を舞台に「音楽劇」として蘇る!

(あらすじ)
これまで順風満帆な人生を歩んできたが、ある日とつぜん会社を欠勤し、自室に引きこもってしまったサトナガ。
同僚のエンドウが彼の家を訪ねると、サトナガの妻は「夫の部屋から奇妙な声が聞こえてくる」と話す。
「まるでケモノがうなるような声が」――。
 固く閉ざされたドアをはさんで、エンドウが室内に呼びかけると、サトナガの声が答えた。
「俺はケモノに身を堕としてしまった」
心配したエンドウが強引にドアを開けると、そこには、サトナガの妄想の「樹海」が広がっていた。
エンドウは、「ケモノ=ヒト喰いトラ」に身を堕としたサトナガを救おうとするが――


「山月記」
1942(昭和17)年に発表された中島敦の短編小説。唐の時代に書かれた中国の変身譚「人虎伝」が元になっている。
その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ 音楽:吉川達也
振付:百田彩乃(だーのだんす)
映像:岡本直樹(合同会社パーカップ)
衣装:倉智恵美子
舞台美術:市岡洋
大道具:ジャンクランド
舞台技術スタッフ:株式会社ステージクルー・ネットワーク
舞台監督:岡田一志
宣材写真:シム・ウヒョン(WATAGATA)

[情報提供] 2016/04/06 13:54 by 村上差斗志

[最終更新] 2016/06/21 18:44 by 村上差斗志

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー7

苅部将大

苅部将大(0)

よろしくおねがいします!

こじまゆかこ

こじまゆかこ(0)

役者・俳優 当日運営

よろしくおねがいします٩꒰*´◒`*꒱۶ෆ͙⃛

徳留春菜

徳留春菜(0)

役者・俳優 ナレーター

昨年、学校公演で上演した、「サンゲツキ」の一般公演です...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大