演劇

みきかせプロジェクト 旗揚げ公演

ご来場ありがとうございました!次回は2011年年始です!またお会いできるのを楽しみにしております

乱反射ドロップ (出演劇団) こゆび侍・本田ライダーズ・てがみ座・シンクロ少女

デザイン:今井恵美子

0 お気に入りチラシにする

演劇

みきかせプロジェクト 旗揚げ公演

乱反射ドロップ (出演劇団) こゆび侍・本田ライダーズ・てがみ座・シンクロ少女

ご来場ありがとうございました!次回は2011年年始です!またお会いできるのを楽しみにしております

みきかせworks

ワーサルシアター(東京都)

2010/04/01 (木) ~ 2010/04/04 (日) 公演終了

上演時間:

こゆび侍に、瀧川英次(七里ガ浜オールスターズ)出演決定!!

稽古場ブログUP!
http://blogs.yahoo.co.jp/mikikase_pro

先日、はじめての合同稽古が行われました
まだ誰も観ていない公演
スタッフの「観てきた!」コメントでホンの少しご紹介!
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/04/01 (木) ~ 2010/04/04 (日)
劇場 ワーサルシアター
出演 *こゆび侍、*本田ライダーズ、*てがみ座、*シンクロ少女
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2010/02/14
1ステ券 2000円(前売・当日共)
2ステ共通券 3000円(前売りのみ)
 イチゴ味・ハッカ味1ステづつご観覧頂けるお得なset券。
 
サイト

http://mikikase.sensyuuraku.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 こゆび侍に、瀧川英次(七里ガ浜オールスターズ)出演決定!!

稽古場ブログUP!
http://blogs.yahoo.co.jp/mikikase_pro

先日、はじめての合同稽古が行われました
まだ誰も観ていない公演
スタッフの「観てきた!」コメントでホンの少しご紹介!
各劇団のコメント付き。

*こゆび侍*
「甘くて苦い、黒くて色鮮やか」そんなこゆび侍の世界が、存分に味わえる作品です。
特に今回の作品は、まるで言葉に色や味があるように、耳から入ってきたセリフが、
頭の創造の世界をドンドン膨らませていくのです。
おかげで、芝居が終わった後は、フルコースを食べた満足感。
生赤ペン先生も必見!

【劇団lコメント】
あー、そう言って頂けてありがたいです。
今回の自分の本、すんごいすきなんですよねぇ……。
おはなしが料理みたいに、っていうこと、意識しています。
料理本のレシピを参考に、おいしそうな物語の材料を、
順序良く、的確に調理するって感じで、作ってます。
最後まで聞くと、ホント、すごい料理できあがってると思います。
(こゆび侍)


*本田ライダーズ
本田ライダーズの作品には、不思議な「幼さ」があります。
絶対に「経験したことのない」「見たこともない」世界なのに、
なぜか懐かしくて・楽しくて、観ているといつの間にか心奪われて、物語の中に取り込まれてしまう、そんな作品なのです。
コレは大人の童話?少女マンガ?、
いいえ、そんな小さな物収まりません。
そう、あれはまるで遊園地!、本田ライダーズという大人の遊園地!なのです。

【劇団lコメント】
どうも。本田ライダーズのハヤシです。
「大人の遊園地」。
ちと、やらしい響き・・・
え?やらしくない?
すいません。ボクが思春期でした。
メタボ予備軍かもしれないのに、心はあの頃のままでした。

「大人」な作品ではありませんが
「大人」に見せようとしてる作品でもありません
まるでジェットコースターのような時間を
では劇場で。 (本田ライダーズ)


*てがみ座
通常公演にて、同じ作品を観ていますが、まったく違う作品を観ているようでした!
私の観たバージョンは、夫婦二人共に、可愛くて可愛くて、二人の感情に、ドンドン引き込まれていくのです。
私の頭に浮かんだように、観た人の頭に、それぞれの部屋が浮かび、家具が浮かび、窓の景色が浮かび、星空が浮かび、
そして最後にキュッと心に何かが残して行く、そんな作品になっていました。

【劇団lコメント】
こうして再びこの作品に取り組むとは。
いろんな感情を抱いてしまいます。ふぃー。
この戯曲は大好きな、というか原点の作品なんですよね。
この作品の第一稿は、着想からエンドマークまで
たった4日間で書いたものなんです。
だから、書きたいことが繕うことなくストレートに詰まってる。
てがみ座は二人芝居を3組で上演なんですが
これがまた、組によってあまりに違う。すごい違いっぷり。
どの組観るかによって印象が全然違います。
けど、そのどれもが真実。まさに二人芝居の醍醐味ですね。
しかも、今回はリーディングだけど、
役者の生の部分をどれだけ引き出せるかに重点を置いた演出をしているので
まさに、戯曲VS演出VS俳優、のタイトルマッチみたいな稽古場です。
どう仕上がるのかは、本番をご期待あれ!


*シンクロ少女
「あ~もうシンクロ少女はこれ!!」という様な、
彼らの持ち味である掛け合いが、申し分なく楽しめる作品です。
生々しい程のリアルさと、グイグイと気持ちに入ってくる言葉の数々が、ラストまで一気に連れて行き、
最後は、日常で凝り固まった頭をブンっとふっ飛ばしてくれるような爽快感味わえます。はあ、コレはちょっと癖になりますね。

【劇団lコメント】
シンクロ少女名嘉友美です。
爽快感…ありがとうございます。
見終わったあと、八幡山を走り出したくなるよう
なものを目指して作りました。
リーディングでしかできない、
エロとバカと痛快をぜひぜひ体験しにきてください!


