ジョン・ヘンリック・ドン・ペンバートンの最小限な景色

0 お気に入りチラシにする

実演鑑賞

多摩美術大学卒業制作展 めっけ!

Geki地下Liberty(東京都)

2015/01/21 (水) ~ 2015/01/25 (日) 公演終了

上演時間:

公式サイト: http://www.mekkeien.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
偉大なる作家、ジョン・ヘンリック・ドン・ペンバートンの晩年の手記の終わりに、
こう書かれてありました。

『駆け抜ける都会を飛び出し、汽車を走らせ古き良きオールドタウンで駆け出し時代を、ペンを走らせ書けない日々を、あとには戻れぬ世界の端の絶海の孤島でひとり晩年を。
 朝を越えないご夫人...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/01/21 (水) ~ 2015/01/25 (日)
劇場 Geki地下Liberty
出演 今泉和希、岡戸千咲、守利郁弥、須藤瑞己、中村亮太、来栖梨沙、三宅章太郎
脚本 三宅章太郎
演出 三宅章太郎
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】2014/12/01
公式/劇場サイト

http://www.mekkeien.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 偉大なる作家、ジョン・ヘンリック・ドン・ペンバートンの晩年の手記の終わりに、
こう書かれてありました。

『駆け抜ける都会を飛び出し、汽車を走らせ古き良きオールドタウンで駆け出し時代を、ペンを走らせ書けない日々を、あとには戻れぬ世界の端の絶海の孤島でひとり晩年を。
 朝を越えないご夫人と、腕利き庭師の語り、
その弟子の盗み書きと傲り高ぶる女優の嘆きも今となっては夜明けも待てない。
明日を聞かせる橋渡しはどこまでも、どこへでも、鉄の道を鋭くみつめる。

さらに続けて、

『作家ほどの愚か者はいない。書けもしないで過去を掻き捨て駆け走る、
これは私にとって賭けであり、かけがえのない書きかけであり、書き捨てようもない走り書きである。まさに、旅の恥は”書き捨て”・・・なーんちゃって』


そう書いて、彼はこの世を去りました・・・


なーんちゃって!
そんな作家はいやしませんが、それらをちょっと芝居にしてみました。

その他注意事項 アフタートークあり
1/22 19:00公演後 ゲスト:高萩宏(東京芸術劇場 副館長)
スタッフ 音響    三宅章太郎
衣裳・美術 土田寛也
宣伝美術  今泉和希 菅原竜介
制作    有田早希

[情報提供] 2014/11/12 08:39 by りた

[最終更新] 2015/02/13 16:39 by りた

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

三宅

三宅(0)

脚本 演出

ソケット 卒業公演です。

りた

りた(35)

役者・俳優 ダンサー 脚本 演出 制作 当日運営

三宅組

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大