ミュージカル

全労済文化フェスティバル2016参加

ミュージカル「雪のプリンセス」

0 お気に入りチラシにする

ミュージカル

全労済文化フェスティバル2016参加

ミュージカル「雪のプリンセス」

Zero Project

全労済ホール/スペース・ゼロ(東京都)

2016/03/30 (水) ~ 2016/04/02 (土) 公演終了

上演時間:

ディズニー映画『アナと雪の女王』の「Let it go」をはじめ、すべての挿入歌の訳詞、
そして劇団四季『アラジン』の訳詞を手がけた高橋知伽江が10年に及び温めていた脚本、
アンデルセン作の「雪の女王」をモチーフとした新作ミュージカル『雪のプリンセス』の
上演がついに決定いたしました!
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/03/30 (水) ~ 2016/04/02 (土)
劇場 全労済ホール/スペース・ゼロ
出演 吉川友、片山陽加、木根尚登、安奈淳、小笠原健、高橋胡桃、五大輝一、北島大輝、吉田明花音、兒玉拓真、茅野希咲、村井成仁 、溝渕俊介 、扇けい 、柏円 、大河内美帆、竹内麗 、植松千穂 、鷲見心花 、井上晴菜 、谷一葉 、木村瑞樹 、宮﨑夕海里 、山口陽愛 、竹村心優、片岡芽衣 、日高世那 、中村宙喜 、岡本唯 、岡本ひなた、川田菜々子 、小渡優菜 、Shao 、大胡愛恵 、花岡香純、宮原理子
作曲 片野真吾
脚本 高橋知伽江
演出 大杉良
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 8,000円
【発売日】2016/01/25
<全席指定>
SS席:8,000円(特典付き)
S席:6,800円
A席:5,500円
子供料金:4,800円


サイト

http://www.zeropro.net/snow-princess.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月30日(水)19:00
3月31日(木)19:00
4月 1日(金)14:00/19:00
4月 2日(土)12:00/17:00
4月 2日(日)12:00/17:00
説明 ディズニー映画『アナと雪の女王』の「Let it go」をはじめ、すべての挿入歌の訳詞、
そして劇団四季『アラジン』の訳詞を手がけた高橋知伽江が10年に及び温めていた脚本、
アンデルセン作の「雪の女王」をモチーフとした新作ミュージカル『雪のプリンセス』の
上演がついに決定いたしました!
グリーンフェスタ2015「BIG TREE THEATER賞」を受賞したミュージカル『TRAILS』の
演出を手がけた大杉 良と熟練コンビで実現!


季節が夏で止まったまま60年がたった未来の日本。
コユキ、ツララ、シズクの三きょうだいの両親は、
科学者として季節が消えた謎をとくために北極に行き、事故で亡くなった。
ツララは両親が目指した北極の中心、スノー・キャッスルに行きたいと願っていた。

スノー・キャッスルは冬の妖精の国。雪の女王がこの世を去った後、
娘であるプリンセスが女王になるのを拒否し、季節が止まっていた。
困り果てた家来たちは、プリンセスを元気づけるために人間を連れてくる計画をたてる。
ねらわれたのがツララだった。

誘拐されたツララは、プリンセスが隠し続けた秘密を知って心が揺れる。
一方、コユキとシズクは、冬の妖精たちと共に、ツララを救いだそうとする。
しかし、その夜、家来たちはプリンセスに対してとんでもないことをたくらんでいた……。

クリスマスの夜、雪の宮殿では何が起きるのか。ツララは無事に家に戻れるのか。
そして、プリンセスは雪の女王になるのだろうか……。
その他注意事項 ※子供料金の対象は、3歳以上12歳以下です。
※3歳未満の入場は原則としてご遠慮願います。
スタッフ 振付 柴田 桃子
舞台美術 土屋 茂昭
プロデューサー 伊藤 綾美
公演日程 2016年3月30日(水)~4月3日(日) ※全8回公演
会場 全労済ホール / スペース・ゼロ
衣装 学校法人・専門学校 モード学園
協力 アール・クルー / 演劇女子部
協賛 Olympic
後援 毎日新聞社 / 文化放送
特別協力 オリコンデビュー
企画製作 Zero Project
主催 全労済

[情報提供] 2016/02/25 16:47 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/04/03 23:56 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大