アイロハシュ―太陽の息子

0 お気に入りチラシにする

名取事務所

シアターX(カイ)(東京都)

2015/07/24 (金) ~ 2015/07/26 (日) 公演終了

上演時間:

フィンランド語・サーミ語上演、日本語、英語字幕付き

「アイロハシュ―太陽の息子(Aillohas - the son of the sun)」は、2人のフィンランド人舞台芸術家、フィンランド国演劇賞を受賞している劇作家アリ・ペッカ・ラッティ(Ari-Pekka Lahti)と、著名な振付...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/07/24 (金) ~ 2015/07/26 (日)
劇場 シアターX(カイ)
出演 ヤルコ・ラッティ、マーリ・サッレ、ティーナ・ヴェックストローム、アイロシュ
脚本 アリ・ペッカ・ラッティ
演出 アリ・ペッカ・ラッティ
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 4,000円
【発売日】
<全席自由>
午前:4,000円
午後:4,500円
学生:2,000円(名取事務所のみ取扱い)
サイト

http://www.theaterx.jp/15/150724-150726t.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7月24(金) 19:00
7月25(土) 14:00
7月26(日) 14:00
説明 フィンランド語・サーミ語上演、日本語、英語字幕付き

「アイロハシュ―太陽の息子(Aillohas - the son of the sun)」は、2人のフィンランド人舞台芸術家、フィンランド国演劇賞を受賞している劇作家アリ・ペッカ・ラッティ(Ari-Pekka Lahti)と、著名な振付師ハンナ・ブロテルス(Hanna Brotherus)が手掛けた新作舞台演劇です。
フィンランド極北の地、先住民族サーミの居住地に、トナカイ守りの息子で、繊細で夢見がちな少年が住んでいました。 やがて地域に伝わる成人の儀式を迎えたとき、彼は若い雌のトナカイを刺し殺すことを拒みました。男性的な通過儀礼を果たせなかったのは、彼が自然と深いつながりを持っていたからでした。彼はラップランドのツンドラを歩き回り、鳥たちと一緒に歌うのが好きでした。彼の行動は地元住民たちから冷ややかな目で見られました。親戚たちでさえも、彼が本当の男になれるのだろうかと心配し始めました。しかし彼にはある使命があったのです。その使命を果たすため、彼は故郷を離れて世界へと飛び出し、ニルス・アスラク・ヴェルケアペーの名で知られるようになりました。地域の偏見と国の本流との狭間で、堅い決意を秘めた若者は、自身の民族文化の革新的なパイオニアへと成長したのです。 本作品は、自己不信に陥りつつも自己を追究し、芸術の喜びと名声の苦しみの両方を見出したアーティストの肖像を描いています。一人の男性の運命を、力強く、美しく詩的に描くとともに、ラップランドに暮らすサーミの人々と彼らのアート、そして生き残りのための闘いについても伝えています。物語は、環境の破滅に盲目的に突き進む世界で、美しさと純粋さを求める切なる思いを表現しています。 ニルス・アスラク・ヴァルケアペー(サーミ語で「アイロハシュ(Aillohas)」)(1943年~2001年)は、サーミの芸術と文化をフィンランドの国内外に広めた最も有名なサーミ人芸術家の一人です。ヴァルケアペーにとって、日本はもう一つの故郷といえます。彼は多くの時間を日本で過ごし、日本文化の影響を強く受けました。彼の作品が日本でもよく知られているのはそのためです。ヴェルケアペーは多彩な才能を持ち、作家、音楽家、ビジュアル・アーティストとして成功を収めました。 最も広く読まれている作品の一つ「わが父、太陽よ(Beaivi, ahcazan)」は、1991年度の北欧審議会文学賞を受賞しています。
本作品はフィンランド国立劇場、ノルウェー国立サーミ劇場、ルスカ・アンサンブルによる共同演劇プロジェクトです。初演は2014年、サーミのナショナルデーである2月6日にフィンランド国立劇場で行われました。
その他注意事項
スタッフ 脚本・演出 : アリ・ペッカ・ラッティ、ハンナ・ブロテルス
舞台美術 : カトリ・レント
衣装 : ベーリット・マーリット・ヘッタ
音楽 : トマス・ロウナカリ
振付 : ハンナ・ブロテルス
照明・音響 : ハッリ・ケヨネン
文学アドバイザー : ヤルコ・ラフティ
プロデューサー : 名取敏行
ホイクール・グンナルソン

[情報提供] 2015/06/24 15:57 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/07/28 11:59 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大