演劇

新橋演舞場12月公演

舟木一夫特別公演

0 お気に入りチラシにする

演劇

新橋演舞場12月公演

舟木一夫特別公演

松竹

新橋演舞場(東京都)

2015/12/01 (火) ~ 2015/12/23 (水) 公演終了

上演時間:

一、気ままにてござ候
幕末の英雄・「勝海舟」を育んだ無頼の父・「勝小吉」
水谷八重子との初顔合わせでお楽しみいただく、
快漢、風を切ってまかり通る痛快朗らかばなし。

第一部『―巷談・勝小吉― 気ままにてござ候』では、幕末の英雄〝勝海舟〟 を育んだ父・〝勝小吉〟の半生を描く痛快朗ら...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/12/01 (火) ~ 2015/12/23 (水)
劇場 新橋演舞場
出演 舟木 一夫 、水谷 八重子 、林 与一 、英 太郎 、葉山 葉子 、曽我廼家 文童 、林 啓二 、山内 としお 、坂西 良太 、小林 功 、真木 一之 、川上 彌生 、山吹 恭子 、矢野 淳子 、長谷川 かずき
脚本 齋藤雅文
演出 金子良次
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 14,000円
【発売日】2015/10/25
1等席:13,000円
2等席:8,500円
3階A席:4,500円
3階B席:3,000円 
桟敷席:14,000円
サイト

http://www.shochiku.co.jp/play/enbujyo/schedule/2015/12/post_218.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月1日(火)~23日〈水・祝)
昼の部 11:00
夜の部 16:00
説明 一、気ままにてござ候
幕末の英雄・「勝海舟」を育んだ無頼の父・「勝小吉」
水谷八重子との初顔合わせでお楽しみいただく、
快漢、風を切ってまかり通る痛快朗らかばなし。

第一部『―巷談・勝小吉― 気ままにてござ候』では、幕末の英雄〝勝海舟〟 を育んだ父・〝勝小吉〟の半生を描く痛快朗らかばなしをお楽しみ頂きます。
小吉は、旗本の三男として生まれ、江戸で有数の剣士と呼ばれるほど腕が優れ、喧嘩も強く、吉原遊びを好むなど、その自由奔放な生き方は数々の伝説を残しました。
自伝「夢酔独言(むすいどくげん)」は現代でも読み継がれ、小吉を題材とした歌舞伎・映画・ドラマではその時代を代表する名優が演じてきました。
そして今回、その勝小吉役に舟木一夫が初めて挑みます!
共演に初顔合わせとなる水谷八重子をはじめ、豪華俳優陣 を迎えて贈る珠玉の舞台にご期待ください。  

時は江戸。旗本・勝家の婿養子として暮らす小吉は、無役の上、喧嘩の助っ人の依頼、遊びの誘いにすぐ家を飛び出し、無頼三昧。
そんな小吉に怒った勝家の祖母・環からは役職に就くまで祝言はさせぬと宣言されてしまう。
そんな中、ある出来事をきっかけに家出同然に出奔して しまった小吉。そこへ、許嫁・おのぶが身重だと知らせが入り…。

二、シアターコンサート《昼・夜別構成》
第二部「シアターコンサート」は、昼の部、夜の部を別構成でお届けいたします。
新曲「春はまた君を彩る」「そばにいるから」や「高校三年生」「絶唱」などお馴染みの名曲・大ヒット曲で彩られた心に響く華やかなステージをご堪能ください。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2015/10/15 11:33 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/10/15 11:37 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大