演劇

紛争地域から生まれ演劇シリーズ3「動乱と演劇」

ドラマリーディング

罠

デザイン:中澤佑介

0 お気に入りチラシにする

演劇

紛争地域から生まれ演劇シリーズ3「動乱と演劇」

ドラマリーディング

公益社団法人 国際演劇協会 日本センター

イワト劇場(東京都)

2011/12/02 (金) ~ 2011/12/04 (日) 公演終了

上演時間:

カメルーンの作家・詩人・俳優のクワン・タワは1974年生まれ、
2001年には能と三島由紀夫の研究のため来日、
フランスとカメルーンを往復しながら演劇活動を続けている。

アフリカの架空の国の都市エボリは
かつて美しい都であったが、
全体主義への民主化革命のとん挫により、
略奪・...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/12/02 (金) ~ 2011/12/04 (日)
劇場 イワト劇場
出演 斉藤直樹、高橋卓爾、保科由里子
脚本 クワン・タワ(カメルーン)
演出 小川絵梨子
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】2011/11/01
ITI会員は1000円
サイト

http://www.green.dti.ne.jp/~iti/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 カメルーンの作家・詩人・俳優のクワン・タワは1974年生まれ、
2001年には能と三島由紀夫の研究のため来日、
フランスとカメルーンを往復しながら演劇活動を続けている。

アフリカの架空の国の都市エボリは
かつて美しい都であったが、
全体主義への民主化革命のとん挫により、
略奪・貧困・犯罪・麻薬の魔都と化す。
元教師は反乱罪で投獄されいまは
物乞いをしているが、
そこで同じように故郷を追われた元医師や
元歌手と出会う。
国の貧しい現状や自身の厳しい境遇にも関わらず、
彼らは決して夢を捨てない。


「テアトロ」1月号(12月10日発売)に戯曲掲載予定
カメルーンから本上演のため、作家のクワン・タワ氏が来日、12月2日の上演後のアフタートークで語ります。
また、12月4日の上演後、シンポジウム「アフリカ演劇の現在」に参加。アフリカ演劇の現況を報告、演劇批評の鴻英良氏、翻訳の佐藤康氏と対話予定。



紛争地域から生まれた演劇シリーズ3「動乱と演劇」
体制が引き起こした過酷な現実と
個人の軋轢を描く
日本初訳・初演戯曲のリーディング企画。
その他注意事項 ●12月2日(金)終演後、ポストパフォーマンストークあり。クワン・タワ(本企画のため来日)、小川絵梨子、司会:七字英輔
●12月4日「アフリカ演劇の現在」クワン・タワ(本企画のため来日)、鴻英良、司会:七字英輔(12月3日15時、シンポジウムのみ500円)

スタッフ 翻訳:佐藤康
協力:黒テント
制作協力:国際舞台芸術交流センター(PARC)
技術協力:レイヨンヴェール
プロデュース:林英樹
制作:樫村千佳
制作統括:曽田修司

[情報提供] 2011/10/30 14:29 by hide

[最終更新] 2011/11/27 03:25 by hide

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

hide

hide(0)

演出 制作

「紛争地域から生まれた演劇」の企画委員をさせていただい...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大