演劇

劇団 東京フェスティバル 第3回公演

3vs6 san tai roku

劇団 東京フェスティバル

千本桜ホール(東京都)

2009/06/26 (金) ~ 2009/06/28 (日) 公演終了

上演時間:

2009年にスタートした裁判員制度。
多くのドラマで描かれたのは一般市民である「裁判員」の側。
しかし、裁判員制度で悩んでいるのは
「裁判員」だけではない!

法律のプロ「裁判官」も同じコト。
一生懸命勉強して、やっと司法試験に合格したのに
突然、国から「法律の素人と一緒に裁判や...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/06/26 (金) ~ 2009/06/28 (日)
劇場 千本桜ホール
出演 加藤英雄、高槻純、織田あいか、秋本泰英、広田さくら、中西晶大
脚本 きたむらけんじ
演出 きたむらけんじ
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,500円
【発売日】
前売り/当日 共通3500円
サイト

http://senkyo-tokuban.cocolog-nifty.com/blog/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2009年にスタートした裁判員制度。
多くのドラマで描かれたのは一般市民である「裁判員」の側。
しかし、裁判員制度で悩んでいるのは
「裁判員」だけではない!

法律のプロ「裁判官」も同じコト。
一生懸命勉強して、やっと司法試験に合格したのに
突然、国から「法律の素人と一緒に裁判やってね〜」
って・・・そりゃないだろ〜!

裁判員制度では、
3人の裁判官(プロ)と、6人の裁判員(素人)
9人による話し合いで判決が下される。

物語は、ある殺人事件のニュースからはじまります。
恋愛感情のもつれから発生した殺人事件。
3人のプロはそろって「有罪」!
ところが6人の素人は「無罪」を主張!

司法修習生までもが「無罪」主張の片棒を担ぐ始末。
判決は明日!
はたして、プロの意見で判決を下すことはできるのか?
その他注意事項
スタッフ 【照明】ライトスタッフ
【音響】香田泉
【美術】渡辺佳子

[情報提供] 2010/02/04 13:50 by きたむらけんじ

[最終更新] 2010/02/05 09:19 by きたむらけんじ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

きたむらけんじ

きたむらけんじ(0)

脚本 演出

裁判員制度をテーマにした作品。 だけど裁判「員」は1...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大