オペラ

東京二期会オペラ劇場

「リゴレット」

財団法人東京二期会

他劇場あり:

2015/02/19 (木) ~ 2015/02/25 (水) 公演終了

上演時間:

《ものがたり》
リゴレットは、好色男のマントヴァ公爵に仕える道化師。人を笑いの種にするため、他の家臣から憎まれている。この夜も、公爵に娘を弄ばれたモンテローネ伯爵を笑いものにしたため、伯爵から「呪われろ」と言われ、恐れおののく。
リゴレットにとって唯一の生き甲斐は美しいひとり娘ジルダのこと...

もっと読む

Access

公演詳細

期間 2015/02/19 (木) ~ 2015/02/25 (水)
出演 古橋郷平、山本耕平、上江隼人、成田博之、佐藤優子、新垣有希子、ジョンハオ、伊藤純、谷口睦美、加藤のぞみ、与田朝子、小泉詠子、原田勇雅、野村光洋、杣友惠子、成田伊美、長谷川寛、泉良平、加藤史幸、山口邦明、今尾滋、渡邉公威、小倉牧子、宮澤彩子
作曲
演出
料金(1枚あたり) 6,000円 ~ 16,000円
サイト

http://www.nikikai.net/lineup/rigoletto2015/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
説明 《ものがたり》
リゴレットは、好色男のマントヴァ公爵に仕える道化師。人を笑いの種にするため、他の家臣から憎まれている。この夜も、公爵に娘を弄ばれたモンテローネ伯爵を笑いものにしたため、伯爵から「呪われろ」と言われ、恐れおののく。
リゴレットにとって唯一の生き甲斐は美しいひとり娘ジルダのことだった。しかし、そのジルダは、学生に扮したマントヴァ公爵に口説かれ心を奪われる。さらに、ジルダは、リゴレットを恨む家臣たちに誘拐され、公爵の館に連れていかれてしまう。
娘を必死で探すリゴレットは公爵の館でジルダと再会する。そこでジルダからマントヴァ公爵との一件を明かされ、復讐を心に誓う。
マントヴァ公爵は、酒場で殺し屋スパラフチーレの妹マッダレーナを口説いている。リゴレットは、ジルダに公爵のことを忘れさせようと、その様子を窓越しに見せる。
リゴレットはスパラフチーレに公爵の殺害を依頼する。それを知ったマッダレーナは、彼女もまた公爵に心を奪われていたので、兄を引き止めようとする。その一部始終を、ジルダも密かに耳にしていた。
真夜中、リゴレットはスパラフチーレから麻袋に入れられた約束の死体を受け取る。が、そのとき、死んでいるはずの公爵の歌声が。驚くリゴレットの前に横たわるものは、瀕死の愛娘だった−−
その他注意事項
スタッフ 指揮: アンドレア・バッティストーニ
演出: ピエール・ルイジ・サマリターニ/エリザベッタ・ブルーサ

美術: ピエール・ルイジ・サマリターニ
照明: アンドレア・ボレッリ

合唱指揮: 佐藤 宏
演出助手: 菊池裕美子

舞台監督: 佐藤公紀
公演監督: 直野 資

[情報提供] 2015/02/03 15:02 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/02/04 18:34 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大