実演鑑賞

早稲田大学演劇博物館

早稲田大学大隈記念講堂(東京都)

2014/11/19 (水) ~ 2014/11/19 (水) 公演終了

上演時間:

公式サイト: http://web.waseda.jp/enpaku/ex/1051/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
企画展『寄らば斬るぞ! 新国劇と剣劇の世界』関連講座として、新国劇に所縁の深い大隈大講堂を舞台に、本格的な演劇公演を開催します。出演は、俳優の笠原章氏(1969年新国劇入団)を中心に、新国劇の解散後も劇団の精神を守るべく活動を続ける劇団「若獅子」。新国劇の代表的な演目より「赤城の山も今夜を限り...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/11/19 (水) ~ 2014/11/19 (水)
劇場 早稲田大学大隈記念講堂
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
観覧無料・事前申込制
公式/劇場サイト

http://web.waseda.jp/enpaku/ex/1051/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 企画展『寄らば斬るぞ! 新国劇と剣劇の世界』関連講座として、新国劇に所縁の深い大隈大講堂を舞台に、本格的な演劇公演を開催します。出演は、俳優の笠原章氏(1969年新国劇入団)を中心に、新国劇の解散後も劇団の精神を守るべく活動を続ける劇団「若獅子」。新国劇の代表的な演目より「赤城の山も今夜を限り…」の名台詞で知られる剣劇の古典『極付国定忠治』、殺陣の芸術性を追求した『殺陣田村』を上演していただきます。

◆『極付国定忠治』
江戸時代後期、上州(現在の群馬県)を中心に活躍した侠客国定忠治の物語。農民救済のために悪代官と対決した忠治が逃亡の旅に出るまでを格調高く描く「赤城天神山不動の森」の場面より、信州(現在の長野県)を逃亡中の忠治が悪辣な親分山形屋藤造の一味を瞬時に斬り伏せる「半郷の松並木」(通称「小松原」)の場面までを上演します。
◆『殺陣田村』
澤田正二郎立案。殺陣の芸術性を追求した作品。謡曲『田村』の調べを背景に、紋付・袴姿の俳優が殺陣の型を演じます。

劇団「若獅子」
1987年の新国劇解散に際し、若手劇団員を中心に結成された劇団。新国劇の名作を中心に、迫真的な殺陣を織り込んだ剣劇の上演を続ける。代表は笠原章(1969年新国劇入団)。松尾芸能賞など受賞多数。
その他注意事項
スタッフ 主催:早稲田大学 演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点
監修:田中林輔
協力:日本時代劇研究所

[情報提供] 2014/11/20 06:19 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/11/20 06:20 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大