野郎歌舞伎 墨堤桜

デザイン:間馬健祥

0 お気に入りチラシにする

実演鑑賞

劇団め組

アサヒ・アートスクエア(東京都)

2015/03/26 (木) ~ 2015/03/29 (日) 公演終了

上演時間:

公式サイト: http://www.yogipro.co.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
開場してから開演までの1時間、お酒を飲みながら楽しんでいただける様々な催し物があります!
是非、お早目にご来場いただき楽しんでいってください!


<あらすじ>
出雲の阿国によって創始された〝かぶき″。
しかし、女かぶきは風紀上の名目で幕府により禁止され、続いて登場した若衆かぶきも...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/03/26 (木) ~ 2015/03/29 (日)
劇場 アサヒ・アートスクエア
出演 藤原習作、新宮乙矢、渡辺城太郎
脚本 合馬百香
演出 与儀英一
料金(1枚あたり) 4,500円 ~ 4,500円
【発売日】
全席自由
公式/劇場サイト

http://www.yogipro.co.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月26日(木)19:00
3月27日(金)14:00/19:00
3月28日(土)13:00/18:00
3月29日(日)14:00
説明 開場してから開演までの1時間、お酒を飲みながら楽しんでいただける様々な催し物があります!
是非、お早目にご来場いただき楽しんでいってください!


<あらすじ>
出雲の阿国によって創始された〝かぶき″。
しかし、女かぶきは風紀上の名目で幕府により禁止され、続いて登場した若衆かぶきも男色の禁によって幕府から上演禁止命令を受ける。
折りしも1657年、江戸で明暦の大火が発生。江戸の町と各座は焼失し、〝かぶき″はいよいよ存続の危機に瀕するが、そこに一人の役者が立ち上がった。その名も猿若勘三郎。
彼は幕府の弾圧から逃れるため、〝野郎歌舞伎″を創設し、時の権力と闘いながら市井の人々と力を合わせ、新たなエンターテイメントの創造へとひた走る。そして、焼け果てた隅田川の堤でついに新作を上演するに至るが―。
女かぶき、若衆かぶき、そして野郎歌舞伎へと進化を続けながら今に至る日本の伝統文化を支えたエネルギーのルーツとは…?
その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ

[情報提供] 2014/11/25 10:48 by 松島

[最終更新] 2015/04/04 10:10 by 松島

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

president

president(0)

その他(スタッフ)

こんにちは! よろしくお願いします!

松島

松島(0)

制作

制作に関わっています。 よろしくお願いします。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大