小田尚稔の演劇

ふらんす座(音楽喫茶ヲルガン座3F)(広島県)

2016/05/14 (土) ~ 2016/05/15 (日) 公演終了

上演時間:

つぎは、プラトン(Plato:BC427-347)の『ソクラテスの弁明(Apologia Socratis)』をモチーフにして、作品をつくりたいと思っています。『ソクラテスの弁明』は、ソクラテスの一人語り(モノローグ)の形式で著された作品です。ですので、今回のこの作品はモノローグで構成しようと...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/05/14 (土) ~ 2016/05/15 (日)
劇場 ふらんす座(音楽喫茶ヲルガン座3F)
出演 山村麻由美
脚本 小田尚稔
演出 小田尚稔
料金(1枚あたり) 1,800円 ~ 1,800円
【発売日】
サイト

http://odanaotoshi.blogspot.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2016年5月14日(SAT)-5月15日(SUN)[全3回公演を予定]
5/14 (SAT) 19:30-
5/15 (SUN) 15-/19:00
説明 つぎは、プラトン(Plato:BC427-347)の『ソクラテスの弁明(Apologia Socratis)』をモチーフにして、作品をつくりたいと思っています。『ソクラテスの弁明』は、ソクラテスの一人語り(モノローグ)の形式で著された作品です。ですので、今回のこの作品はモノローグで構成しようと考えています。
相変わらず「よい」という抽象的な事柄について、付言すれば、「『よく生きる』とはどのようなことか」について、演劇作品の上演を通して深く考えたいなと思っております。ただ、ほんと、ぼんやりとです。
タイトルの「凡人の言い訳」はソクラテスのように哲人でもなく、弁明のように高尚なものでもない、市井の人の言い訳程度という意からそうしました。
話は変わるのですが、私の祖父は自らの意思で亡くなりました。ソクラテスも、最期、自ら毒杯を飲んで死を選ぶのですが、彼らは言い訳なんてしなかったように思います。
他方、私自身、言い訳ばかりの恥ずかしい半生で、現状、「よく生きる」ことと、随分かけ離れて生活しているようにも思います。
またそれとは別に、「よく生き」た人の最期は、本当に「よい」ものであったのでしょうか。そんなことを最近は思ったりもしています。
こんな感じの文章を書いていると、なんだか、かたくて暗いお話になってしまうような気もするのですが、敬愛しているアキ・カウリスマキ(Aki Kaurismäki:1957-)監督に習って、作品を「観終わった人が少し幸せになれるように」という心持ちで文章を書いたり、上演が出来ればな、なんて思っております。
そんな私(凡人)の言い訳。
その他注意事項 ※広島での公演では、ドリンク代が別途かかってきますのでご注意下さい。
※受付は各回開演の40分前,開場は20分前。
スタッフ 制作協力 土屋光 むらのほなみ
音楽 原田裕介
舞台美術協力 本橋龍
宣伝美術 中村みどり
協力 AMD 栗☆兎ズ シバイエンジン
企画・制作 小田尚稔

[情報提供] 2015/11/20 22:49 by oda

[最終更新] 2016/01/04 22:48 by oda

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大