演劇

2014 春のミニツアー

男の60分 -2014-

0 お気に入りチラシにする

演劇

2014 春のミニツアー

男の60分 -2014-

ゲキバカ

他劇場あり:

2014/03/19 (水) ~ 2014/03/27 (木) 公演終了

上演時間:

母が亡くなり久しぶりに実家へと帰ってきた「俺」。

セミの音のとどろく夕暮れに、ふと少年の日を思い出す。

仲間と遊んだ野原、無茶して溺れた川、無性に冒険心を掻き立てられた山。

当時とは変わってしまったもの、けして変わらないもの。
そして母への想い。
-----/-----/...

もっと読む

Access

公演詳細

期間 2014/03/19 (水) ~ 2014/03/27 (木)
出演 西川康太郎、石黒圭一郎、鈴木ハルニ、伊藤今人、菊池祐太、伊藤亜斗武(以上、ゲキバカ)、書川勇輝(Fitone)
脚本 柿ノ木タケヲ
演出 柿ノ木タケヲ
料金(1枚あたり)
サイト

http://www.gekibaka.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
説明 母が亡くなり久しぶりに実家へと帰ってきた「俺」。

セミの音のとどろく夕暮れに、ふと少年の日を思い出す。

仲間と遊んだ野原、無茶して溺れた川、無性に冒険心を掻き立てられた山。

当時とは変わってしまったもの、けして変わらないもの。
そして母への想い。
-----/-----/-----/-----/-----/-----

<解説>
2009年3月に愛知で行われた演劇博覧会「カラフル3」で上演するために創作した短編作品です。

その「カラフル3」では、審査員推薦および観客投票1位の2冠で予選通過。
本選でも「観客投票1位」と地元の高校生が選ぶ「ハイスクールミーティング賞」を獲得しました。

また、同年4月にも東京で上演し「CoRich舞台芸術まつり!2009春」にて準グランプリを獲得しました。
この公演をきっかけに本拠地以外での公演ができるようになった、ターニングポイントにもなった作品です。

また、テーマの普遍性から高校生による上演がされたり、観客のみならず、批評家や演劇関係者からの再演の要望が多い作品でもあります。

初演から5年が経過する2014年3月、劇団も体制が変わり、新たなメンバーも増えた中で、改めてこの作品に挑戦します!
その他注意事項 アフターイベント予定。
続報をお待ちください!!!!!

【2014.1.24更新】
★東京初日19日は、チケット代金に1ドリンク付き!終演後の打ち上げに参加頂けます!!
【2014.2.24更新】
大阪限定!プレミアムイベント「ごんべい〜大阪冬の陣〜」の上映会が決定!
スタッフ 制作:浅倉良徳、吉田千尋、宮崎正輝、鉾木章浩
お休みメンバー:渡辺毅、中山貴裕
企画・製作:ゲキバカ

[情報提供] 2014/01/13 00:15 by ちひろ

[最終更新] 2014/06/17 14:34 by 悪徳

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー4

HOKOKI

HOKOKI(52)

制作 当日運営

ゲキバカ、とても今公演、楽しみですね。

ミヤザキ

ミヤザキ(0)

照明 制作

今回は出来ませんが、また愛知でもこの作品を上演したいです。

悪徳

悪徳(17)

制作

制作です。いつの日かこの芝居のタイトルは変えるかもしれ...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大