演劇

Fling Fish Sausage Club NO.11-W

ジオラマサイズの断末魔

0 お気に入りチラシにする

演劇

Fling Fish Sausage Club NO.11-W

ジオラマサイズの断末魔

Fling Fish Sausage Club

他劇場あり:

2013/11/03 (日) ~ 2013/11/13 (水) 公演終了

上演時間:

短編4本からなる、オムニバス形式

ケロヨン
ケロヨンは、毒虫(コドク)だ。元は毒ガエルだったが、呪術に使われて、そして忘れ去られた。井戸の底にもう、何百年も暮らしている。そこへ、ある日、女が降ってきた。
女は言う。私は孤独よ。ボクもコドクだ!!

一万六千五百八十九円
 あの震...

もっと読む

Access

動画1

すべて見る

11月3日和歌山公演 11月12/13日 大阪公演の
Fling Fish Sasuage Club NO.11
ジオラマサイズの断末魔 宣伝動画です。
今回再演する短編の過去の動画をダイジェストで。
出演者は、変更になっているので、気をつけてくださいませ!
公演の詳細は、下のURLから
http://www4.ocn.ne.jp/~ffsc/ffsc/next/jiorama/jiorama.htm

公演詳細

期間 2013/11/03 (日) ~ 2013/11/13 (水)
出演 岡村淳平、小山花奈、大休真紀子(森林浴)、二宮正晃(本若)
脚本 松永恭昭
演出 森本洋史(桃園会)
料金(1枚あたり) 500円 ~ 2,000円
サイト

http://www4.ocn.ne.jp/~ffsc/ffsc/next/jiorama/jiorama.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
説明 短編4本からなる、オムニバス形式

ケロヨン
ケロヨンは、毒虫(コドク)だ。元は毒ガエルだったが、呪術に使われて、そして忘れ去られた。井戸の底にもう、何百年も暮らしている。そこへ、ある日、女が降ってきた。
女は言う。私は孤独よ。ボクもコドクだ!!

一万六千五百八十九円
 あの震災の一週間後のとある地方都市。そこにすむ男は、駅前で募金活動をして、風俗に行き、コンビニで弁当を買って、オナニーをして、ご飯を食べて、テレビを見ながらさらにオナニーをして、コンビニ行って、24万0678円を、募金箱に突っ込んで、首をつろうと一度して、ぐっすり寝ました。

 モーニングアゲイン
ちょっと未来のお話。月へ自由へいける時代。なのに、まだ月へ行く発明を続ける男と、月から帰ってきた女の、すこしずれたラブコメディー。

 石を積む女の話
ある日気づくと、私は石を積んでいた。なぜ石を積んでいるのかは分からないが、ただ、石を積まなければならない。そして、夕方に、鬼がやってきて、積んだ石を壊していく。もう、幾度、幾月、幾年、くりかえしているのだろうか……。ただ、ひたすら石を積む女の、不条理劇。
その他注意事項
スタッフ 照明 根来直義(Top.gear)
美術 ステファニー(劇光族)

[情報提供] 2013/06/21 23:03 by his

[最終更新] 2013/11/15 23:50 by his

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大