***作品詳細***

今、あの4劇団が、リーディングで共演!?

各劇団40分前後のリーディングを、オムニバス形式にて、
2劇団のsetで上演。
新しい演劇体験が始まります!

*出演劇団*

【イチゴ味】 こゆび侍・本田ライダーズ

【ハッカ味】 てがみ座・シンクロ少女


*こゆび侍
「網膜火傷」

・出演 : 廣瀨友美 佐藤みゆき 福島崇之 / 瀧川英次(七里ガ浜オールスターズ)

・作・演出 : 成島 秀和

・あらすじ:
とある国の、とある地面の下のおはなし。
蟻地獄に落ちた3匹のアリたちは、生き延びる条件として、アリジゴクに物語を捧げるよう命じられました。
アリたちは必死で物語を考えます。続きはまた明日、このあと一体どうなるのでしょう

――これはアリたちの千夜一夜物語である。

・コメント :
【こゆび侍】2006年旗揚げ。主宰・成島秀和の描く、奇妙で特異な設定の物語を繊細かつ濃厚に体現する集団。ストーリーテリングの確かさとセリフの美しさには定評がある。

「網膜火傷」は、3年前に上演された際に大変な賛否両論を呼んだ作品でした。今回のリーディング公演にあたり、完全改稿し、凄惨な物語の中で震えていた素敵な瞬間にもっと日の光をあててあげたいと思います。どうぞよろしくお願いします


*本田ライダーズ
「二匹のマシンガン」

・出演 : 生見司織 長野慎也 加藤智恵 松村綾乃 三ヶ島拓馬 今泉当持子 ほか

・作・演出 : 林 剛央

・あらすじ :
遠い遠い昔、女の子がいました。女の子の家は裕福でした。
どのくらい裕福かというと、家宝を狙って泥棒が入ってしまうくらい裕福でした。
そのくらい裕福なので、大怪盗から盗みの予告状が届いてしまいました。
さあ、大変!
ってトコロから始まるお話です。
が、アリバイ工作、謎解き、サスペンス性はありません。
決して「犯人を当ててやろう」だなんて肩に力を入れずにご来場ください。

・コメント :
どうも。本田ライダーズのハヤシです。
初めての方もお久しぶりの方も楽しめる作品にしようと思ってます。
どんな本田ライダーズになるのか自分でもワクワクしております。
 

*てがみ座
「カシオペア」

・出演 :
4月2日 19:00 大場泰正(文学座)×渋谷はるか(文学座)
4月3日 19:00 尾﨑宇内×福原まゆみ(俳優座) 
4月4日 15:00 扇田拓也(ヒンドゥー五千回)×大庭 藍(俳優座)

・作 : 長田 育恵
・演出 : 田中圭介

・あらすじ : 
「どうしてたの。毎日、夜の間。私が眠ってから朝が来るまで。
あなたの一日が終わる時まで――」
望遠鏡が置かれた部屋。天文学の若手研究者とその妻が5年間暮らしてきた。
離婚を決めた二人。妻は荷造りをしながら、家具を公平に分けようと言い出す。
最初の家具を取られた夫は、代わりに一つの提案をする。
二人が辿る心の軌跡、そして選ぶ未来の行方は。
別れていく『最後の2時間』を瑞々しく描き出した二人芝居。

・コメント :
新しい出会いの場にお誘いいただき嬉しいです。
リーディングも初挑戦!
てがみ座は「物語の力で心の軌跡を描き出す」というコンセプトのもと始動しました。
物語はヒトから生まれるのだと。ヒトを見つめることに興味があります。
生命がきらめくその一瞬を描き出せたら。その場所を目指して書き続けたいです。
今回は「最もてがみ座らしい」二人芝居を、1ステ限り3組のスペシャルキャストでお贈りします!どうぞお楽しみください。


*シンクロ少女
「極私的エロス」

・出演 : 桑原聖 宮崎雄真 他

・作・演出 : 名嘉 友美

・あらすじ :
男と女の極私的エロスなおはなし。

・コメント :
どうもはじめまして。シンクロ少女の名嘉友美です。
今回このような素敵なお誘いを受けまして、ただただ嬉しい限りです。
「シンクロ少女って何? 誰?」
と思ってる9割方のお客様に向けてがんばりたいと思います。
そんなにエロくはありません。ありません?
よろしくお願いします。
その他注意事項 平日1・2日は、終演後アフタートークあり
スタッフ 【音響】松木優佳
【照明】井坂浩
【制作】おさだ さちえ(みきかせプロジェクト)

[情報提供] 2010/02/10 01:43 by ずずも

[最終更新] 2010/06/30 00:33 by みきかせ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー9

宮崎

宮崎(0)

役者・俳優 その他(スタッフ)

宮崎です

環七くん

環七くん(0)

シンクロ少女の桑原環七です。

瀧川英次

瀧川英次(31)

今さらだけど出てました。おーつかれーさまー。ご来場の皆...

このページのQRコードです。

拡大