オペラ

ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2015

歌劇『新聞』

ロッシーニ劇場

ロッシーニ劇場(イタリア)

2015/08/11 (火) ~ 2015/08/20 (木) 公演終了

上演時間:

~ロッシーニの生まれ故郷ペーザロで行われた音楽祭~

 歌劇『ガゼッタ(新聞)』(原作:カルロ・ゴルドーニの喜劇「競争結婚」)は、名作『セビリャの理髪師』と同じ1816年に初演(1816年・ナポリ・フィオレンティーニ劇場)されたロッシーニ最盛期の作品のひとつです。

 新聞が世界のニュ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/08/11 (火) ~ 2015/08/20 (木)
劇場 ロッシーニ劇場
出演 ニコラ・アライモ、ハスミク・トロシャン、ヴィート・プリアンテ
作曲 ジョアキーノ・ロッシーニ
演出 マルコ・カルニティ
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.rossinioperafestival.it/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ~ロッシーニの生まれ故郷ペーザロで行われた音楽祭~

 歌劇『ガゼッタ(新聞)』(原作:カルロ・ゴルドーニの喜劇「競争結婚」)は、名作『セビリャの理髪師』と同じ1816年に初演(1816年・ナポリ・フィオレンティーニ劇場)されたロッシーニ最盛期の作品のひとつです。

 新聞が世界のニュースを知る最先端のメディアだった時代、金持ちが「花婿募集」の新聞広告を出したことから、さまざまな人物が登場し勘違いから生まれる騒動を、軽妙な音楽に乗せて舞台にて表現します。

<出 演>
ドン・ポンポーニオ(裕福な商人): ニコラ・アライモ
リゼッタ(ドン・ポンポーニオの娘): ハスミク・トロシャン
フィリッポ(リゼッタの恋人で宿屋の主人): ヴィート・プリアンテ
ドラリーチェ(アンセルモの娘): ラファエルラ・ルピナッチ
アンセルモ(旅の商人): ダリオ・シクミリ
アルベルト(理想の女性を求める青年): マキシム・ミロノフ
マダム・ラ・ローゼ(旅人): ホセ・マリア・ロ・モナコ
トラヴェルセン: アンドレア・ヴィンチェンツォ・ボンシニョーレ
トンマージ: エルネスト・ラマ
その他注意事項
スタッフ <合 唱>ボローニャ市立歌劇場合唱団
<管弦楽>ボローニャ市立歌劇場管弦楽団
<指 揮>エンリケ・マッツォーラ
<演 出>マルコ・カルニティ

[情報提供] 2016/02/29 00:33 by 長寿郎

[最終更新] 2016/03/05 00:50 by 長寿郎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大