いわき演劇の会+いわきアリオス共同企画「東の風が吹くとき」

0 お気に入りチラシにする

いわき演劇の会

他劇場あり:

2013/08/24 (土) ~ 2013/09/29 (日) 公演終了

上演時間:

この物語は3月16日の夕方から始まる。福島第一原発から40キロ程離れた農村の一隅。そこで慎ましく生活してきた一家、おじいさんとおばあさん、次男夫婦、その娘夫婦と幼児。その酪農一家が放射能汚染によって、どのように生活の手段を断たれ、どのように家族が家を離れていったか。なぜ、おじいさんとおばあさん...

もっと読む

Access

公演詳細

期間 2013/08/24 (土) ~ 2013/09/29 (日)
出演 萩佳代子、浅見敦子、吾妻未来、鈴木アサ子、高比良勝美、竹田一行、萩久典、箱崎礼奈、橋本仁志、蛭田智道、二面由希、水品修、馬上達也、門馬明子、横山晋三、吉田いづみ、吉田浩美、渡辺里美
脚本 高木達(劇団青年座)
演出 高木達(劇団青年座)
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
サイト

http://iwaki-alios.jp/cd/app/index.cgi?C=event&H=PAGE&dataID=01135

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
説明 この物語は3月16日の夕方から始まる。福島第一原発から40キロ程離れた農村の一隅。そこで慎ましく生活してきた一家、おじいさんとおばあさん、次男夫婦、その娘夫婦と幼児。その酪農一家が放射能汚染によって、どのように生活の手段を断たれ、どのように家族が家を離れていったか。なぜ、おじいさんとおばあさんは残ったのか。これらの出来事を、農村に振りかかった災難と、その後の避難を時間軸にそって描いてゆく。だがこれは、決して原発事故告発の物語ではない。物語の時間軸に放射能による汚染と避難があるに過ぎない。避難することもなく、牛や畑を守るためにこの土地に残ったおじいさん。家を守り、おじいさんの体を心配するおばあさん。お互いを慈しむ愛の物語なのである。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/09/29 17:04 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/09/29 17:07 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大