演劇

板橋ビューネ2015関連企画

安部公房特集:演劇と文学の交差点ー身体とイメージを操るー

演劇

板橋ビューネ2015関連企画

現代演劇のための俳優ワークショップ

安部公房特集:演劇と文学の交差点ー身体とイメージを操るー

実演鑑賞

サブテレニアン

演劇フリースペース・サブテレニアン(東京都)

2015/01/23 (金) ~ 2015/01/25 (日) 公演終了

上演時間:

公式サイト: http://itabashi-buhne.jimdo.com/2015-1/wsプログラム-1月23-25日/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
身体、空間、イメージに特化した、現代演劇のためのワークショップです。
安部公房の演劇と、身体訓練に精通する方々を講師に迎えました。若手・熟練は問いません。俳優としての経験がなくても、演劇に興味がある、現代演劇に触れてみたいと考えるアマチュアの方もご参加いただけます。

今日、言葉に頼らな...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/01/23 (金) ~ 2015/01/25 (日)
劇場 演劇フリースペース・サブテレニアン
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,600円
【発売日】2015/01/01
A〜D 1600円/回
E 1000円
公式/劇場サイト

http://itabashi-buhne.jimdo.com/2015-1/wsプログラム-1月23-25日/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1月23日(金)13:00A/16:00B/19:00C
1月24日(土)13:00A/16:00B/19:00D
1月25日(日)13:00AB/16:00C/19:00E

講師陣

A:横田宇雄
B:清末浩平
AB:横田宇雄・清末浩平
C:智春
D:古賀彰吾
E:安部公房スタジオ作品の上映+木村陽子・大西加代子(座学)
説明 身体、空間、イメージに特化した、現代演劇のためのワークショップです。
安部公房の演劇と、身体訓練に精通する方々を講師に迎えました。若手・熟練は問いません。俳優としての経験がなくても、演劇に興味がある、現代演劇に触れてみたいと考えるアマチュアの方もご参加いただけます。

今日、言葉に頼らない舞台表現が盛んになり、必ずしも台詞の言い方や役作りだけが俳優の技能ではなくなっています。現代の俳優にはこうした技能に加えて、「たたずまい」や「存在感」、「演じていない(ように見える)身体性」が求められます。ただし、こうした俳優の存在について明確な指針を持っている演出家や稽古場は少ないかもしれません。「とにかく、何か面白いことをしてみて」とか「なんでもいいから動いてみて」など言われることもあるでしょう。もし、俳優の「存在」の仕方に方法があるとしたら、一体どのようなものでしょうか。

安部公房は新劇とアングラの間にあって、現代演劇の俳優教育の必要性を唱えました。この考えは2000年以降の演劇を巡る状況を考えると、よりいっそう切実であるように思われます。いわゆる「アートマネジメント」が大学やシンクタンクなどの学術的な機関で育っていったのに対して、日本では現代演劇の俳優教育の分野はいまだに土台となる理論的な基盤すらも育っていません。

「新劇からアングラへ」という日本演劇史にとっての異端である安部公房スタジオの活動。WSという実践的な側面・過去作品の上映という歴史的な側面・そして安部公房研究者である木村陽子さんと安部工房スタジオ創設メンバーの大西加代子さんを呼んでの対談という学術的側面。三つの側面から、改めて日本演劇史を捉えなおす場を設けました。

参加表明いただいた講師の皆さんの熱意が皆さんにも伝わればと思っています。

現代演劇について考え、実践する濃密な三日間!
その他注意事項 動きやすい服装でお越し下さい。
スタッフ

[情報提供] 2015/01/06 16:51 by サブテレニアン

[最終更新] 2015/01/06 16:59 by サブテレニアン

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

サブテレニアン

サブテレニアン(1)

演出 制作 その他(プロデュース)

刺激的なWSになると思います。皆さん、是非!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大